「パパ!」「ママ!」小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、子供に「パパママ呼び」をさせている方も多いと思いますが、一体いつまでさせて良いものなのでしょうか。今回は「パパママ呼び」についての考え方と、変える方法についてご紹介します。

「パパママ呼び」はいつまで続けてもいい

子供がいくつになっても、親を「パパ・ママ」と呼ぶこと自体に問題はありません。もし親子で「パパママ呼びがいいね」と思っているのなら、無理に変える必要はないのです。

子供が「パパ・ママ」と呼びたくて、親もそう呼ばれたいと思っている。それでも「パパママ呼び」はいつまで? と悩んでしまうのは、以下のようなことが原因ではないでしょうか。

「パパママ呼び」に対する世間のイメージ

あんなに大きいのに、パパ・ママと呼ぶなんて……実際に直接「おかしい」と言われなくても、社会一般的に子供が中高生、大人になっても「パパママ呼び」をすることに心配してしまう親御さんも多いようです。まだ幼いお子さんをお持ちで、いつ「パパママ呼び」をやめさせようと悩んでいらっしゃる親御さんも、子供がおかしいと思われないか、恥ずかしい思いをしないだろうかという心配があるようです。

「パパママ呼び」は年齢につれて変わっていく

多くの子供の場合、成長と共に親の呼び方が「パパ・ママ」から「お父さん・お母さん」など、その場に相応しい呼び方へと変化していきます。職場、学校、友人間など使い分けができるようになるのです。だから、子供の自然なペースで良いと思っているのであれば「パパママ呼び」を「この時から」と変えさせる必要はありません。

「パパママ呼び」の使い分けを教える

子供が「パパ・ママ」と呼ぶのは、ただ呼びかけるだけでなく愛着の役割もあります。初めから「お父さん・お母さん」と呼ぶ子供にとっては「お父さん・お母さん」が愛着であり「パパ・ママ」と呼ぶ子供には「パパ・ママ」が愛着です。幼いうちは恥かしい思いをする、からかわれるなど抽象的な世間の目というものが分かりづらい場合が多いため、それを理由に親の呼び名を変えようとすると、子供は突然愛着対象を奪われたように感じてしまいます。

だから、幼いうちに社会一般的な親の呼び名を気にする場合は、子供に「パパママ呼び」の使い分けを教えましょう。「家ではパパ・ママと呼んでいいけれど、小学校ではお父さん・お母さんと言おうね」「大人になったら他の人と話すときは父(ちち)母(はは)と言うから、今のうちから練習しておこうね」など、事前に呼び名を変えて使い分けることを教えておけば、パパママ呼びをしてもいいという安心感を保ちつつ「パパママ呼び」は場によって相応しくないことがあると学ぶことができます。

子供が勝手に「パパママ呼び」をやめる

多くのお子さんは、10歳を過ぎると親以外の友人や先生など家族以外の他者の影響を受けて自然と「パパ・ママ」と呼ばなくなることもあります。これは子供の自立、そして成長です。もし子供が勝手に「パパママ呼び」をやめて自分で決めた呼び名で親を呼ぶようになったら、その自己決定力と遂行力を褒め、受け入れてあげましょう。

その親の呼び方がずっと続くとは限りません。友達やテレビの影響で例えば「おとん・おかん」と「言ってみた」だけで、しっくりこないと感じればまた「パパママ呼び」に戻ったり、別の呼び方に変わっていくものです。愛着対象であるパパ・ママを呼び名でなく感じられるようになっている証拠として「パパママ呼び」をやめても前向きに捉えましょう。

親自身が自分のことを「お父さん・お母さん」と呼ぶ

幼い頃に「パパ・ママ」と呼ばせている親御さんは、子供に対し自分のことを「パパがね」「ママはね」と話していると思います。もし、今後はもう「パパママ呼び」はやめてずっと「お父さんお母さん呼び」にしようと考えているのなら、まず親御さん自身が自分のことを「お父さん・お母さん」と言うことで子供の「パパママ呼び」を変えていきましょう。子供は真似をすることで学んでいきます。先生が「先生が黒板に書いたら〜」と話すように「お父さんが」「お母さんは」と言うことから始めてみましょう。

「お父さん・お母さん」と呼ぶと親が喜ぶ

生まれてずっと愛着を持ってきた呼び名を急に変えるのは、お子さんによっては難しい場合もあります。子供がどうしても「パパママ呼び」を続けるのであれば「お父さん・お母さんって呼ばれたら嬉しいな〜」とお父さんお母さんという呼び名によってパパ・ママが喜んでくれると言うポジティブなイメージ付けを行ってみましょう。

そして、子供が「お父さん・お母さん」と呼んだら、パパ・ママと呼ばれた時よりとびきりの笑顔で返事をするなど、大袈裟に喜びを表現しましょう。パパ・ママと呼ぶと普通だけど、お父さん・お母さんと呼ぶととても嬉しそうだと子供に実感させることで、子供は自然と「お父さんお母さん呼び」に変えていくはずです。

「パパママ呼び」をやめても感じられる安心感を作ろう

親自身もそうだったと思いますが、子供は成長に合わせ、外の世界での親の呼び方を変えていきます。子供が「パパママ呼び」をするのは、もしかしたら子供のうちだけかもしれません。子供が可愛く呼んでくれるパパ・ママというその呼び名を大切にしつつ、呼び方を変えても安心できる親子関係を作っていきましょう。