三人目の妊娠、出産は、一人目や二人目に比べると、母体が年齢を重ねているため、どうしても出産のリスクは大きくなってしまいます。この記事では、高齢出産によるリスクについて、三人目が高齢出産になることのメリットもお伝えします。三人目を希望するママはぜひ参考にしてみてくださいね。

高齢出産になることが多い三人目

一人、二人と出産し、育児に追われ、三人目を希望するときには年齢を重ね、高齢出産に・・・という方も多いかもしれませんね。ここでは、妊娠、出産の基準となる年齢についてお伝えします。

経産婦は40歳以上の妊娠が高齢妊娠

一般的に初産婦の場合、出産した年齢が35歳以上、経産婦の場合40歳以上の妊娠が高齢妊娠といわれています。女性が社会で活躍できる場が増え、晩婚化が進んでいる現代ですが、妊娠適齢期が変わるわけではありません。35歳頃から卵子の質が低下するという割合も増えているため、なんらかの異常が起こるリスクも高まることがあります。

高齢出産によるリスクとは

高齢出産になることで、母体や胎児にどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

流産や早産が増える

高齢になるほど、染色体の異常が見つかることも多く、流産の原因となることがあります。ほかにも、早産などのトラブルが起こる確立も高くなり、妊娠を継続することや無事に産まれる確立も下がります。

ダウン症などの障害の可能性が高くなる

ダウン症の原因は卵子の分裂異常が原因となることが多いと言われています。母体の加齢が原因で分裂異常が起こることも多いため、高齢出産は胎児が障害を持つリスクも高まります。

難産になることも

年齢を重ねることにより、体力も低下していることで難産になることもあります。初産の場合は、子宮口や産道が硬くなっていることも多く、帝王切開になってしまう可能性も高いです。

三人目が高齢出産、メリットもある

不安も多い高齢出産ですが、三人目が高齢出産となるとメリットもあります。

上の子が面倒を見てくれる

一人目、二人目と年が離れていると、上の子が育児の戦力となり活躍することもあります。オムツ替えやミルク、抱っこなどが少し楽になるでしょう。

ただし上の子の負担にならないよう考えることも大切です。「いつもありがとう」と言葉で伝えたり、時には上の子だけと一緒に出掛けたりしましょう。

みんなから可愛がられる

末っ子は家族から特に可愛がられ、たくさんの愛情を注がれてのびのび育ちます。家族としても、小さな赤ちゃんがいることで家の中が明るくなることもあるのではないでしょうか。

リスクに備えて、規則正しい妊娠生活を

高齢妊娠となると、リスクも増えてきます。妊娠を安全に継続するためにも、しっかりとリスクに備えておくことが大切です。規則正しい生活、食生活の管理などを徹底することを心がけましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得