子供がゲームをする様子を見て、目を細めたり画面に近づき過ぎたりしていると「目が悪い?」と感じることもあるのではないでしょうか?

特に長い時間ゲームをする子は、目を酷使しています。そこで今回は、ゲームは視力低下の原因になるのかについて解説します。

子供の視力低下はゲームが原因?

そもそも子供における視力低下の原因は、ゲームなのでしょうか?まずは、子供の目が悪くなる原因を見ていきましょう。

テレビやゲームなどの生活環境

子供の目が悪くなる原因は、生活環境です。例えばゲームやテレビ、パソコンを長時間見ていると目のピント機能を調節する筋肉が硬直し、近視に繋がることが挙げられます。

遺伝も大きく影響している

視力が悪いのは、遺伝も大きく影響していることが分かっています。特に近視の場合は遺伝の影響が大きく、高学年になるほど症状も顕著に現れるのが特徴です。ママやパパが視力が悪いと、子供も視力が悪くなる可能性があります。

子供の視力低下を改善する方法

視力低下が見られても意識して行動を変えれば、ある程度は改善できることがあります。子供に視力低下が見られる場合は、ぜひ実践してみましょう。

近くの画面を凝視する時間を減らす

スマホやテレビをよく見る子供には、画面を近くで凝視する時間を減らすのがおすすめです。特にゲームやスマホは熱中すると、どんどん画面に顔を近づけてしまうことも多くなります。

子供の様子をみて「少し画面と近いな」と感じたら、一声かけて画面から顔を離し、画面を凝視する時間を減らすように注意しましょう。

遠くを見つめる習慣をつける

画面を近くで見すぎていると、目のピント機能が固定されて遠くのものが見えづらくなります。そのため、定期的に遠くのものを見つめる習慣をつけるのがおすすめです。

遠くを見ることで目が休まり息抜きできるため、数時間おきに見るのが望ましいでしょう。

目を冷やしたり温めたりする

子供の目が疲れているなら、タオルで温めることができるでしょう。

温めたタオルを使う場合は、首の後ろ部分も一緒に温めるとより一層効果が発揮されることがあります。目の緊張をほぐし疲れを取ってくれるので酷使している場合には試してみましょう。

また、充血があるときは冷やすほうが良いこともあります。冷やすのか温めるのか分かりにくいときは、医師に相談してみましょう。

意識的なまばたきを心がける

何かに集中していると、まばたきをしないで時間を過ごすことがあります。まばたきの数が少なくなると、目の表面の水分も失われるためドライアイになってしまいます。

症状が悪化すると視力低下の原因になってしまうので、意識的にまばたきをするようにしましょう。

視力改善に向けて出来ることから始めよう!

従来に比べて、スマホやゲームなど子供も目を酷使する機会が増えています。熱中すると長時間近くの画面を見続けていることも少なくありません。

そんな生活を続けると、視力低下に繋がってしまいます。子供の視力低下が気になるなら、ここで紹介した改善方法を取り入れてみましょう!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得