こんにちは、[みーこパパ]です。ロゴスの2022FW新製品展示会があり、取材にお邪魔してきましたので2つの記事でご紹介します。前編となる今回は、2021年6月から先行販売される商品とテレワーク向け商品を中心にご紹介します。展示会にはハピキャン公式YouTubeチャンネルも取材に入りましたので、記事の最後に動画も同時公開していますよ!

ロゴス2022展示会 新商品だけでも100以上!

2021年2月に都内で開催されたロゴス2022新製品展示会は、新商品だけでも何と100点以上の豊富なラインナップがずらりと並んでおりました。とても全ては紹介しきれませんので、前編と後編に分けて、私みーこパパが気になるアイテムをピックアップさせてもらいます。

今回の前編記事では、2021年6月から先行販売されるアイテムとテレワークにピッタリなアイテムをご紹介します。

【ロゴス注目の新製品1】Tradcanvas AKUBI シェルター (難燃C-SPUN)

まずはこちらのシェルター。Tradcanvas AKUBI シェルター 難燃C-SPUNです!大きな開口部が特徴的な、AKUBIシリーズの新商品。

設営が簡単なトンネル型のフレームで、後部は開かず締め切りです。裾にはスカートが付いて、雨風の吹き込みを軽減。この後部を風上にして設置すれば、雨風をしのげるプライベート洞窟を作れるという商品ですよ。

昼間は景色の良い方に向けて過ごし、夜は車を開口部前に移動して風よけにしてもいいかもしれませんね。

この写真では2人用の2ドアルームテント DUO-BJを入れて寝室にして、前はリビングに。縦向きにすれば、2つ並べられそうです。3人用の2ドアルームテント L-BJも、横向きで設置可能です。

シェルターの生地には、新素材の難燃性クラシコスパンクロスを使用しています。これは天然繊維に近い風合いを持つ、ロゴス独自の化繊素材。化繊なので水分に強く、もし火の粉が付着しても燃え広がりにくい難燃加工も施されています。厚みもポリエステルに比べて約3倍と分厚く、万一破れても穴が大きく広がらないリップストップ生地です。

・・・という説明が展示品に書いてあり、ロゴス広報のどっちゃんもYouTubeの取材対応いただいた際はこれを読み上げていました!

冷たい風を遮るだけで、秋冬キャンプの快適性はかなり違ってきます。周りが囲まれた空間が落ち着くのは動物の本能ですので、このシェルターもぐっすり安眠できそうですね!

こちらの Tradcanvas AKUBI シェルター 難燃C-SPUN は2022年モデルの先行販売アイテムとなっており、2021年6月から先行販売開始の予定です!

サイズ 幅400×奥行300×高さ200(155)cm
収納サイズ 幅18×奥行18×高さ73cm
重量 約8.0kg
素材 フレーム:アルミ合金
シート:難燃性クラシコスパンクロス(耐水圧1000mm)
標準税込価格 ¥69,300
Tradcanvas AKUBI シェルター 難燃C-SPUN

【ロゴス注目の新製品2】LOGOS 鉄の職人シリーズ

続いては鉄製の無骨なクッカー、LOGOS 鉄の職人のご紹介です。左側に写っているのは収納ケースではなく、ソロ用クーラーバッグです。こちらについては後ほど。

●LOGOS 鉄の職人グリルパン 13/16

LOGOS 鉄の職人グリルパン 13/16。直径13cmと16cmの、無骨な鉄製フライパンです。

分厚い鉄をヘラで絞って形を作る、ヘラ絞り加工で作られています。鋳鉄に比べて圧倒的な軽量化を実現しました。持ち手も軽量化のため短めかつシンプルに。

燃え盛る焚き火に突っ込むような高火力にも耐え、IHでも使えるので自宅でも活躍します。

サイズ 幅13×奥行22×高さ6.2cm(取手含む)
重量 約230g
内寸 直径13/9.5×高さ2.3cm
主素材 スチール
標準税込価格 ¥3,190
LOGOS 鉄の職人グリルパン13
サイズ 幅16.3×奥行25.4×高さ7.2cm(取手含む)
重量 約340g
内寸 直径16/12×高さ3cm
主素材 スチール
標準税込価格 ¥3,740
LOGOS 鉄の職人グリルパン16

