5歳児は、身の回りのことがほとんど自分でできるようになり、手がかからなくなったなと感じることも増えてきます。しかし、言い出したら聞かなかったり、大人に対して反抗的な態度を取ったりすることもあるのではないでしょうか。

実は、この言うことを聞かないのには理由がありました。この記事では、5歳児ごろから見られる、中間反抗期についてお伝えしています。

中間反抗期とは?

まずは、中間反抗期とは何かをご説明します。

5歳頃から小学生低学年頃に見られる

自分でできることが増える5歳頃から見られることが多く、「自分で考えて行動をしたい」という気持ちが強いことから、大人からの指示に反抗的な態度をとってしまうことがあるようです。

  • 口ごたえをする
  • 素直に言うことを聞かない
  • 癇癪を起こす
  • 反抗的な態度をとる
  • 無視をする

など、大人の頭を悩ませる行動をとることが多くなるようです。しかし、これらの行動も、子どもの心が成長している証拠ともいえます。

中間反抗期にはどう対応すべき?

困った中間反抗期には、どう対応すべきなのでしょうか?

同じ目線で話を聞いてあげる

「ダメって言っているでしょ!」と頭ごなしに怒るのではなく、まずは子どもと同じ目線で話を聞いてあげることも大切です。「どうして嫌なの?」「どんなことをしたいのかな?」などと、まずは子どもの意見を聞いてみましょう。

そうすると子どもは、「ママは自分の話をきちんと聞いてくれているんだ」とわかり、少しずつ話をしてくれることもあります。

ときには甘やかすことも大切

反抗的な態度の裏には、甘えたい気持ちもあります。きょうだいがいる場合は、5歳児の子どもとふたりっきりの時間を作って、思いっきり甘やかしてあげる時間を作ってみるのも効果的です。

理解してもイラっとするときはどうする?

心の成長段階だ…と理解していても、パパもママも人間なのでイラっとしてしまうことはもちろんありますよね。そんな時に試して欲しい方法をご紹介します。

深呼吸して6秒数える

人がイライラを感じるときは脳内でアドレナリンが分泌されており、興奮状態にあります。しかし、イライラはピーク時から6秒経てば少しずつ収まっていくことがわかっています。

イライラを感じたら、深呼吸をしながら頭のなかでゆっくり6秒カウントしてみましょう。そうすることで冷静さを取り戻し、対処できるようになるはずです。

自分だけで考え込まない

子どものことなので、親としてどうしても考えすぎてしまうこともありますよね。そんなときは、パートナーや周りの人に相談をしてみませんか?

一人で考え込むと気が滅入ってしまうことも。人に話すだけで気持ちがスッキリすることもあります。

成長を感じる中間反抗期、子どもと一緒に成長しよう

パパもママも子どもと同じ人間です。反抗期だとわかっていても、イライラが抑えられない日ももちろんあります。怒ってしまった自分を責める必要はありません。怒ってしまった以上に子どもへの愛情を伝えてあげましょう。

子どもへの愛情がしっかり伝わっていれば大丈夫。大人も子どもと一緒に成長していけるのではないでしょうか。