家計についての話は仲の良い人とでも、なかなかしにくいもの。そのため、3人家族の食費の平均はいくらくらいか気になるという人は多いでしょう。しかし、子供は年齢によって食べる量が大きく異なるので、同じ3人家族でも家庭によって食費が大きく異なることもあるのです。

そこで今回は3人家族の平均食費を、子供の年齢別にご紹介します。また、これから子供が生まれて3人家族になるという場合、食費だけではなく生活費も大きく変わるので、生活費の目安についても知っておきましょう。

【子供の年齢別】3人家族の平均食費

3人家族の平均食費は、約7.4万円です。しかし、子供が赤ちゃんから幼児程度までの場合と、中学生から大人までの場合で大きな違いがあり、平均より少ない、あるいは多いケースもあります。

子供が赤ちゃん〜幼児の場合

子供が赤ちゃんから幼児、小学校低学年辺りまでの小さいうちは、大人ほど多くは食べません。そのため、小さい子供との3人家族の食費は全体の平均を下回るケースが多く、約5.5〜7.0万円程度です。

子供が中学生〜大人の場合

子供も小学校高学年から中学生になってくると、身体が大きくなり食事量も大きく増えます。食べ盛りの子供がいる家庭は食費が平均を上回ることも少なくありません。

大きい子供がいる3人家族の平均食費は約7.5〜9.0万円程度です。しかし、子供が男の子の場合、女の子よりも食事量が増えるため、10万円近くになることもあります。

これから3人家族になると生活費はいくら?

これから子供が生まれて3人家族になる場合、変化するのは食費だけではありません。子供の服飾費や保険料、教育費なども必要となります。赤ちゃんが生まれた場合、生活費はどのように変化するのか見てみましょう。

赤ちゃんが生まれた場合の生活費

とある調査では、2人家族と3人家族の生活費を比べた場合、「食費」「交通・通信費」が大きく異なることが明らかになりました。それぞれで1万円ほど高い数字が出ているため、これから赤ちゃんが生まれる場合は、夫婦の生活費+2〜3万円程度と考えると良いでしょう。

また、赤ちゃんが生まれる際の費用も必要です。出産育児一時金として健康保険から42万円が支給されますが、出産費用の平均は50万円ほどで、差額の10万円程度は自身で用意する必要があるため、出産費用も事前に準備しておきましょう。

さらに、ベビーカーやベビーベッド、オムツなどのベビー用品も必要となります。0歳児の1年の子育て費用は平均が93万円程度なので、100万円は支出が増えると考えておいた方が良いでしょう。

教育費も必要

子供にかかるお金の中で、特に重要であるのが教育費です。年代別に必要になる教育費を見てみましょう。

  • 幼稚園(3年間):公立:約67万円、私立:約158万円
  • 小学校(6年間):公立:約193万円、私立:約960万円
  • 中学校(3年間):公立:約147万円、私立:約422万円
  • 高校(3年間):公立:137万円、私立:291万円
  • 大学(4年間):国公立:約249万円、私立:約430万円〜約3300万円

学校が公立か私立かで、必要なお金は大きく異なります。教育費は計画的に貯めるようにしましょう。

3人家族の平均食費は子供の年齢で変わる

3人家族の平均食費は7.4万円ですが、子供の年齢によって少なくなったり、多くなったりします。そのため、3人家族の平均金額だけに囚われず、子供の年齢を考えて食費の予算を組むようにしましょう。