●LOGOS 鉄の職人ダッチ

こちらもヘラ絞り加工で作られたダッチオーブン、LOGOS 鉄の職人ダッチ。容量は約1.2L、6インチ相当の大きさ。同サイズの鋳鉄製よりも軽量に仕上がっています。

鉄の分厚さが写真で伝わるでしょうか。ハンドルが鍋の内側に貫通していますね。ダッチオーブンとしての気密性が気になりますが、ハンドル部分の隙間がすごく大きいわけではないので炊飯ぐらいなら問題なさそうです。

フタは浮かせた状態でテーブルに置けるような形になっています。長く使える無骨な鉄製ダッチオーブン、ソロキャンプのおともに良さそうですね。

グリルパン2サイズとダッチ、いずれも2021年6月から先行販売開始予定です!

サイズ 幅19×奥行17×高さ16.5cm(取手含む)
重量 約1.8kg
内寸 直径15.6/11.5×高さ9.7cm
主素材 スチール
標準税込価格 ¥9,790
LOGOS 鉄の職人ダッチ

【ロゴス注目の新製品3】ハイパー氷点下クールマスター・S(アーバン)

ロゴスの大ベストセラー商品、ハイパー氷点下シリーズの新商品。ハイパー氷点下クールマスター・S(アーバン)です。長時間保冷が可能なソフトクーラーバッグで、容量は6.5L。

1泊ソロキャンプにちょうどいいサイズです。もちろんファミリーキャンプでのサブクーラーとしても問題ありません。ロゴスの氷点下パックと併用すれば、アイスクリームを持ち運ぶことも可能です。

保冷力を求めすぎてとっても開けにくいクーラーも世の中にはありますが、ファスナーで開閉でき、フタは取り扱いも簡単です。

写真手前のように、かなり小さく折りたためるのもポイント。肩掛けベルトもあり、キャンプ以外の日常用途でも役立ちそうですね。

サイズ 幅27.5×奥行23×高さ21.5cm
収納サイズ 幅27.5×奥行10×高さ20.5cm
重量 約730g
内寸 幅24×奥行16×高さ17cm
主素材 EVA、PP、PE、PVC、ナイロン、ポリエステル
標準税込価格 ¥9,790
ハイパー氷点下クールマスター・S(アーバン)

【ロゴス注目の新製品4】抗菌防臭 セルフインフレートマットカバー・SOLO/DUO

こちらも2021年6月からの先行販売商品、既存のセルフインフレートマットに被せて使うカバー、抗菌防臭セルフインフレートマットカバーです。1人用のSOLOサイズと2人用のDUO、色はブルーとベージュの2色展開です。

裏側は滑りにくい加工がされているほか、DuPont社の抗菌処理技術SILVADUR™を採用。雑菌の繁殖を抑え、快適な眠りを約束します。

素肌で直接触れた時ですが、ポリエステル表皮マット特有のペタペタする感じがなくなり、肌触りもよくなりますよ。

サイズ 幅54.5×奥行180.5×高さ3cm
収納サイズ 直径10×高さ17cm
重量 約330g
構成 マットカバー、収納袋
主素材 コットン、ポリエステル、PVC
カラー ブルー・ベージュ
標準税込価格 ¥3,960
抗菌防臭 セルフインフレートマットカバー・SOLO
サイズ 幅130×奥行185.5×高さ3.5cm
収納サイズ 直径13×高さ18cm
重量 約710g
構成 マットカバー、収納袋
主素材 コットン、ポリエステル、PVC
カラー ブルー・ベージュ
標準税込価格 ¥5,940
抗菌防臭 セルフインフレートマットカバー・DUO

【ロゴス注目の新製品5】LOGOS 六角薪だんろストーブ

ロゴスからも薪ストーブが登場です!2021年6月から先行販売となるLOGOS 六角薪だんろストーブ。持ち運び可能な野外専用のストーブです。薪ストーブは筆者が個人的に好きなキャンプギアのため、特に写真多めでご紹介します。

ストーブ本体は分厚くがっしりしたステンレスで、耐熱ガラスが6角形の2面にあり、燃える炎を斜め上から見て楽しめます。イスに座った時に、ちょうど見下ろせる角度ですね。

