チュートリアル福田充徳のはじめてパパのなんでも新発見!

この連載は……

2017年12月、待望の第一子となる男の子が誕生! 新米パパとして、まだまだわからないことだらけだと言う福田さんの育児日記です。子どもとの毎日の暮らしの中でみつけた発見や感動、ときにするどい(!?)ツッコミを赤裸々に語っていただきます。


第63回 シールのご褒美でトイレもクリアできたと思いきや……。

自粛期間中、長い時間一緒にいるからはじめようと思ったこともあります。

それはトイレトレーニングです! 

朝起きてまず1回、お昼ご飯の前に1回、そしてお風呂に入る前に1回。計3回は必ずトイレに行こうと声かけするようにしようと決めました。で、どうかというと……今のところ、どーれもできてないです。

便座に乗せるタイプのおまるを置いて「トイレに行こう」と誘うのですが「トイレ、やだ」と、行くのをまず嫌がります。でも、いざ座らせてみると、普通にトイレできるんです。

できたら「すごいやん!」とめちゃくちゃ褒めてあげます。そうすると喜ぶんですけど、次のタイミングで声かけするとやっぱり「トイレ、やだ」となってしまう。どうも自主的には行きたいとは言わないんです。

トイレトレーニングの定番といえば、シールのご褒美。もちろん、それも実践していますが、全然まだ貼れていません。

4月からはじめて5、6枚くらい貼ったかな? という程度。めちゃくちゃ少ない。そんなに貼りたい欲もないようで、トレイできても貼らないときもあります。

そんなわけで、まだまだオムツ生活です。

そもそも息子はオムツが気持ち悪くて泣くというのが赤ちゃんのころからあまりなかったタイプ。オムツごときで動じることはない、という性格のようです。

今でもウンチしたかな? 取り替えたいかな? と思って「ブリブリした?」と聞くと「してない」と平然と答える。いや、その感じ、確実にしてるやん、と思うのですが。恥ずかしいのか、とくに気持ち悪いと感じないのか、平然とそのまま遊び続けています。

でも、まあ他のことと一緒で、これも根気強く付き合っていくしかないんでしょうね。保育園でほかの子がバンバン、トイレ行くようになっていくのをみたら変わっていくんじゃないかなと、今のところは、引き続き見守っていこうと思っています。