将来のために医学の道に進ませたいと考えていても、気になるのは医学部に進むための学費です。どのくらいの学費がかかるのかをしっかりと、把握できないと親も不安になってしまうでしょう。

今回は子供が医学部に進学した場合にかかる学費について紹介していきたいと思います。

医学部の学費は国立と私立で大きく異なる!

医学部の学費といっても、国立と私立でも学費に大きく差があります。医学部に入学するまでの子供の教育費も当然発生しますので、そうした部分に発生する費用もしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

国立大学の場合

国立大学の場合は入学金が県住民なら28万程度、県外者なら30万〜80万円と差が大きいです。授業料は約53万円、施設設備などで30万円前後の学費が年間で発生。6年間の概算となると人によっては600万近くの金額が必要になります。

私立大学の場合

私立大学はさらに金額がかかり、入学金だけでも107万円、授業料で286万、施設設備などで88万の金額が年間で発生します。医学部に6年間必要な学費は約2500万円です。

医学部進学までの教育費もかかる

学費だけではありません。子供を医学部に進学させるために塾や予備校に通わせれば、当然その分の金額も上乗せされます。さらに受験用の参考書や文具、模擬試験の代金なども発生するので注意しましょう。

やり方次第で一般家庭でも医学部に行ける?

医学部進学に必要な費用を見ると、一般家庭では難しいのではないかと考えてしまうかもしれません。しかし、富裕層でなくても医学部に行ける可能性は十分にあります。

塾や予備校代が免除になるケースも

地方の公立高校などでは、成績優秀な生徒への補習を積極的に行う学校も存在します。こうした学校を活用するほか、塾や予備校、大学によっては優秀な生徒のための学費の免除制度などもあるため、給付型の奨学金が使えるのであればうまく活用しましょう。

大学によっては学費が0円のケースも

自治医科大学や防衛医大に関しては一定の条件を満たすことで入学金、授業料といった学費を免除できる医学部も存在します。子供が医者になりたいという確かな目標をもって、しっかりと学業に励むことで学費の心配も減るでしょう。

早めの教育費準備で医学部受験に備えよう!

医学部に進学するには、当然子どもへの学費は多くかかってしまいます。事前に、しっかり親が貯めるという準備ももちろん大事です。

しかし、幼少期の早めの習い事などで子どもが学習する為に必要な能力を少しでも上げておき、学費の免除制度が受けられるような学力を身に着けておくべきです。金銭面、教育面、どちらも早めの内からしっかり準備しておきましょう。