この記事では、乳幼児と一緒にお風呂に入れる時期をお伝えします。産後、沐浴を続けているパパやママにとって、赤ちゃんと一緒にお風呂に入れるのは、赤ちゃんの成長や幸せを感じられる瞬間でもあるでしょう。まだ小さな赤ちゃん、入浴時の注意点したいこともあります。ぜひ参考にしてください。

乳幼児の沐浴はいつまで?

産後すぐは、ベビーバスなどを使う沐浴をおこないますが、沐浴からママと一緒に湯船に浸かれるようになるのはいつ頃になるのでしょうか。まずは、入浴ができるようになる時期をご紹介します。

1ヵ月頃が目安、医師に相談をして入浴を

ベビーバスを卒業し、一緒のお風呂に入れるようになるのは1ヵ月頃が目安になります。ただし、一緒に入浴できるようになるには、赤ちゃんのおへそがしっかり乾いていること、ママの体調が整っていることが条件となります。

赤ちゃんは2週間〜1ヵ月ほどで、へその緒がとれ、自然に乾きます。おへそがまだ乾いていない状態だと、そこから雑菌などが入ってしまう可能性があるため、注意が必要です。赤ちゃんもママも医師からOKが出てから、入浴をするようにしましょう。

ママと湯船に浸かるときの注意点

医師からOKが出たら、いよいよ一緒に入浴スタートです。自分で立ったり、座ったりができない赤ちゃんとのお風呂はなかなか大変で、事前準備や細心の注意を払う必要があります。ここでは、赤ちゃんと入浴する際の注意点をご紹介します。

お湯の温度

赤ちゃんとのお風呂は、ぬるめの温度と覚えておきましょう。夏場は38度くらい、冬場は40度程度が目安です。赤ちゃんは体が小さく、大人よりものぼせやすいため、しっかりと様子を観察してあげましょう。

入浴時間

湯船に浸かる時間は、だいたい3分〜5分程度で十分です。短いと感じるかもしれませんが、体の水分を失いやすい赤ちゃんにとって、長風呂はあまりおすすめできません。お風呂からあがったら、しっかりと水分補給をさせてあげましょう。

お風呂上がりの準備

入浴前に、赤ちゃんの着替えやオムツなどの準備をしておきましょう。マットを敷き、その上にすぐに着せられるように、着替えやオムツを広げた状態でセッティングしておきます。そしてその上にバスタオルを置いておきます。そうすると、お風呂上がりにすぐ体を拭けて、湯冷めすることなく着替えが完了します。

乳幼児用のお風呂グッズを活用しよう

ママ一人でお風呂に入れるのはなかなか大変ですが、便利なお風呂グッズを活用することで、ワンオペお風呂も随分楽になります。ここでは、おすすめのお風呂グッズをご紹介します。

浮き輪タイプはいつから使える?

赤ちゃんの首につける浮き輪タイプは、ママが体を洗っている間も、赤ちゃんは湯船に浸かっていられる優れものです。この浮き輪タイプのお風呂グッズは、生後1ヵ月から使えるものもあります。各メーカーによって対象月齢が異なる場合もあるため、使用の前に必ず確認し、注意事項を遵守してください。

赤ちゃんを洗う際に便利なバスチェア

1ヵ月前後の赤ちゃんとはいえ、片手で抱っこしながら赤ちゃんの体を洗うのは大変です。そんなときにバスチェアがあれば、赤ちゃんを寝かせて両手でしっかり体を洗うことができます。誤って赤ちゃんを落下させてしまう心配もないので安心です。

入浴中は赤ちゃんの安全第一!目を離さないよう注意して

さまざまな便利グッズがありますが、一瞬の気の緩みが大きな事故につながることもあります。お風呂に入っている間は、赤ちゃんから目を離すことなく、安全を一番に考えましょう。赤ちゃんとのお風呂はコミュニケーションを取りやすい場でもあります。パパも積極的に赤ちゃんとのお風呂に参加してみましょう。