年長さんにあたる5歳児の平均身長はどれくらいかご存知でしょうか?個人差がある身長ですが、注意しておきたい「低身長」というものがあります。この記事では、5歳児の平均身長や、低身長についてお伝えしていきます。

5歳児の身長はどれくらい?男女別平均身長

まずは、5歳児の平均身長を見ていきましょう。男女ともに令和元年度のデータを基にしています。

5歳児、男の子の平均身長

男の子の平均身長は、110.3cmです。5歳〜6歳の間に平均6.1cmほど身長が伸びるという結果がでています。

5歳児、女の子の平均身長

女の子の平均身長は、109.4cmで男の子との差はほとんどありません。女の子の5歳〜6歳の間の伸びは平均6.3cmと男の子よりも伸び率が高い結果となりました。

成長曲線を描いてる?

母子手帳の成長曲線を描き続けているママも多いと思いますが、この成長曲線は子どもの健康管理にとっても重要な役割を果たすものです。ここでは、どんなときに役立つのかをお伝えしていきます。

子どもの成長が一目でわかる

成長曲線は描き続けることで、生まれた時からの身長や体重の増加が一目でわかります。成長の記録としても残しておけるので、描くのを途中で止めてしまっている方は、わかるところからでも描いておきましょう。

身長の伸びが悪いときは要チェック

母子手帳の成長曲線には、平均の範囲が描かれています。平均から大きく外れていたり、生れたときから小さく2、3歳になっても平均身長に追いつかなかったりと、身長の伸びが悪いように感じたりすることがあれば、注意が必要な場合もあります。

低身長は病気のサイン?

低身長の原因にはさまざまなものがあります。体質性低身長や家族性低身長などの、病気とは考えにくいものだけでなく、骨や軟骨の異常や主要臓器の異常が原因として考えられるものもあります。

「身長が低いのは遺伝だから…」と見過ごさず、しっかりチェックしておくことが大切です。

−2SDに当てはまる場合は要注意

低身長は、現在の身長と1年間の身長の伸び率を見て判断されるものですが、一つのめやすとしてSDスコア(標準値差)というものがあります。何歳何ヶ月という単位でSDスコアが定められており、子どもの身長がどれだけ平均値から離れているかを知ることができます。

SDスコアのなかでも注意すべきなのは「−2SD」で、平均から離れている数値を示しています。5歳0ヵ月児男の子の平均身長は106.7cmです。−2SDに当てはまる身長は98.1cmとなり、これより低い場合は低身長の疑いがあると言われています。

子どもの成長を知ることが、病気の早期発見につながる

身長が伸びているから大丈夫だろう…と子どもの成長を見過ごしてはいませんか?早期発見ができれば、対処ができる病気もあります。子どもの身長の伸びで気になることがあれば、早めに医師へ相談するようにしましょう。