赤ちゃんのオムツは1日に何度も交換する必要があるため、オムツ以外の燃やせるゴミと同じゴミ箱ではすぐにいっぱいになってしまいます。また、オムツの臭いが気になることも。そこで今回は、オムツ用のゴミ箱がなぜ必要なのかを解説します。オムツ用ゴミ箱の選び方のポイントなども紹介するので参考にしてください。

そもそもオムツ用のゴミ箱ってなぜ必要なの?

オムツ用のゴミ箱は、必ず用意しなければならないものなのでしょうか。結論からいえば、必ずなくてはならないというわけではありません。しかし、オムツを別のゴミ箱に処分することには消臭効果という最大のメリットがあります。

赤ちゃんの排泄物は、離乳食の開始にともなって臭いが強くなります。通常の生ゴミとは臭いの種類が異なるので、専用の消臭・防臭効果をもったゴミ箱があると非常に便利です。また、ゴミ袋も消臭効果の強い製品が販売されています。使用済みのオムツを一般のゴミと分けて処理するのがおすすめです。

オムツ用のゴミ箱はココに注目して!

オムツ用のゴミ箱は、どのような点に注目して選べばいいのでしょうか。ここでは、消臭力と使い勝手の良さ、容量の3つに注目してみましょう。

消臭力

オムツ用ゴミ箱を購入するうえで、最も注目すべき点は消臭力です。しっかりと密閉できることはもちろんですが、ゴミ箱を開けた時に漏れる臭いにも注意しなければなりません。 1日に何度も開閉するゴミ箱は、できるだけフタが小さいものを選ぶといいでしょう。フタが大きいと、開閉のたびに臭いが漏れ出てしまうので、注意してください。

使い勝手のよさ

毎日使うゴミ箱なので、使い勝手の良さにも注目して製品を選びましょう。ゴミ袋セットや開閉の手間などにも考慮しなければなりません。 さらにハイハイを始めた赤ちゃんがゴミ箱をひっくり返してしまうことを防ぐため、ロック機能の有り無しも確認しましょう。

容量

オムツを捨てるゴミ箱は、容量が大きいことも大切です。成長に合わせて、オムツ自体のサイズが変わることも留意しておきましょう。 オムツそのものが大きくなれば、当然同じ容量のゴミ箱であっても捨てられる枚数が減ります。成長しても使えるように、初めは少し容量が大きめのゴミ箱を選びましょう。

合わせて使える便利グッズ

オムツ用のゴミ箱と合わせて使えるグッズも、多数販売されています。ここでは防臭効果のあるゴミ袋と消臭シートを紹介します。

臭いの出にくいゴミ袋

オムツ用ゴミ箱と合わせて使用するなら、専用のポリ袋がおすすめです。部屋やゴミ箱本体に臭いがつくことを防ぐのはもちろん、出先でも使用できるので便利です。 また、サイズもいくつか用意されているので、用途に合わせたゴミ袋を購入してください。

消臭シート

ゴミ箱本体のフタや底に貼るだけで、消臭効果を期待できるシートもおすすめです。製品によっては、持続期間が半年ほどあるものも。 ゴミ箱本体だけでなく、ゴミ箱周辺に貼っておくのもいいでしょう。部屋に臭いが充満するのを防いでくれます。

約3年のオムツ生活、ゴミ箱を分けて快適に過ごそう!

オムツを卒業できる一般的な年齢は3歳前後とされています。つまり、赤ちゃんが生まれてから3年間はオムツを交換する必要があります。部屋に臭いが漏れ出てこないよう、オムツ用ゴミ箱を用意するのがおすすめです。