赤ちゃんがきちんと育っているか、ママやパパなら気になるところです。今回は、月齢別の平均体重と身長を紹介しますので、成長の目安にしてください。

赤ちゃんの月齢別平均体重と身長とは?

赤ちゃんの月齢別の平均体重とはどのくらいなのでしょうか。月齢別の平均身長とあわせてみていきましょう。  

月齢別平均体重

赤ちゃんの月齢別平均体重は以下のとおりです(2010年調べ)。

           男の子   女の子

新生児        2.98kg 2.91kg
生後1〜2ヵ月未満   4.78kg 4.46kg
生後2〜3ヵ月     5.83kg 5.42kg
生後3〜4ヵ月     6.63kg 6.16kg
生後4〜5ヶ月     7.22kg 6.73kg  
生後5〜6ヶ月     7.67kg 7.17kg
生後6〜7カ月     8.01kg 7.52kg
生後7〜8カ月     8.30kg 7.79kg
生後8〜9ヶ月     8.53kg 8.01kg
生後9〜10ヶ月     8.73kg 8.20kg
生後10〜11カ月    8.91kg 8.37kg
生後11〜12ヶ月    9.09kg 8.54kg

男女ともに、1年間で約6kg体重が増えますが、平均の数値なので目安程度に参考にしましょう。  

月齢別平均身長

赤ちゃんの月齢別の平均身長は以下のとおりです(2010年調べ)。

            男の子   女の子

新生児         48.7cm 48.3cm
生後1〜2ヵ月未満    55.5cm 54.5cm  
生後2〜3ヵ月      59.0cm    57.8cm
生後3〜4ヵ月      61.9cm 60.6cm
生後4〜5ヶ月      64.3cm 62.9cm
生後5〜6ヶ月      66.2cm 64.8cm   
生後6〜7カ月      67.9cm 66.4cm
生後7〜8カ月      69.3cm 67.9cm
生後8〜9ヶ月      70.6cm 69.1㎝
生後9〜10ヶ月      71.8cm 70.3cm
生後10〜11カ月     72.9cm 71.3cm
生後11〜12ヶ月     73.9cm 72.3cm

身長は男女ともに、1年間で約25cm伸びます。こちらも目安なので、参考程度にしましょう。

赤ちゃんの体重の計り方は?

赤ちゃんの体重を測るには、ベビースケールがあると便利です。毎日家で、簡単に体重変化を確認できます。 ベビースケールがない場合は、ママかパパが赤ちゃんを抱っこして体重を測り、その後、ママかパパの体重を引くと簡単に体重測定が可能です。

赤ちゃんの体重を測る際には、着ている洋服を脱がせて裸で、授乳後を避けて測りましょう。

赤ちゃんの体重で気になることとは

赤ちゃんの体重が平均の体重なら安心ですが、平均に比べて多い、少ない場合はやはり心配になるものです。赤ちゃんの体重に関して気になることの原因や対処法などをみていきましょう。  

体重が増えすぎる

平均体重に比べて、赤ちゃんの体重が増えすぎていると場合は、母乳やミルクをたくさん飲んでいることが原因として考えられます。しかし、勝手な判断で母乳やミルクの量を減らすのはやめましょう。

まだうまく運動できないだけで、成長し、活動量が増えれば体重の増加もゆるやかになっていくでしょう。  

体重が増えない

逆に、体重が増えないことも心配になります。母乳の場合、飲んだ後1時間ほどでまた欲しがる場合は、母乳が足りていない場合が考えられます。完全母乳にこだわりもあるでしょうが、赤ちゃんのためにもミルクも与えるようにしましょう。

赤ちゃんは、母乳やミルクをうまく飲めなかったり、消化器官が未発達だったりするため、吐くことがよくあります。

しかし、吐いた後に機嫌よくしていれば安心ですが、赤ちゃんが何度も吐くことを繰り返すなどで体重が増えない場合は病気の可能性もありますので、医療機関に相談してみましょう。

赤ちゃんの体重の増え方には個人差がある

赤ちゃんの平均体重や身長はあくまでも平均であって、目安です。赤ちゃんごとに個人差があるので、きちんと母乳やミルクを飲み、元気に過ごしているなら平均から少し外れても心配ありません。

ただし、少しでもおかしいと感じた場合は小児科で相談しましょう。