自分の年収や世帯の年収が平均よりも上なのか下なのか、気になったことがあるという方は多いのではないでしょうか。収入はあるけれど、これから先の将来に不安を感じている方も多いと思います。

この記事では、世帯収入の全国平均や、子育て世帯の貯蓄額なども紹介しているので参考にしてください。

世帯収入はどれくらい?全国の平均は?

2019年の調べによると、世帯収入の全国平均は約552万円でした。世帯収入とは、生計を一緒にしている、同じ住居で暮らしている家族の収入のことなので、子どもがすでに働いている場合もあれば、子育て世帯のように夫婦二人の収入だけの場合もあります。

また、夫が単身赴任をしていて別の住居に住んでいても、生計を一緒にしていれば同じ世帯として考えるのが一般的です。

地域や夫婦の働き方によって差が大きい

収入は地域によっての差も大きく、東京都の世帯収入は全国平均よりもかなり高いです。世帯収入の平均を見る場合には、自分の住んでいる地域の平均を参考にすると良いでしょう。また、夫婦共働きかどうかでも世帯収入の額は大きく変わってきます。

平均的な金額を知りたい時は中央値を見よう

世帯収入の平均値は、すべての家庭の世帯収入で計算しているため、平均的な金額とはいえないことがあります。中には高収入の方もいて、高収入の方が平均値をつり上げているからです。

平均的な世帯収入額を知りたい時には、平均値より中央値を参考にしましょう。全国の世帯収入の中央値は473万円、平均よりも80万円ほど低くなっています。

年代別の世帯収入、平均値は?

ここでは、年代別に世帯収入の平均値を見ていきます。

20〜30代世帯収入

20代、30代は平均世帯年収の差が大きいです。20代は363万円、30代は615万円と約250万円の差があります。30代になると出世をする方も多く、給料が上がることが考えられます。

40代以上の世帯収入

40代、50代と年齢を重ねていくなかで役職につく方も多く、年収は増加傾向にあると考えられます。40代の平均世帯年収は695万円、50代は756万円です。

一方60代は566万円と下降傾向にあります。退職をする方もいるため、世帯年収が下がってしまうようです。

子育て世代はどれくらいの貯蓄が必要?

これから教育資金などがかかる子育て世代は、将来のことを考えると収入や貯蓄額に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。ここでは、貯蓄額の平均についてお伝えします。

20代、30代の貯蓄平均額は?

ある調べを参考にすると、20代の平均貯蓄額は165万円、30代が529万円という結果でした。20代と30代で大きく差があることがわかりますね。20代、30代共に、2人以上世帯を対象とした調べです。

子供が大きくなるにつれて出費も増える

子どもが成長するにつれ、教育費や習い事などさまざまなお金がかかるようになります。子どもが小さなうちから貯金の目標額を決めて、先取り貯金をするのもおすすめです。

平均と比較し、ライフスタイルを見直そう

自分の世帯年収や、貯蓄額と比較してみていかがでしたか?年収は平均を超えているのに、貯蓄額が少なかった・・・なんてこともあるかもしれませんね。さまざまな情報を参考にしながら、これからの将来に備えて一度ライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか。