「自然の森野営場」とは群馬県みなかみ町にある無料のキャンプ場です。みなかみ町が管理しており、利用する場合、予約は必要ありません。電気・水道・電波はなく、あるのはトイレのみです。標高1,400mのブナ林の中にあり、キャンプ場内にとても綺麗な川があります。そのため、ブナ林のハイキングや渓流釣りも同時に楽しむことができます。高規格なキャンプ場と比べると何もないですが、一度行くとまた行きたくなる、そんな自然の森野営場の魅力&注意点をご紹介します。

何もないことを楽しむ! 筆者おすすめの無料キャンプ場・群馬県「自然の森野営場」の3つの魅力

●魅力1:電気・水道・電波がない! 不便を楽しむのがキャンプの醍醐味

キャンプ場内にある設備はトイレのみです。

電気・水道はなく、携帯も圏外なので電波もありません。不便だな、と思うかも知れませんが、この不便を楽しむことがキャンプの醍醐味だと思います。

電気の代わりに綺麗な星空、水道の代わりに夏でも指先が痛くなるくらい冷たい川の水、携帯が使えない分、普段より弾んだ家族や仲間との会話があなたを待っています。

水道がないので、万が一飲み水がなくなった時用にコチラの浄水ボトルを持っておくと安心です。

●魅力2:本格的な渓流釣りが楽しめる

キャンプ場内を流れる川で本格的な渓流釣りが楽しめます。

※釣りを行う際は事前に遊漁証を購入しましょう。

取材時に出会った釣り人が釣った、ニッコウイワナの写真を撮らせて頂きました。大漁です。

ニッコウイワナは水温の低い冷水域で綺麗な川にしか生息できません。今では珍しい天然イワナを狙ってみてはいかがでしょうか。

手軽に渓流釣りを始めたい人には、フライ道具セットがおすすめです。

●魅力3:道路が整備されているのでSUVでなくても大丈夫

山奥のキャンプ場だと荒れた砂利道を通ることが多いかと思いますが、ここはアスファルトでしっかりと整備された県道沿いにあるため、SUVでなくても問題ありません。

水上ICから距離はありますが、安心してキャンプ場までの道のりをドライブすることができます。

筆者おすすめの無料キャンプ場「自然の森野営場」の設備とアクセス方法を紹介

●アクセス方法の紹介

関越道水上ICから車で50分かかります。

みなかみの街中を抜けるとコンビニ、スーパー等はありませんので事前に食料品等は購入しておきましょう。

水上ICからキャンプ場までの道のりには、日本一の温泉に選ばれたこともある宝川温泉(映画テルマエ・ロマエの撮影にも使われています)や複数のダム湖など観光スポットが多くあるので、寄り道してみることをおすすめします。

日帰り入浴が可能な宝川温泉・宝川山荘は混浴ですが、2019年4月より全利用者湯浴着着用になりましたので、混浴に抵抗がある人でも気軽に利用できます。

ファミリーの場合は家族全員で一緒に入れるのでおすすめです。(湯浴着は女性は長めのキャミソール風の物、男性は紐で端部を結べるタオルです)

数年前まで熊を飼っていて檻の中に入った熊を見ることができましたが(昔は観光客と一緒に温泉に浸かっていたそうです)残念ながら亡くなってしまったそうです。

【宝川温泉・宝川山荘】

  • 営業時間9:00-17:00(受付は16:00まで)
  • 日帰り入浴あり/混浴(湯浴着を着用)
  • TEL:0278-75-2614 (山荘受付直通)
  • 公式サイト:https://www.takaragawa.com/higaeri.html

●自然の森野営場の設備紹介

まずはキャンプエリアの様子からご紹介します。

取材時は連休中ということもあり、賑わっていました。

メインの広場と川に降りていく道のりの途中にある空き地にも、テントをたてている人やたてられるスペースがありました。

トイレはこのような感じです。

トイレは山奥の無人キャンプ場とは思えない綺麗さで、利用者のマナーの良さが感じられました。

水洗トイレで、女性用のところには中に着替えスペースがあります。

場内を流れる川は、こんな感じです。

夏場でもとても冷たいです。水深が浅いので子供の水遊びでも遊ばせることができます。

ただし、ヒルなどの危険な生物もいますので注意が必要です。

群馬県・おすすめ無料キャンプ場「自然の森野営場」を利用する際の注意点

●1)野生動物に注意! 熊などの対策をしていきましょう

一番注意したいのは、野生動物の存在です。

特に熊の生息範囲内なので十分注意しましょう。夜間など、元から人気のない場所ですので襲われても助けは来ません。

もちろん、携帯も圏外なので助けを呼ぶことも難しいでしょう。

自然の中での生活ですので、自分の身は自分で守らなければなりません。

クマ出没エリアの必須アイテム「クマよけ鈴」を持って行きましょう!

熊と出会った時、最後の手段となる「熊撃退スプレー」も持っておきましょう。

●2)川の増水などの自然災害に注意

次に、自然災害です。山間部なので天気予報にない急な夕立などが頻繁に起きます。

そのような時は決して川には近づかないようにしましょう。濁流になると普段の大人しい小川も表情を変えます。

また、雨が降った場合は土砂災害にも注意が必要です。

標高が高いので夏場でも日が落ちれば気温が下がります。防寒対策も忘れずに準備しましょう。

●3)利用期間は要確認! 冬季は閉鎖

最後に、利用期間についてです。豪雪地帯のため、冬季は閉鎖されます。(そもそも道路自体も閉鎖されます)

開設期間は6月1日〜11月30日までです。

ただし、11月の末辺りから雪が降ることがありますので、11月に行く人は念のためスタッドレスタイヤを着用することをおすすめします。

群馬県「自然の森野営場」は、キャンプになれた上級者におすすめ!

注意点では少し脅すようなことを書きましたが、危険なことをしなければ最高のキャンプ場です。

夏でも涼しく川の水も綺麗、ブナ林に囲まれたサイトでは心が落ち着きます。夜になると満天の星空をつまみに飲むお酒は格段に美味しいでしょう。

携帯の電波も入らないので、仕事などの電話に怯える必要もありません。日頃の生活に疲れ果て、気分転換に非日常を味わいたいキャンパーにピッタリな場所なのです。

補助設備は何もないので上級者向けですが、ソロ、ファミリーなどのスタイルに関わらず誰もが楽しめる場所ですので、是非、群馬県自然の森野営場へ行ってみてはいかがでしょうか。

【群馬県・自然の森野営場】

  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原
  • 開設期間:6/11-11/30
  • 問い合わせ:0278-62-2111(みなかみ町観光商工課)
  • 公式サイト:なし

▼群馬県のキャンプ場はこちらもチェック!