子育てをしながら正社員で働きたいと考えていても、難しいからとあきらめていませんか?

共働きが増えているものの、実際の子育てに向き合っていたら、子育て中にフルタイムの正社員として働くのは到底できない…とあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。

ただし、正社員にはメリットがたくさんあるのも事実。そこで、今回は子育て中に正社員で働く3つのメリットと、子育てのサポートについて解説します。

子育てと正社員の両立が難しい理由とは?

子育てをしながら正社員で働くのが難しいと感じる理由はどこにあるのでしょうか。まず、両立が難しい理由から整理してみましょう。

時間的な余裕がない

正社員はフルタイムでの勤務が一般的なので、時間的な余裕がないことで時短勤務を希望し、非正規雇用を選んでいる人もいるかもしれません。

子どもを保育園へ送り迎えしたり、家事をこなしたりするだけでも毎日一定の時間が必要です。周りのサポートがないと、正社員での勤務は難しいと考えている人も多いのではないでしょうか。

子どもと過ごす時間が少ないことに罪悪感を抱く

ママが仕事をすることで子どもと一緒に過ごせる時間が少なくなり、子どもへの罪悪感を抱く場合もあります。

正社員の場合、残業になってお迎えが遅くなってしまったり、学校行事に参加できなかったりすることも。そういった点で、無理に正社員で働かなくてもと考える人も多いかもしれません。

子育て中に正社員で働く3つのメリット

子育て中に正社員で働くのは難しいと感じている人が多い反面、子育て中に正社員で働くメリットが大きいのも事実。そこで、主な3つのメリットをご紹介します。

経済的に余裕ができて生活が安定する

共働きで、ママも正社員の家庭は、収入が増えるので経済的にも余裕ができます。現在の生活が安定することはもちろんですが、子どもの将来のために使えるお金も増えるでしょう。

子どもの教育や進学などに使えるお金に余裕ができて、選択肢が広がるというメリットもあります。

仕事が自分の自信につながる

正社員として責任のある仕事をすることで、自分のキャリアや自信につながるのも大きなメリットでしょう。また、子育てだけの生活よりも仕事をすることで気分転換になるという人もいます。

子どもと適度な距離感を保つことで、楽しく子育てができるのも正社員のメリットといえるでしょう。

子どもが保育園に入園できる優先順位が上がる

両親が正社員で働いていると、保育園に入園できる優先順位が上がります。子どもを認可保育園に入園させる時の選考は、家庭状況を加味したポイントによって行われるからです。

一般的な選考では、両親が1日8時間以上、週5日以上働いている場合に点数が高いという基準があるなど、共働き世帯が優先される傾向にあります。保育園の待機児童問題が話題になっている今、優先順位が上がるのはメリットだといえるでしょう。

子育てのサポートを上手に利用しよう

子育て中に正社員で働くときには、子育てのサポートを上手に活用すると安心です。これから、子育てのサポートについてご紹介します。

会社の育児短時間勤務制度を活用する

会社の育児短時間勤務制度を活用するのも良いでしょう。この制度は、2009年の育児・介護休業法改正によって会社への導入が義務付けられています。

これは、1日の所定労働時間を「原則6時間」に時短する制度のことで、3歳未満の子どもをもつことが、制度を活用するための条件のひとつです。勤務が6時間になることで保育園のお迎えや家事もしやすくなり、時間に余裕が生まれるでしょう。

自治体のサポートを利用する

住んでいる地域の自治体のサポートを利用するのもおすすめです。

例えば、千葉県千葉市では、子育て短期支援事業で「トワイライトステイ」という、夕方や夜間に子どもを預かってくれるサポートがあります。このサポートを利用すれば、午後5時から翌朝10時まで子どもを預かってもらうことも可能です。

仕事の残業が心配という場合には、こういったサポートがあることを知っておくだけでも、気持ちが楽になるでしょう。

子育て中もメリットの多い正社員で働こう

子育て中に正社員で働くことには、たくさんのメリットがあります。子育てのサポートをうまく活用することで、正社員として働きやすい環境は作れるもの。

子どもの将来や家族のことも考えながら、自分らしく働ける方法を探してみてくださいね。