生後5ヶ月頃になると離乳食が始まります。ただ、離乳食の後にミルクをどのくらい飲ませるべきか悩むママもいるはずです。

実は、月齢によって赤ちゃんに与える離乳食とミルクの目安量は異なります。そこで今回は、月齢別に離乳食とミルクの目安量を確認していきましょう。

月齢で違う!離乳食とミルクの目安量

赤ちゃんにあげる離乳食とミルクの目安量は、月齢によって異なります。ただあくまで目安量なので、赤ちゃんの様子をみながら調整しましょう。

5ヶ月〜6ヶ月の場合

5ヶ月〜6ヶ月の場合、離乳食はおかゆが30〜40g、野菜は15〜20gが目安です。おかゆは10倍かゆで慣れたら徐々に水分量を減らしていきます。ミルクは1回200〜220mlで、1日5回程度です。

7ヶ月〜8ヶ月の場合

離乳食が1日に2回で、食べる量も増え始めます。離乳食は5倍おかゆが50〜80g、野菜は20〜30gが目安です。ミルクは1回200〜220mlで回数は5回ほどですが、パッケージや缶に記載された目安量を参考にして問題ありません。

9ヶ月〜11ヶ月の場合

離乳食は1日3回になります。5倍おかゆなら90g、軟食は80g、野菜は30〜40gが目安です。ミルクが不要だと考えるママもいますが、まだ栄養も必要な時期なので食後のミルクは用意してあげましょう。嫌がるときは無理強いする必要はありません。

12ヶ月の場合

1歳を超えると1日3回の食事とおやつが1日1〜2回と食べる量が増えます。軟食なら90g、普通飯なら80g、野菜は40〜50gが目安です。通常のご飯で栄養はたっぷり取れるので、様子をみながら徐々にミルクが卒業しましょう。

余ったミルクは離乳食に使えるの?

粉ミルクが余っているなら離乳食に使えます。おかゆと野菜とも相性が良く、離乳食を食べない子も粉ミルクを入れると食べる赤ちゃんもいるようです。

ただ粉ミルクの使いすぎは注意しましょう。赤ちゃんが食材そのものの味を楽しめるように、粉ミルクを入れる量は都度調整してあげるのがおすすめです。

ミルクを離乳食に使うメリット2つ

実は離乳食に粉ミルクを入れることで、さまざまなメリットがあるのです。ミルクを離乳食に使うメリットを確認していきましょう。

1.食材の苦味を抑えて食べやすくなる

赤ちゃんによっては、離乳食に移行する際に食材の苦みや青臭さが苦手で食べてくれない子もいます。そんな時に粉ミルクを入れることで食材のクセが緩和されるので、赤ちゃんが食べやすくなるのです。

2.ミルクから栄養素がたっぷりとれる

粉ミルクには、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。特に離乳期は不足しがちな栄養を手軽に取れるので、離乳食が終わる頃までは離乳食にも入れるのがおすすめです。

月齢に応じて離乳食とミルクの量を変えよう!

離乳食とミルクを与える量は、月齢により目安量は異なります。しかし、赤ちゃんによって食べる量も異なるので、目安量を参考にしながら与える量を決めるのがおすすめです。また、余った粉ミルクは上手に離乳食に混ぜて活用しましょう。