この連載は…
ミキティこと藤本美貴さんと3人の子どもたち(たまにパパも?)との育児日記です。芸能界の仕事をしながら、家事と子育てに奮闘する毎日を思ったままに書き綴っていただきます! 今回はおたんじょう日会についてです。


我が家は、1月1日の夫の誕生日から1年が始まり、その後に次女が誕生日を迎えます。そう、先月末に我が家の次女がついに1歳になりました〜!

子どもたちのお誕生日は、基本的に自宅で家族水入らず。子どもたちが喜ぶハンバーグや唐揚げをつくって、ケーキを用意して、みんなでお祝いします。そうそう、長男の誕生日は、彼が大将になっておうち回転ずしがオープンするの。いつまでしてくれるかな…。ケーキはお店で買うことが多いのだけど、先日の次女のお誕生日の時はまだお店のものが食べられないから、「1才からのレンジでケーキセット」というのを見つけて、それで作りました。キットの中に入っている材料と牛乳を混ぜてレンジでチンするだけで簡単にスポンジケーキができ上がり。ホイップクリームの素もキットの中に入っているから、もういたれりつくせり。デコレーションは自分たちでするから、「ケーキを手づくりしたぞ」っていう達成感もあるからオススメ! ちなみに、長男と長女の一歳のお誕生日の時もこれでケーキを作ったの。そんな二人、もう大きくなっているから、赤ちゃん用のケーキでは満足できないから、今回はもう一つケーキを用意して…。って主役はあくまで、次女なんだけどね。

さて、1歳のお誕生日というと、一生餅を背負ったり、えらびとりをしたり、ちょっとしたイベントをする方も多いのではないでしょうか。みなさまのご家庭はいかがですか? 我が家は3人とも、どちらともしました! 育児って、あれこれ色々と忘れてしまうことが多いのだけど、このイベントは長男、長女ともによく覚えています。

まず、長男。えらびとりでとったのは、ノート。彼は1歳のお誕生日がちょうどしゃべり始めた時期と重なっていて、初めてしゃべった言葉はなんと「いぬ」。犬が好きだったのかな? そのノートにも犬のイラストが描いてあって、「いぬ、いぬ〜」って一目散に取りに行ったの。そして、その次に取ったのは鉛筆。まさかのネタ帳と鉛筆? いやいや、それは多分ないはず…。一生餅は「ふぇ〜ん」って泣いちゃってたなぁ。

そして、長女。えらびとりは、なんと一万円札。迷うことなく突進していって、「これは、わたしのもの〜!」みたいな感じで、掴みとっていたの(笑)。そして、そのあとに取ったのはなぜかワカメ。一生餅は、泣くどころか「背負いあげてみせるぞ!」って感じで、負けん気の強さがすっごく出てた。一生餅は、2人とも今の性格にそのまま結びついているところがあって、思い出してみるとおもしろいな〜って思う。

そして、次女、YouTubeでもお伝えしたけど、えらびとりはノート。これはなに? どれにしようかなって迷っているところがかわいかった〜。一生餅は頑張ってハイハイしていたけど、立つにはやっぱり背中が重かったみたいで、長男と同じくグスンってなってた。えらびとりも一生餅も長男と傾向が似てるから、もしかして2人は似たもの同士かも? プレゼントは木琴がついたハイブリッドなおもちゃ。たくさん遊んでくれるといいな〜。

そうそう、プレゼントといえば、長男が長女や次女の誕生日に、自分でプレゼントを用意したいと感じるようになったのが嬉しくって。長女が誕生日の時に、彼は自分のお小遣いでかわいいメモ帳を買ってプレゼントしてたの。次女にもなにかプレゼントしたいといっていたのだけど、なかなかお出かけが難しくてかなわず。でも、その気持ちの成長がすっごくうれしい!

次女の誕生日の次は私の誕生日、長男は3月、長女は8月…そう、我が家の誕生日は1〜3月に固まっているんです。年末のクリスマスプレゼント、お年玉を使うおもちゃ屋さん、そして各々誕生日…年度末はおもちゃが一気に増え、お片づけ熱がアップしがちです。

取材/小田原みみ