そろそろ卒乳の時期かな?と思いつつも、子どもがおっぱいがないと眠れない、まだ授乳をしていたいなど、なかなか卒乳ができないママも多いかもしれません。

この記事では、実際に卒乳をした方のきっかけやタイミングをご紹介します。これから卒乳予定のママは、ぜひ参考にしてください。

卒乳の時期はいつ頃?

子どもが1歳頃になると、そろそろ卒乳を考えるママも多いでしょう。ここからは、卒乳の時期を見ていきましょう。

1歳半頃までに卒乳が理想的

おおよその目安として、1歳半頃までの卒乳が目安とされています。現在は1歳をすぎても授乳する方が多く、子どものペースに合わせて卒乳することが大切なため、定期検診などでも卒乳を勧められるようなことはあまりありません。

子どもの発達を第一に考えよう

子どもの年齢だけでなく、子どもの発達を基準として卒乳を考えていきましょう。母乳以外の離乳食からしっかり栄養が摂れているかも重要なポイントです。なかには離乳食を嫌がって食べない子もいます。事前の準備を整えてから、卒乳に臨みましょう。

卒乳のきっかけは何?

年齢や子どもの発達以外にも、家庭の都合で卒乳を決めるママも多いようです。卒乳を考えているママは参考にしてくださいね。

ママが仕事復帰をする

育休期間が終了し、仕事への復帰が近づいてきたため、卒乳に踏み切るママも多いようです。そのため、1歳になる前に卒乳が完了していたという方もいます。

下の子を妊娠した

妊娠をしたために、つわりやお腹の張りなど、ママの体調面を考慮して卒乳を考えるママも。妊娠をしたからといって、必ず授乳をやめなければいけないというわけではありません。ママの体調と上の子の様子を見ながら、卒乳を考えてみましょう。

自然におっぱいを欲しがらなくなることも

子どもが嫌がって大変なイメージがある卒乳ですが、なかには、子どもが自然におっぱいを欲しがらなくなるケースもあります。

離乳食を食べる量が増えた

ある調べでは、卒乳に踏み切った理由として一番多くあげられていたのが、「離乳食を食べるようになったから」でした。離乳食をしっかり食べていることで満腹になり、自然におっぱいを飲まなくても眠れるようになる子が多いようです。

体調を崩して欲しがらないことも

体調を崩し、食欲が無くなってしまったことをキッカケに、自然に欲しがらなくなることもあるようです。あっけない卒乳に、ママの方が寂しくなってしまうことも。

卒乳は焦らずに、ママと子どものペースですすめよう

産まれてからずっとおっぱいで育ってきた子どもがおっぱいを卒業すると考えると、寂しく感じるママも多いでしょう。しかし、これも子どもが次のステージへ進む大きな一歩です。成長を感じながら、自分と子どものペースですすめていきましょう。