Part4 親子での備蓄・持ち出し袋

9月は防災月間。コロナに気を取られて忘れがちですが、災害はいつ起きてもおかしくありません。首都直下型地震は30年以内に70〜80%、さらに広域の南海トラフも同じ確率で起きるといわれています。

今回は、備蓄や持ち出し袋についてです。


親子での備蓄の考え方

「何を備蓄すればいいですか?」「持ち出し袋の中身を教えて!」

普段、乳幼児親子向けの防災講座を行っていますが、よくきかれる質問がこの2点です。

今回は、パパ、ママ、乳幼児2人の4人家族のための、1〜2週間分備蓄リストを作ってみました。

これは、あくまで目安です。「地震から身を守る」で触れた自宅の立地・地域特性、備蓄スペース、家族の健康状態にあわせて適宜カスタマイズしてください。

食品は、ローリングストック法(いつも食べるものを少し多めに買って、古いものから食べていれかえていく)、ガスコンロ・ガス缶でパッククッキング(湯せん)を想定しています。

ガスコンロでパッククッキング(湯せん)

持ち出し袋の考え方

女性が持てる荷物の重さは15キロ(*1)だといわれています。お子さんを抱っこすることを想定すると、荷物は5〜7キロ程度におさえたいですね。

いつものマザーズバッグに、
・1泊2日の温泉旅行程度の着替え
・1食分の飲食
・乳幼児に必要だけど入手しにくいもの
・自分にどうしても必要なもの
・母子手帳や身分証などの重要書類
を追加するイメージです。

いつものマザーズバッグにプラスして、防災仕様に!

さらに、いつも持ち歩くマザーズバッグを防災仕様にして、普段から備えようという考え方をご紹介いたします。

・モバイルバッテリー(半年に一度は満タンに)
・母子手帳・健康保険証のコピー
・現金
・常備薬
・家族や親族の電話番号メモ(ジップロックに入れて防水)
・携帯トイレ
・ホイッスル
・LEDライト(キーホルダーのような小型タイプ)
・小型ナイフやはさみ、やすりなどが組み合わされた小型のマルチツール
・レジ袋、小さいビニール袋
・ゴミ袋45Lサイズ
・飴や飲料

すべて入れて持ち歩くと、バッグがパンパンになりそうなので、適度なところまで。

避難先で何泊もするのなら・・・持ち出し袋

小さいお子さんとの持ち出し袋の例です。
皆さんのこだわりや生活スタイルにあわせて柔軟に。

・重要書類:免許証、保険証、現金 
=>貴重品はウェストポーチやポシェットで常に身に着ける

・水・食料・おやつ、紙コップ、ラップ、スプーン
・ビタミン剤
・簡易トイレ、ティッシュ、
・LEDヘッドライト、モバイルソーラーバッテリーなどスマホ用電源、イヤフォン、ラジオ
・子ども用(着替え、オムツ、おしりふき、ビニール袋) 多め、おもちゃ
・抱っこひも、1歳以上は靴
・油性ペン、はさみ、ガムテープ、メモ用紙、
・保温シート、レジャーシート、大きなビニール袋、タオル(大・小)
・上着、レインコート、カイロ、叩いて冷える冷却剤
・マスク、消毒液、体温計
・保湿クリーム、ヘアゴム、歯磨きシート、歯磨きタブレット
・メガネ、常備薬、救急キット、耳栓

母子手帳や子どものお薬手帳を撮影して保存

重要書類を取りに帰って津波や土砂にのまれた、火災に巻き込まれたという話をきいたことはありませんか?
命より大切なものはありません、緊急時にはまず避難を。

そのうえで、お子さんのために今すぐできること。

母子手帳(出産時の記録、予防接種歴)、お薬手帳(体重に応じて処方された最新ページ)を、撮影しましょう。

ご自身のスマホに保存しておくだけでも良いのですが、そのスマホの電源が切れたら見られません。クラウドにアップ、メールで自分や家族に送信するなど、他からも見られるようにすると便利です。

免許証と保険証も撮影・保存

同様に、他の重要書類も保存を。
・免許証、パスポートなどの本人確認書類
・保険証(+お子さんの医療証)
・持病のある方はお薬手帳の最新処方ページ
・保険証書、クレジットカード・通帳の口座番号

原本があるほうがよいのですが、コピーがあれば替わりになる場合や、再発行がスムーズになる時もあります。

特に、本人確認書類は重要です。銀行カードや通帳を災害で紛失しても、本人確認ができれば、ゆうちょ銀行20万円、その他多くの金融機関10万円まで引き出せます(*2)。
この制度は、大雨災害時も運用されています。

健康保険証も重要です。
災害により保険証を紛失・自宅に置き去りのまま避難した人達は、医療機関に以下の情報を伝えれば、通常の負担割合で受診できます(*3)。

・氏名、生年月日、連絡先(電話番号等)
・被用者保険の被保険者にあっては事業所名、国民健康保険
または
後期高齢者医療制度の被保険者にあっては住所(国民健康保険組合の被保険者については、これらに加えて、組合名)

災害時の母乳とミルク

【母乳】

災害時に、母乳が止まるという話をきいたことはありませんか? 人間も動物ですから、恐怖や不安を感じると、その場から逃げ、自分を守るために、一時的に母乳が止まることがあります。これは生き延びるために、生物としての自然な反応です。

静かな落ち着いた場所で授乳すれば、母乳はまた出でます。出ない間も、体内では母乳が作られ続けています。医学的な観点からも、母乳継続が推奨されています。

避難所では、落ち着いて授乳できるスペースを用意してもらいましょう。授乳への配慮が、避難所運営のガイドラインに盛り込まれるケースも増えてきました。

      

【液体ミルク】

近年、液体ミルクを備蓄品に含める自治体が増えました。必要に応じてご家庭でも使用されていると思いますが、賞味期限が短いため、備蓄する時はご注意ください。衛生面からも飲み残しの再利用はやめましょう。