バックル型留め具でドアは下に開き、薪を投入できます。美しい炎を見るなら、炉に対して太い薪を1本入れるのではなく、細めの薪を入れた方が楽しめそうです。

炉内には効率の良い燃焼を促すロストル入り。頑丈な鉄製です。

脚は折りたたんで、使う時には開いて地面からの距離を確保できます。

灰受けトレーだけを引き出して、掃除することができます。これは連続で長時間使う時に便利。

煙突を外してゴトクをセットすれば、ロケットストーブのような形に変形。ここで調理が可能です。本体の天板はロック金具がありますので、小さめの鍋なら載せられます。

煙突は3本継ぎで、持ち運ぶ際は炉内に収納できます。3本使った最大の高さが92cmとそれほど高くないので、特にロープで煙突を支えなくても安定しています。

薪の爆跳を気にせず、身体に当たる煙も少なめで炎を楽しめるLOGOS 六角薪だんろストーブ。6月の先行販売が待ち遠しいですね!

総重量 約7.7kg
サイズ 幅44.5×奥行24×高さ35/50/71.5/92cm
収納サイズ 幅43.5×奥行28.5×高さ32cm
内部奥行 約37cm
構成 本体、ロストル、煙突、チムニーゴトク
主素材 ステンレス、耐熱ガラス
標準税込価格 ¥59,400
LOGOS 六角薪だんろストーブ

【ロゴス注目の新製品6】SHIZUMAN 7075トレックチェア

続いてはコンパクトで軽量なチェア。SHIZUMAN 7075トレックチェアです。一見して分かる通り、脚に布が付いていますね。これが何のためかと言いますと下記の写真をご覧ください。

写真手前がSHIZUMAN 7075トレックチェア、奥側は布のない7075トレックチェアです。接地面積が広くなることで、砂地などでも脚が沈み込まず安定して座れます!

砂地以外に雪など、柔らかい地面で威力を発揮します。480gと軽くて持ち運びやすいので、車を使わないキャンプでも余裕で持ち運びができるのも特徴です。

こちらのチェアも2021年6月から先行販売予定です!

総重量 480g
サイズ 幅24.5×奥行29×高さ48cm
座面高26cm
収納サイズ 幅24.5×奥行4.5×高さ34.5cm
耐荷重目安 約150kg
主素材 フレーム:7075超々ジュラルミン
生地:ポリエステル(PU)
標準税込価格 ¥4,290
SHIZUMAN 7075トレックチェア

【ロゴス注目の新製品7】Old Wooden 丸洗いダイニングテーブル 9060

天板がおしゃれなOld Wooden 丸洗いダイニングテーブル 9060。写真の奥に見えるのが、少し大きい12060サイズ。いずれも高さはハイ・ロー2Wayで使用できます。

何と言ってもフェノール塗装で耐水性があり、丸洗いできるのが特徴です。小さいお子さんや酔っ払ったお父さんが汚しても、水洗いで清潔に。

動画でも触れている通り、短辺に筋交い補強棒が無いので四方向から人が座って足を入れられます。これはテーブルをコタツにする時にも嬉しいですよ。

※ 先行販売は9060、12080の2サイズとなります。

総重量 約3.5kg
サイズ 幅90×奥行60×高さ68/35cm
収納サイズ 幅64.5×奥行49×高さ8.5cm
主素材 フレーム:アルミ
天板:フェノール樹脂
標準税込価格 ¥13,750
Old Wooden 丸洗いダイニングテーブル 9060

【ロゴス注目の新製品8】野電 ボディエアコン・ツインクール

一見するとウエストバッグ。しかしその実態は個人用のアウトドアクーラー!先行販売商品の野電 ボディエアコン・ツインクールです。

裏返すとファンが2基入っておりまして、既存のボディエアコン製品よりも多くの風を取り込めるように進化。内部には冷やした氷点下パック・コンパクト(別売り)を仕込んで、冷風効果をさらに増加できるようになっています。

衣服にファンが付けられたファン付き作業服という商品がありますが、このボディエアコンは着る服を選びません。お持ちの雨具、Tシャツ、作業着、なんでもファン付き作業服にしてしまえるんです。新鮮で冷たい空気を衣服に取り込み、汗をかいてもすぐ蒸散させることで、体温を下げて熱中症リスクを下げる効果があります。

洗濯もするのも服だけで済み、家族で使い回すことも。電源はUSBモバイルバッテリーですので、稼働時間はバッテリー容量に準じます。

野電 ボディエアコン・ツインクールはライトグレー・ブラック・オリーブの計3色で発売。熱中症対策の最終兵器です!

