お酒の好きなママはたくさんいると思います。では母乳育児の場合、飲酒はやはり無理なのでしょうか。今回は、母乳育児の場合の赤ちゃんへのリスクや飲酒した際の対処法について紹介します。

母乳育児で飲酒するとどんなリスクがあるの?

ママが飲酒をしたら、特に母乳育児の場合はどんなリスクが考えられるのでしょうか。

赤ちゃんへの影響

赤ちゃんは脳の機能や消化器官が未発達のため、アルコールの影響を受けやすくなります。アルコールが母乳を通して赤ちゃんの体内に入ることで、機嫌が悪くなったり落ち着きがなくなったり……体調を崩すなどの症状があらわれることがあります。

アルコールが強く残っている場合は母乳を飲んだ赤ちゃんが急性アルコール中毒になる可能性もあるため、注意が必要です。

ママへの影響

食べものや飲みものがそのまま母乳に影響するように、アルコールもそのまま母乳へと移行します。ママの血中アルコール濃度は、そのまま母乳のアルコール濃度になってしまうのです。

またアルコールはホルモンの分泌を抑えてしまうことから、母乳の出が悪くなります。そのため、赤ちゃんに母乳を与えられなくなってしまうのです。

母乳での授乳中の飲酒に関しての疑問

母乳育児中は、飲酒は全くダメなのしょうか。ここからは、母乳育児中の飲酒についての疑問を見ていきましょう。

1滴も飲酒はダメ?ノンアルコール飲料は?

アルコールがそのまま母乳に出ることから、なるべく飲酒はさけたいもの。でもどうしてもお付き合いなどで断れない場合があるかもしれません。

調査結果から、ビール(350ml)1本、ワインならグラス1杯が許容範囲とされています。しかし、つい雰囲気で飲みずぎてしまうことも考えられますので、飲酒する場合は十分に注意が必要です。

どうしても飲酒する場合は、ノンアルコール飲料を飲むなど上手に利用するといいでしょう。ただしノンアルコール飲料は、アルコール含有量が1%未満というだけで0でありません。

何本か飲めばその分アルコール量は増えるので、飲む量には注意しましょう。

何時間あけたら授乳は大丈夫?その間の母乳は捨てる?

アルコールの血中濃度が半分になる時間は30分といわれ、また2時間半経てば体からアルコール分がなくなるともいわれています。

しかし身長や体重、当日の体調、飲んだ量などにより差があり、一概にはいえません。

母乳をあげる際は「飲酒から授乳までは2時間以上あける」「本人がアルコールを感じなくなるまで待つ」の2点が推奨されています。

「2時間以上経った後の最初の母乳は捨てる」というママもいるようです。できれば飲酒する前に授乳をすませておくといいでしょう。

アルコール入りのお菓子や食べ物は?

お菓子や食べものには、アルコールが含まれているものがあります。1〜2個食べたくらいではそこまで影響は考えられませんが、やはり念のため母乳を与えるのは時間をおいたほうが安心かもしれません。

授乳期間中に飲酒したときの対処法

時間がたてば授乳できると分かっていても、赤ちゃんは待ってくれません。その場合は、ミルクを与えるようにしましょう。また、飲酒前に母乳を搾乳しておくのもいいでしょう。

ただし、母乳育児の赤ちゃんは哺乳瓶に慣れていない場合が多く、嫌がることも考えられます。飲酒の予定がある場合は、あらかじめ哺乳瓶に慣れさせていくことも考えましょう。

2時間以上空けての授乳が推奨されていますが、できるだけ長く時間を空けて授乳するようが安心です。目安はあくまでも目安であって、個人差があるため絶対ではありません。

赤ちゃんにアルコールを飲ませないためにも、十分に時間を空けるようにしましょう。

飲酒するかは自己判断!リスクを理解しよう

ママが飲酒すれば、母乳を通して赤ちゃんがアルコールを飲んでしまいます。お酒好きなママは妊娠中から我慢が続きますが、日本では妊娠中や授乳期間中に飲酒は推奨されていません。

まずは飲酒のリスクを十分に理解することが大切です。赤ちゃんのためにも、飲酒以外のストレス発散方法をみつけましょう。