妊娠中に控えるべきカフェイン。妊婦さんがカフェインを摂取しすぎると、母体だけでなくお腹の赤ちゃんにまで悪い影響を及ぼすことがあるため、妊婦さんはできるだけ避けたい飲み物です。

そこで今回は、妊娠中でも美味しく飲めるノンカフェインの飲み物を紹介します。

大量カフェインの摂取がNGな理由

なぜ、妊婦さんにカフェイン入りの飲み物がダメなのかよく分からないですよね。ここでは、大量カフェインの摂取がNGな理由を紹介します。

赤ちゃんの発育に影響が出ることも

妊婦さんが摂取したカフェインは、胎盤を経由してお腹の赤ちゃんにも移行します。その結果、赤ちゃんの低体重の原因になることも。

また、今のところまだ明確な関連性は証明されていませんが、赤ちゃんの発育不良につながる可能性があることも指摘されています。

流産する可能性がある

妊娠中にカフェインを多く取りすぎると、流産の危険性が高まるといわれています。アメリカの研究データによると、1日に200mg以上摂取すると流産の確率が2倍になったという報告も。

お腹の赤ちゃんの命に関わることなので、妊娠発覚後はカフェイン入りの飲み物を控えるのが無難です。

おすすめのノンカフェインの飲み物

ここからは、妊娠中でも飲めるノンカフェインの飲み物を紹介します。

麦茶

1年通して活躍する麦茶。カフェインが含まれていないので、妊娠中も安心して飲むことができます。また、麦茶にはミネラルも豊富に含まれているため、血行不良に陥りやすい妊婦さんに必要な栄養素を手軽に摂取することも。

自宅で簡単に作れるため、家計にやさしいのも嬉しいポイントです。

たんぽぽコーヒー

コーヒーはカフェイン入りなので妊娠中は飲むことを諦めている人も多いですが、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーなら安心して飲めます。

コーヒーと比べると若干飲みづらさはありますが、ほかの穀物を合わせた飲みやすいものも。冷え性改善の効果も期待できるので、ぜひ試してみましょう。

ルイボスティー

ハーブティーが好きなら、妊娠中でも飲めるルイボスティーがおすすめです。ノンカフェインはもちろんのこと、カルシウムや鉄分など妊婦さんが不足しがちな栄養素も豊富に含まれています。

また、ルイボスティーに含まれるポリフェノールには悪玉菌の増加を抑制する働きがあるため、美味しいだけでなく便秘改善にも効果を発揮してくれる優れものです。

妊娠中はノンカフェインの飲み物を楽しもう!

妊娠中はカフェイン入りの飲み物が飲めなくなるため、つらいと感じる人も多いでしょう。しかし、ノンカフェインでも美味しい飲み物は数多くあり、中には、冷えや便秘改善の嬉しい効果が期待できるものもあります。

ぜひお気に入りを見つけて、ノンカフェインの飲み物を楽しみましょう!