産後に起こりがちなのが生理不順。生理がせっかく来たのに周期が乱れるので、安定しない生理周期に不安に感じる人も多いでしょう。そこで今回は、産後に生理不順が起こる理由や生理が再開する目安時期を紹介します。

産後いつから生理が再開?兆候は?

そもそも産後の生理は、いつから再開するのでしょうか。生理が始まる兆候も紹介するので、サインを見逃さないようにしましょう。

生理再開まで平均で7ヵ月ほど

産後の生理は、7ヵ月ほどで再開する女性が多いようです。出産後の生理に時間がかる理由として、母乳分泌を促進する女性ホルモンが排卵を抑制することを挙げられます。

母乳育児が長く続く場合は、生理を抑制する女性ホルモンも継続的に分泌されるため、生理再開が遅れる傾向が高いです。母乳育児の期間が長い人は、1年を超えるケースも少なくありません。

腹痛や頭痛など通常の症状が起こる

産後に生理が再開されるとき、産後前と同じように胸の張りや腰痛、腹痛などが起こります。このような症状が体に現れたら、生理が来るサインです。ナプキンの準備を行いましょう。

産後に生理不順になるのはなぜ?

産後に生理が来ないのは、排卵を抑制する女性ホルモンが大きく影響しています。ただ生理が来ても周期に乱れが生じることも。ここでは、産後に生理不順になる理由を紹介します。

生理周期が早いなら「無排卵月経」

生理に周期の乱れがあるなら、無排卵月経の可能性が高いです。無排卵月経は、生理があるものの排卵が行われていない状態を指します。

特に産後は、重複して妊娠しないように排卵を抑制されてしまうのです。この期間は無排卵月経を引き起こし、生理不順の原因になります。

ストレスなら「ホルモンの乱れ」

生理不順の原因には、ストレスが大きく関係している可能性が高いです。産後は体は正常に戻る前に育児が突入します。特に初めて赤ちゃんが生まれた人は慣れない育児にストレスを感じがち。

また睡眠不足の日が続くので、精神面に支障をきたすこともあります。ストレスを感じると脳が危険を察知して生理を促すホルモンを抑制するのです。

生理不順ではなく妊娠の可能性も!

無排卵月経やストレスによる女性ホルモンの乱れなど、生理不順にはさまざまな原因が考えられます。しかし、中には産後すぐに排卵が始まる人もいるため妊娠しているケースも。

産後すぐに妊娠を望まないなら、避妊は必須です。体にだるさや吐き気など妊娠特有の症状を感じるなら、妊娠検査薬を試してみましょう。

産後の生理不順で受診が必要な場合

産後に生理不順に陥ることは、決して珍しいことではありません。ただ症状によっては、子宮のポリープや子宮筋腫、甲状腺機能低下症などの病気が隠れていることも。生理不順が長く続く場合は、早めに受診するのが望ましいでしょう。

産後に生理不順を経験する人は多い

産後に生理が再開したものの、生理不順に悩まされる人も少なくありません。一方で、時間が経つと自然に改善されることがほとんどです。

ただ、産後1年以上経過しているのに生理周期が不規則の場合は、早めに受診するのが望ましいでしょう!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得