総重量 約300g
商品サイズ 幅41×奥行10×高さ11cm
対応ウエストサイズ 約53-96cm
付属延長ベルト使用時 +20cm
収納サイズ 幅14×奥行12×高さ21.5cm
電源 USB
作動電流 ※開発中
対応バッテリー USB 5V 1.0/1.5/2.0/2.1A
作動時間目安 ※開発中
主素材 ABS、ポリエステル TPU
標準税込価格 ¥13,970
野電ボディエアコン・ツインクール
ブラック/ライトグレー/オリーブ

【ロゴス注目の新製品9】LOGOS グレートたき火グリル

こちらも2021年6月からの先行販売商品、LOGOS グレートたき火グリル。分厚いステンレス製の、BOX型焚き火台です。

壁面はステンレスメッシュやロゴスマーク型の開口部で酸素を取り込み、燃焼効率の向上以外に焚き火最中の見た目にもこだわりました。

分厚い鉄製ゴトクと、ステンレス焼網も付属し薪調理にも使えます。組み立ても10秒ほどで可能。

堅牢な造りでハードな使用にも耐えられる、グレートなたき火グリルです!

総重量 約6.7kg
サイズ 組立時:幅41.5×奥行26.5×高さ28cm
焼網:幅32×奥行23cm
ゴトク:幅32×奥行22.3cm
収納サイズ 幅36.5×奥行23.5×高さ10cm
構成 本体、焼網、ゴトク、収納バッグ
主素材 ステンレス、スチール
標準税込価格 ¥53,900
LOGOS グレートたき火グリル

【ロゴス注目の新製品10】テレワークに最適・ロゴスのテーブル&チェア

2020年は、自宅で仕事をするテレワークが推奨された年でした。アウトドア用のテーブルやチェアを自宅での仕事用に流用したキャンパーさんも多かったのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、アウトドアメーカー・ロゴスがテレワーク用に作った商品です。

●Tracksleeper ワークアイアン100kテーブル

厚さ12mmの板を天板に使用した、Tracksleeper ワークアイアン100kテーブル。強度のあるスチールフレームを使用した、揺れにくい折りたたみテーブルです!

アウトドア用のテーブルとは違い、天板は一枚の板です。重量はアルミを主素材にしたテーブルより重く、収納時もアウトドア用に比べると大きくなります。しかし作業性の良さは段違いですね。

総重量 約11.6kg
サイズ 幅114×奥行70×高さ72cm
収納サイズ 幅116×奥行72×高さ5cm
耐荷重目安 約80kg
主素材 フレーム:スチール
天板:プリント紙化粧合板(メラミン樹脂塗装)
標準税込価格 ¥19,800
Tracksleeper ワークアイアン100kテーブル

●Tradcanvas ワークバックチェア

収束式の折りたたみチェア、Tradcanvas ワークバックチェア。こちらも軽量化よりも安定性と強度を重視した、テレワーク向け商品です。

鉄フレームの腰部分が湾曲し、生地が腰を支えるランバーサポートになっています。テレワークでは朝から晩まで長時間座りっぱなしになることも少なくないので、腰が痛くなりにくいチェアはありがたいですね!

総重量 約5.3kg
サイズ 幅80×奥行63×高さ104(座面高46)cm
収納サイズ 直径23×高さ104cm
耐荷重目安(静止) 約150kg
主素材 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)
標準税込価格 ¥9,790
Tradcanvas ワークバックチェア

ロゴス2022新製品をYouTube動画でもチェック!

ロゴスファンにはおなじみ、ロゴス公式YouTubeチャンネル[「おそロゴス」]。ロゴスの社員どっちゃんときゃなこが、ロゴス商品を面白おかしく紹介する動画です。ハピキャンYouTubeチャンネルにてお2人に展示会のレポートをしていただきました。友達のような2人の掛け合いが面白いので、ぜひご覧ください!

今回は先行販売商品を中心にご紹介しましたが、2022年の新商品だけでも100点以上あり、とても全ては紹介しきれませんでしたので、ぜひ[ロゴスのWebサイト]や、お近くのロゴスショップを覗いてみてください。

▼ [後編]となるPart.2では、2022年限定商品を中心にご紹介します!

※ 今回紹介したアイテムは、2021年秋発売予定です(先行販売アイテムは、2021年6月発売予定)。

仕様や価格は2021年2月時点の情報のため、変更、および発売延期・中止になる場合があります。