母乳パッドとは、母乳育児をしているママにとって便利なグッズです。今回は、母乳パッドにはどんな種類があって、使い方や選び方などを詳しくご紹介していきます。

母乳パッドって何?どんな時に使うの?

母乳パッドとは、母乳が漏れて衣服が濡れるのを防ぎます。また赤ちゃんが吸うことで乳首が切れたり、下着にすれることで痛みが出たりする乳首を守る役割をするパッドのことです。

母乳パッドは授乳ブラジャーにつけて使い、使い捨ての紙製タイプと繰り返し使える布製タイプがあります。母乳の量は個人差があるため「あまり必要がない」と思うママもいるかもしれませんが、いざというときのために用意しておきたい便利なグッズです。

母乳パッドの種類と選び方

母乳パッドには紙製パッドと布製パッドの2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

紙製パッド

使い捨ての紙製パッドタイプには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 個包装されているので、清潔で外出時も持ち運びしやすく便利
  • しっかりとテープで固定でき、吸収性も高い

デメリット

  • 使い捨てなので経済的ではない
  • 肌が弱い場合、かゆみや痛みを感じる場合がある

母乳パッドが濡れたらすぐに交換できるためいつでも清潔に保てますが、交換する回数が多い場合は、経済的でないと感じるママもいるようです。

布製パッド

布製パッドのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 肌の負担が少なく、かぶれや痛みの心配が少ない
  • 繰り返し使えるため、経済的

デメリット

  • 固定するテープが付いていないため、ブラジャーの中でずれてしまう
  • 洗った際にきちんと乾かさないとカビが生えたり、においが気になったりすることがある
  • 特に外出先など、汚れたパッドを持って帰り、洗う手間が面倒

布製のパッドはオーガニック布などを使用しているので、肌に優しいのが特徴です。その反面洗う手間がかかるため、面倒に思うママも多いでしょう。

母乳パッドを使うときの注意点

それぞれにメリットやデメリットがある母乳パッドですが、使うときにも注意点があります。それぞれ見ていきましょう。

紙製パッドの場合

使い捨ての紙製パッドは、布製パッドに比べ吸収量が多く長時間使うことができます。しかし、長時間濡れたパッドを使うことで雑菌が発生したり、かぶれの原因になったりすることがあります。小まめに交換するようにしましょう。

また、使い捨てパッドには吸収材としてポリマーが使用されています。捨てる際には自治体のルールを確認し、処分しましょう。

布製パッドの場合

母乳パッドは使い捨てパッドに比べ、吸収量が少ないため小まめな交換が必要です。ただし使ったパッドはそのままにせず、早めに洗濯するようにしましょう。

布製母乳パッドは、優しく手洗いするかネットに入れて洗濯機の手洗いコースで洗います。直接肌に触れるものなので、洗剤も無添加のものがおすすめです。洗った後はすぐに干し、しっかりと乾かすようにしましょう。

母乳パッドを活用して授乳期間を快適に過ごそう

母乳パッドは母乳育児のママには欠かせない、授乳期間を快適に過ごせる便利なグッズです。紙製と布製とそれぞれにメリットとデメリットがありますが、母乳の量や使うシチュエーションによって使いやすいほうを選ぶようにしましょう。