この記事では、妊娠線がいつからできるのか、できやすい人の特徴などをご紹介します。妊娠し、お腹が大きくなることでできる妊娠線。ある程度は仕方のないこととはいえ、産後もお腹に跡が残ってしまうので、できることなら無いほうが良いと考える人も多いでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠線はいつからできる?

まずは、妊娠線ができやすい時期をお伝えします。妊娠線ができやすい時期を知っておくことで、予防する時期の参考にもなります。

妊娠5ヵ月頃にできる人が多い

妊娠線は、皮膚の伸縮に皮膚の組織が対応できなくなることで起こります。お腹の赤ちゃんが成長することでお腹が大きくなり始め、急激な皮膚の伸縮が起こることで、妊娠線ができやすいと考えられます。そのため、お腹が大きくなり始める、妊娠5ヵ月頃に妊娠線ができる人が多いようです。

個人差も大きい

お腹が目立ち始める時期は個人差があるため、必ずしも妊娠5ヵ月頃に妊娠線ができるというわけではありません。なかには、分娩の際に妊娠線ができてしまったという人もいます。お腹が大きくなるだけでなく、妊娠中に体重が急激に増えることでも起こりやすいです。

妊娠線ができやすい人の特徴は?

ここでは、妊娠線ができやすい人の特徴をご紹介します。あてはまるかどうか、セルフチェックをしてみましょう。

小柄・やせ型の人

小柄な人や、やせ型はもともとの皮膚面積が狭いため、妊娠で急激に皮膚が引き延ばされると皮膚組織が追いつかず妊娠線ができやすいと考えられています。また、小柄な人は骨盤が小さいため、妊娠するとお腹が前に突き出る傾向にあり、妊娠線ができる可能性も高いです。

高齢出産の人

年齢を重ねるごとに、肌の質も低下し、弾力性を失います。肌の伸縮機能が低下することで、妊娠線ができやすくなるため、高齢出産のほうが妊娠線ができやすくなります。

乾燥肌の人

乾燥肌の人も妊娠線ができやすいといわれています。お肌の乾燥は、弾力性を低下させます。乾燥肌の人はクリームやオイルなどでこまめに保湿するなど、特にスキンケアを意識しましょう。

生活習慣にも要注意

食生活や睡眠時間など、生活習慣も妊娠線に影響することがわかっています。油っぽい食べ物、甘い物食べることが多い、睡眠不足などに当てはまる人は妊娠線ができやすいです。一度自分の生活習慣を見直してみましょう。

妊娠線予防はいつから?

妊娠線の予防はいつ頃から始めると効果的なのでしょうか?ここでは、予防を始める時期をご紹介します。

お腹が目立つ前から保湿を

一般的に、妊娠5ヵ月頃からお腹が目立ち始める人が多いです。お腹が目立ち始めるということは、皮膚が引き延ばされている状態なので、お腹が目立ち始める前からの予防がおすすめ。自分のお腹の様子や体調を考慮し、妊娠4ヵ月頃を目安に保湿ケアを始めていくと良いでしょう。

妊娠初期からの食生活管理は妊娠線予防にも

妊娠初期はまだ胎盤が完成していないため、赤ちゃんの栄養になるわけではありませんが、妊娠初期から食生活の管理をしておくことは、安全なお産にもつながります。母体が健康であることが第一で、食生活が整うことで妊娠線予防にもなり、一石二鳥です。

妊娠線予防は、健康的な妊娠生活につながる

妊娠線予防で食生活や生活習慣を整えることは、健康的な妊娠生活を送ることにもつながります。妊娠中は、免疫機能が低下しやすく病気になりやすい時期でもあるため、できるだけ自分の身体を自分で守れるように身体の内側から整えておきましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得