妊娠中は普段よりも体調に変化が起こりやすく、便秘に悩んでいる妊婦も多いです。便秘の症状で体調を崩すだけではなく、便秘が長引けば胎児に何らかの影響があるのではと、心配に感じる人もいるかもしれません。

安心して妊婦生活をおくれるように、妊婦の便秘による胎児への影響や便秘になりやすい理由、対策などを解説します。

妊婦の便秘による胎児への影響は 

妊娠中に便秘になっても、胎児に影響はありません。妊娠中は便秘になりやすく、胎児が圧迫されて苦しんでいるのではないかと誤解している妊婦も多いです。

しかし、胎児は子宮内の羊水によって浮いている状態で守られており、便秘による圧迫も心配はいりません。便秘による胎児への影響はないことをまずは認識しておいてください。

妊婦が便秘になりやすい3つの理由

便秘になるとお腹の圧迫感や吐き気、食欲減衰など、さまざまな影響があります。妊娠中は特に便秘になる可能性が高く、不安や疑問に思う方も多いでしょう。

安心した妊娠生活をおくるために妊娠中の便秘になりやすい理由を3つ紹介します。

1.つわりによる水分の不足

まず1つ目につわりによる水分不足が影響しています。水分不足によって便が硬くなると便秘になりやすいのです。

また偏った食事や食事量の減少によっては便の量が減った影響から、自然と便秘癖がついてしまうケースもあります。

2.黄体ホルモンの増加

妊娠中は黄体ホルモンが増加したことで便秘になるケースもあります。黄体ホルモンは胎盤を形成する重要なものですが、消化管の収縮を抑制する効果もあり、腸の動きが鈍くなりやすいのです。

子宮近辺の筋肉を緩める力もあり、その影響で排便に必要なぜん動運動を低下すると便秘を伴う場合もあるため注意しましょう。

3.運動不足により大腸の動きが低下

妊娠中は運動不足になりやすい点も便秘の原因になります。運動不足は大腸の動きを低下させ、結果として、排便しづらくなってしまうのです。

妊婦の便秘を防止する2つの対策

妊婦の便秘を防止するには、「軽めの運動で腸の運動を促す」「食物繊維の積極的な摂取をする」といった対策があります。正しい対策を理解することは、安心した妊娠生活をおくることにもつながるでしょう。妊婦の便秘を防止する2つの対策について解説します。

1.軽めの運動で腸の運動を促す

無理のない範囲での軽めの運動は、便秘の解消に効果があります。体に負荷が大きい運動は妊娠中は避けることができますが、軽めのウォーキングなどは腸のぜん動運動を促進させる効果も期待できます。

2.食物繊維の積極的な摂取

妊娠中は、積極的に食物繊維を摂取しましょう。食物繊維は腸の動きを活性化させる効果があり、腸のぜん動運動を促進させます。

果物やきのこ類など食物繊維が豊富でおすすめですが、摂取のしすぎには注意してください。また水分も腸の働きがよくするので、あわせて摂取することをおすすめします。

便秘の悩みは早めに医師に相談しよう

妊娠中はさまざまな体調変化が起こりやすく、便秘もその1つです。もし軽めの運動や食生活を変えても便秘が治らない時は医師に相談しましょう。

妊娠中には服用できない薬も多くあり、自己判断で市販薬などを摂取するのは危険です。漢方を含め、服用する薬に関しては必ず医師に相談し、適切な対応方法を教えてもらうことをおすすめします。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得