年長さんにあたる5歳児、小学生に向けて生活リズムの改善を考えるパパママも多いかもしれませんね。この記事では、5歳児の理想的な一日の流れや、生活リズムを整える方法などもお伝えしていきます。

5歳児の子どもを持つパパやママは、参考にしてくださいね。

5歳児、1日のタイムスケジュール

5歳児はどんな1日をすごしているのでしょうか。ここでは、理想的な一日のタイムスケジュールをご紹介します。

朝は7時までに起床

幼稚園や保育園に通っている子は、朝の準備などがあるため、7時頃までに起きるのが理想的です。そこから、朝ご飯を食べたり、着替えをしたりと身支度をすませ、保育園や幼稚園へと向かい日中の活動をします。

理想的な夕食の時間は17時ごろ

日中の活動が終わり、夕方17時頃の夕食が理想的とされています。食事をすることで、体温が上がり睡眠の妨げになってしまうことがあるためです。

遅くても、睡眠の2時間前までには夕食を済ませておくようにしましょう。またお風呂は寝る1〜2時間前に入ると、寝る前に体温がさがりやすくなり寝付きが良くなると言われています。

次の日のために早く寝るようにする

5歳児になると、お昼寝をしていない子も多いです。成長期に必要な睡眠時間を確保できるよう、早めの就寝を心がけましょう。

5歳児は何時間の睡眠が必要?

5歳児はどれくらいの睡眠時間が必要なのでしょうか?自分の子どもはしっかり睡眠が取れているのがチェックしてみてくださいね。

10〜13時間の睡眠時間を確保しよう

5歳児に必要な睡眠時間は、10〜13時間程度といわれています。保育園に通っている子はお昼寝があるかもしれませんが、まとめて夜に睡眠時間が確保できていれば、お昼寝は必要ないともいわれています。

朝7時頃に起きる場合は、21時までには眠れるように環境を整えてあげましょう。もちろん、子どもの体力面など個人差がありますので、子どもの様子をみながら睡眠時間の管理をしてあげてください。

睡眠は心の成長にも影響がある

子どもの成長に睡眠はとても重要です。睡眠不足が原因で、ひとつのことに集中できなかったり、最後までやり遂げられなかったりと心の成長に影響を与えることもあります。

また、幼児期の睡眠不足が、将来に影響を与えてしまうこともあり、気持ちの落ち込みや、慢性的なだるさだけでなく、肥満などの生活習慣病につながるともいわれています。

5歳児の生活リズムを整えるには?

夜寝るのが遅いなど、生活リズムに不安を抱えている場合は、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?生活リズムを整えるためのポイントをお伝えします。

大人の生活リズムを見直すことも大切

子どもの生活を改めることを考える方も多いかもしれませんが、大人の生活リズムを見直すことも大切です。子どもが寝た後に、大人がいつまでも夜更かしをしているという方もいるのではないでしょうか。

夜の家事を朝少し早く起きて終わらせるなど、大人が生活リズムを改めることで、子どもも自然に理想的な生活リズムになっていきます。

小学校に向け、少しずつリズムを整えよう

5歳児は、小学校を見据え少しずつ生活リズムを見直していく時期ともいえますね。規則正しい生活が、子どもの健康や成長を促すための基本となります。

家族で生活リズムを見直してみてはいかがでしょうか。