生まれたばかりの赤ちゃんには、どんな服を着せたらいいのでしょうか。 種類が多い赤ちゃんの服に、戸惑うママやパパも多いと思います。今回は、赤ちゃんの服の種類をご紹介します。

赤ちゃんの服の種類

生まれたばかりの赤ちゃんの服は2種類あります。下着のような役割の「肌着」とその上に着る「服」です。

肌着

赤ちゃんが生まれていちばん最初に着る服が「肌着」です。

肌着は赤ちゃんの肌に直接触れるため、綿100%など柔らかな素材縫い目やタグが外側になっているチクチクしない肌に優しいものを選びましょう。

ワンタッチタイプの肌着は結ぶ手間がなく便利です。紐で結ぶタイプの肌着は赤ちゃんの成長に合わせて幅を調整できます。どちらがママとパパにとって使いやすいかも、購入する際に考えておくといいでしょう。

赤ちゃんの肌着は、長さや形が違うさまざまなタイプがあります。赤ちゃんの肌着の種類を3つご紹介します。

短肌着

短肌着は、いちばん下に着させる肌着です。汗を取る役割があるため、吸湿性、通気性、保温性にすぐれた素材を選びましょう。着物のような形になっているため、赤ちゃんを寝かせたまま着替えさせられます。前部分は紐やスナップボタンで留めるタイプが一般的です。

短肌着は1枚で着させたり、ほかの肌着の下に着させて重ねて使用したりするため、赤ちゃんがいちばん多く着る服です。

長肌着

長肌着は、短肌着より長さがあり足先まで覆うことができる肌着です。形は短肌着と同じで着物のようになっていて、前部分で紐やスナップボタンで留めるのが一般的です。

寒い時期に生まれた赤ちゃんが着る肌着で、短肌着の上に重ねて使います。足をバタバタさせるとはだけやすくなるため、動きの少ない0〜1ヶ月頃に使用することが多い肌着です。

コンビ肌着

コンビ肌着は、長肌着のように長さがあり、股がわかれ股下にスナップボタンがついています

足をバタバタ動かすようになる1〜2ヶ月の頃から使い始めます。暑い季節や自宅内などではコンビ肌着1枚で過ごせます。

赤ちゃんの服

赤ちゃんの服は、基本的に肌着の上に重ねて使います。赤ちゃんの服の種類を5つご紹介します。

ベビードレス(ドレスオール)

ベビードレスは、あまり足を動かさない時期に着させます。ワンピースのような作りになっていて、おむつ替えにも便利です。退院の時やお宮参りなどに着せる華やかな赤ちゃんの服は、このベビードレスになっています。

2wayオール(コンビドレス)

2wayオールは、ベビードレスにスナップボタンがついていて、ワンピース型としてもズボン型としても使える前開きの服です。0ヶ月のときはドレスとして、足を動かし始めたらスナップボタンを留めてと2通りの着させ方ができます。

前についているスナップボタンは中央のラインにまっすぐついているタイプや片側にカーブを描くように付いているタイプなど、いくつか種類があります。

ロンパース

ロンパースは、オムツ部分だけをスナップボタンで留められます。肌着の代わりとしても1枚で着せられ、オムツ替えに便利です。

前開きタイプや首からかぶるタイプがあります。

プレオール(フィットオール)

プレオールは、裾や袖が短く、太ももや脚が出ます。赤ちゃんの足の動きを制限しないM字型で、足に沿うような形になっています。

カバーオール

カバーオールは、上下がつながっていて脚の部分が長ズボン型になっています。2wayオールのズボン型で、脚全体をカバーするというイメージです。寒い季節には、靴下を履かなくても足先まですっぽり覆うことができる足つきカバーオールもあります。

赤ちゃんにぴったりの服を着せよう

赤ちゃんの服は、下に着る肌着、上に着る服とわかれています。暑い夏などの赤ちゃんには、重ね着すると体温調節がしづらいため、可愛い色や柄の肌着を選ぶといいでしょう。また、寒い冬の時期の赤ちゃんには、カバーオールだけでなくベストなどを組み合わせ温かさを調整してあげましょう。

赤ちゃんの服は様々な種類がありますが、基本的に必要な短肌着を揃え、季節や月齢に合わせ動きやすい服を選んであげましょう。