最近は、筋肉をつけたいという人だけでなく、妊婦にもおすすめのプロテイン商品が売られています。妊婦は、普段より多めのタンパク質が必要なため、手軽にタンパク質を摂取できるプロテインは人気があります。

しかし、「妊婦なのにプロテインを摂取しても大丈夫?」と一抹の不安が残るのも事実。そこで本記事では、プロテインの原料や妊婦にプロテインをおすすめする理由を説明します。

そもそもプロテインとは

ここでは、プロテインの原料や妊娠中に必要なタンパク質について説明しましょう。

プロテインとはタンパク質である

プロテインを筋肉増強剤や薬の一種と思っている人もいるかもしれませんが、プロテインはタンパク質そのものです。主に、牛乳を主原料としたホエイプロテイン(動物性)と大豆を主原料としたソイプロテイン(植物性)の2種類にわけられます。

妊婦がプロテインを摂取することは問題ない

妊婦がプロテインを摂取することに問題はありません。昨今は、価格やフレーバーなど多くの種類のプロテインが市場に出回っており、選ぶのに迷ってしまうほど。妊婦や子どもも安心して飲めるオーガニックプロテインもありおすすめです。

妊婦が必要なタンパク質の量

厚生労働省によると、推奨される1日のタンパク質摂取量は、大人の女性で50gとされています。妊娠中は、この摂取量に加えて、妊娠中期には+10g、後期では+25gのタンパク質が必要です。

妊婦がタンパク質を増やすべき理由とは

妊婦が普段より多めのタンパク質を必要とするのは、次のような理由からです。

赤ちゃんの成長のために必要

タンパク質は、人の体の土台となる筋肉や血液のもとです。お腹の赤ちゃんは、妊娠中期を過ぎるとぐんぐんと成長するため、赤ちゃんのためにも普段より多めのタンパク質を摂る必要があります。プロテインより肉や魚、卵などから新鮮なタンパク質を摂ったほうが良いのですが、妊娠中は食欲が落ちることも。「タンパク質不足なのでは…」と心配なときは、プロテインで補給しましょう。

妊婦の貧血予防につながる

妊婦を悩ませる症状のひとつが貧血です。貧血は、立ちくらみや頭痛、めまいなどの原因となります。鉄分を多く含む食品を摂ることも大事ですが、鉄分の吸収を助けるタンパク質やビタミンCも欠かせません。このように貧血予防のためにも、タンパク質は必須なのです。

食事でタンパク質が不足したらプロテインを

妊娠中は、妊婦やお腹の赤ちゃんのために、普段よりタンパク質や鉄分などを多めに摂る必要があります。しかし、食欲が落ちて食事で十分なタンパク質を摂れないといった場合は、プロテインで補給することをおすすめします。