自分の子供が、毎日必要な睡眠時間を確保できているかご存じですか?睡眠は身体や心の成長だけでなく、健康な身体を保つためにも必要とされています。睡眠時間が不足することは、風邪などの体調不良にも繋がり、深刻な問題です。この記事では、睡眠と風邪の関係や子供の風邪予防についてお伝えします。

子供に必要な睡眠時間は?

まずは、子供の年齢別に必要な睡眠時間をお伝えします。子供がどれくらいの睡眠時間を確保できているかを知ることが、体調管理につながります。

幼児期は11〜13時間

3歳から5歳ごろまでの子供は、一日に11〜13時間程度の睡眠時間が必要とされています。幼児期は、お昼寝をしなくなる子供も増えてくる頃です。お昼寝をしないようであれば、夜は早めに寝かせるようにして、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

学童期は10〜11時間

6歳から12歳頃の学童期になると、必要な睡眠時間は幼児期に比べて少し短くなります。一日に10〜11時間程度の睡眠を心がけましょう。朝6時に起きるのであれば、8時には布団に入っておく必要があります。

しかし小学生頃になると、寝る時間が遅くなってしまう子も多いようです。睡眠時間を意識して、早く寝る習慣をつけるようにしましょう。

睡眠不足が原因で風邪をひくことも?

睡眠不足は成長に影響を及ぼすだけでなく、風邪の原因になることもあります。

睡眠不足は免疫低下につながる

睡眠時間が少なくなることで、身体の疲れが取れにくくなります。疲れがたまることは、免疫を低下させてしまうことにつながり、風邪をひきやすい状態といえます。これは、子供だけに限らず大人も同じです。

しっかりと睡眠時間を確保して、身体を休めてあげましょう。

子供の風邪予防方法は?

風邪などで体調を崩さないためには、どんな予防法があるのでしょうか?

規則正しい生活で強い身体に

まずは、生活習慣を見直してみましょう。睡眠時間は足りているか、食事は3食しっかり食べているか、栄養バランスはどうか。規則正しい生活が病気に負けない身体を作ります。

手洗いうがいの徹底

外から帰ったら手洗いうがいを徹底させましょう。習慣にさせることが、感染リスクを下げることにつながります。

部屋の乾燥を防ぐ

乾燥した部屋はウイルスが好む環境です。乾燥していると感染リスクが高まるため、乾燥する季節は加湿器などを上手に使って加湿しましょう。

生活習慣を見直し、強い身体を目指そう

睡眠不足は体調を崩す原因の一つといえます。特に幼児などの小さな子供は、少しの気温の変化などにも影響を受けやすいため、体調を崩してしまうことも多いです。

普段から規則正しい生活を心がけ、病気に負けない強い身体づくりをしていきましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得