晩婚化や女性の社会進出などを背景に、働きながら不妊治療をする人が増加傾向にあります。しかし、仕事と不妊治療の両立はとても大変で、どちらかを諦めてしまおうかと頭を悩ませる人も少なくありません。

この記事では、ストレスを溜め込まずに不妊治療と仕事を両立させる方法をお伝えしていきます。

不妊治療と仕事の両立が難しい

不妊治療と仕事の両立が難しいのはなぜでしょうか。ここでは、多くの方が悩む原因について見ていきましょう。

ストレスの原因は?

仕事によるストレスを感じ、そのストレスが不妊治療にも影響してしまうことや、職場に相談しても職場やまわりのサポートが得られないことにストレスを抱えている方も多いです。不妊治療と仕事を両立していくには、職場のサポート体制の有無で精神面も体力面も随分変わってきますね。

仕事、不妊治療のどちらかをやめてしまう人も

不妊治療は、治療のステップにより通院回数や治療費も増えていきます。一般不妊治療を受けられる施設は多くありますが、高度不妊治療となると病院も都市部に集中しているため、通院だけで時間も費用も随分かかってしまいます。

病院が遠ければ、通院のたびに仕事を休まなければならないため、負担に感じてしまうことが多いようです。

不妊治療について職場に相談すべき?

不妊治療をしていることを職場に相談するべき?と悩む方も多いと思います。実際に不妊治療をしている方は相談しているのかを調べてみました。

職場への相談をしない人が多数

ある調べでは、半数以上の方が職場へ相談していないということがわかっています。「不妊治療をしていることを周りに知られたくない」という理由が最も多く、その次に多かったのが「周囲に気遣いをしてほしくない」という理由でした。

不妊治療連絡カードを活用しよう

厚生労働省が推奨している「不妊治療連絡カード」というものがあり、これから不妊治療をはじめようと思っている方や、既に不妊治療をおこなっている方が、企業へ提出するものです。必要に応じて、担当医などに記入してもらい、企業側への配慮をお願いすることもできます。

不妊治療と仕事を両立させるには?

無理なく不妊治療と仕事を両立するためにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、両立するためのポイントをお伝えします。

どちらも100%を求めない

治療のために仕事を休んでしまったり、周りに負担をかけてしまったりすると、申し訳ない気持ちから、休みの日に無理をして仕事をしてしまうという方もいるかもしれません。そうすることで、気持ちが休まる時間が無くなってしまい、不妊治療と仕事のプレッシャーにどんどん追い込まれてしまいます。

そうならないために、どちらも100%を求めないことがポイントです。無理をせず、周りに協力してもらえる部分は思い切って協力をしてもらうようにしましょう。

休業するという選択肢も

不妊治療と仕事の両立に苦痛を感じ、休業をしている方もいます。心の余裕が無くなり強いストレスを感じてしまう前に、休業や休職するという選択肢もあるということを頭の片隅に置いておくことも必要かもしれませんね。

一人で抱え込まず、パートナーやサポートセンターに相談を

治療の結果が出なかったり、周りからの協力をなかなか得られなかったりする場合には、一人で抱え込まずに相談することも大切です。パートナーはもちろんですが、公的な専門のサポートセンターもあります。労働環境に関する相談も受け付けてくれところもありますので、安心して相談してみてくださいね。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得