子供の成長過程にはさまざまな時期があり、4歳となった男の子に現れる特徴に対して苦労している親も多いでしょう。しかし4歳児の男の子における反抗期の特徴を理解していると子育ての不安が軽くなり、心に余裕を持って子供と向き合うこともできます。

そこで当記事では4歳の壁の概要や反抗期の特徴、対処法についてみていきましょう。

4歳の壁とは?

4歳になると「感情のコントロールがうまくいかない」「場面にそぐわない言葉を使う」などの特徴が現れます。この頃は言語と知能が急激に発達する時期であり、話せる言葉も増え日常生活の会話は大方できるようになるでしょう。

子供自身も自分の成長に不安を感じ、うまく感情を表現できないことで4歳の壁と言われる行動につながるのです。

4歳児の男の子に見られる反抗期の特徴は3つ

言語や知能が発達し、自分でできることが増えてくるのが4歳児です。以前と比べて会話がしやすくなった一方で、親が困ってしまうような行動を取るようにもなります。

4歳児の男の子の行動を理解しておくことで、子育ての不安は軽減されるでしょう。ここでは4歳児の男の子の反抗期の特徴を3つ紹介します。

1.親に対して反抗的な態度を取る

親の言うことに対して反抗的になります。4歳になると親の言っていることも理解できるようになり、自分の意思で行動したいという思いが強くなるため反抗的な態度になるのです。

2.乱暴な言葉を使うようになる

驚くような乱暴な言葉を使うようになる場合があります。特に「ばか」「うんち」などの言葉を使うケースが多く、それ以外にも乱暴な言葉を使うかもしれません。

大人の言葉を聞いて覚える場合が多く、有り余る体力を発散させるという意味で乱暴な言葉を使うこともあるのです。

3.話を聞かないフリをする

あえて聞こえないフリをしたり、注意したことを繰り返し行ったりといった点も特徴です。親の言葉を素直に受け入れたくないという感情から、話を聞かないフリをしているのです。

4歳児の男の子に効果的な2つの対処法

4歳児の男の子における反抗期特有の言動に悩んでいる親も多いでしょう。4歳児の男の子の対処法を知っていることで、心に余裕を持って子供に向き合えます。ここでは4歳児の男の子に効果的な2つの対処法を紹介します。

1.反抗期のエネルギーを別のところに発散させる

「スポーツを習わせる」「積極的に外で遊ぶ」など、別の場所にエネルギーを向けてあげましょう。反抗期のエネルギーが運動や遊びに向けば、物を壊すなどの行動を抑えられる可能性があります。

2.子供自身に選択させる

4歳児の男の子には選択させる機会を作りましょう。たとえば子供が「ご飯を食べたくない」と言った際、ただ注意するのではなく「じゃあ先にお風呂に入る?」「もう少し後で食べる?」などの複数の選択を与えることが大切です。親が受け止めてくれたと実感でき、子供の自尊感情を守ることができます。

4歳児の男の子が反抗するのは成長の証

ここまで4歳の壁の概要や4歳児の男の子に見られる反抗期の特徴、対処法について紹介しました。反抗期は子育てが大変かもしれませんが、それは成長の証ともいえます。

ただ怒るだけではなく、時には見守ることが子供の成長になり、反抗期の終了にもつながるでしょう。