こんにちは![bambi夫婦]です。冬場のキャンプは暖をとるために、焚き火に近づきたくなりますが、問題は火の粉が飛んでくること…。お気に入りのウェアやチェアに穴が開いてしまった辛い経験はないでしょうか。しかし、筆者が購入したナンガの「タキビダウンパンツ(別注モデル)」なら、難燃素材により、焚き火の近くでも心配無用です。今回は実際に焚き火をしながら使ってみましたので、その魅力をご紹介します。

ナンガの「タキビダウンパンツ(別注モデル)」は焚き火に強く燃えにくい難燃素材!しかも汚れにくい

ダウンシュラフで有名なナンガですが、ダウンウェアにおいても高パフォーマンスな逸品として知られています。

まずは、ナンガ 「タキビダウンパンツ(別注モデル)」についてのスペックを説明します。

【商品詳細】ナンガ タキビダウンパンツ(別注モデル)

サイズ XS、S、M、L、XL
表生地 難燃素材:ポリエステル93%、アラミド繊維7%
裏生地 50dnポリエステル100%
羽毛 ダウン80%・フェザー20%
FP(フィルパワー) 650FP
ダウン量 30g
カラー チャコール、カーキ、コヨーテ、サンドベージュ

別注モデルは、着まわしやすいシンプルさに燃えにくく、汚れにくい生地を採用したダウンパンツ。

別注モデルとはいえ、高品質なダウンである「スペイン産ホワイトダックダウン」の羽毛が100%使用されています。

また、フロントポケットは大きめであるので、収納力もあり、何かと小物類を持つ筆者にとってはありがたい作りです。

裾はテーパードシルエットで、絞られた形状になっています。

フロントとバックポケットの見えやすいところにナンガのネームタグがあって、かっこいいですね。

ちなみに筆者が購入した(別注モデル)はナンガの公式オンラインショップではなく、以下のAmazon等の各オンラインサイトで購入できます。

ナンガの「タキビダウンパンツ(別注モデル)」と他モデルとの比較

筆者が購入した「別注モデル」とナンガのオンラインショップに販売されている「ナンガモデル」と何が違うのかスペックを比較してみました。

別注モデル ナンガモデル
表生地 ポリエステル93%、アラミド繊維7% ポリエステル、アラミド混紡
裏生地 50dnポリエステル100% 40dnナイロンタフタ
羽毛 ダウン80%・フェザー20%(650FP) 30g DXUDD(スパニッシュダックダウン90-10%) 超撥水加工
FP(フィルパワー) 650FP 770FP
ダウン量 30g 60g

まず、どちらのモデルも難燃性である「タキビ生地」が採用されています。

タキビ生地は、ナンガ独自で繊維を配合し、化学繊維の弱点である「燃えやすさ」を克服。

つまり、焚き火の火の粉から飛んできても燃えにくくなっています。

次に主な違いについて説明します。その違いは2つあり、「FP(フィルパワー)」と「ダウン量」です。

「FP」とは、ダウンのランクを表す指標で、数値が高いほど暖かく良質なダウンと言えます。

ナンガモデルに対して、別注モデルは650FPと少し低い値になりますが、一般的に600〜700FPのダウンは良質とされていますので、どちらのモデルも良質なダウンが使われています。

ダウン量に関しては、多ければ多いほど暖かくなりますが、別注モデルは30g、ナンガモデルが60gと2倍の違いがあります。

30gでも冬キャンプで履けるのかは、このあとのレビューで解説しますね。

また、別注モデルはスタイリッシュなシルエットしている一方で、ナンガモデルは、カーゴパンツのデザインが特徴的です。

▼「ナンガモデル」

スタイリッシュなナンガ 「タキビダウンパンツ(別注モデル)」の使用感をレビュー!

実際に最低気温3℃の環境下で、ナンガ 「タキビダウンパンツ(別注モデル)」を履いて、焚き火をしてきました。

キャンプでの使用感や暖かさについて、率直なレビューしたいと思います。

●【魅力1】ナンガのダウンパンツシリーズの中では価格が安め!

なんと言っても価格が魅力的!

ナンガのオンラインショップにあるダウンパンツ(ナンガモデル)のお値段は3〜4万円以上します。

一方で、別注モデルは2万円強であり、ナンガのダウンパンツシリーズの中では、比較的価格が安いです。

おそらく価格が安い理由としては、先ほどの2つの違いである「FP」と「ダウン量」だと思います。

FPはどちらも良質なダウンであり、別注モデルの方がダウン量が少ないものの、実際にキャンプで履いてみたら、暖かくて快適でしたよ!

ナンガモデルの60gの方が、より暖かく感じるのかもしれませんが、別注モデルの30gでも暖かく冷えを感じることはありませんでした。

価格と性能のバランスがとれていると思いますね。

●【魅力2】難燃素材なので安心して焚き火を楽しめる

ナンガの難燃素材である「焚火」は、高い耐火性を持っているので、火の粉が飛んでてきても燃えにくく、穴が開く心配が少なく、焚き火を思いっきり楽しめます。

冬場の焚き火は暖をとるために、近づきたくなりますし、薪を燃やす量も普段よりも多くなりがちなので、火力も上がることで火の粉も飛びやすくなります。

そんなときでも、火の粉から守られている安心感と、ダウンと焚き火の暖かさを同時に感じることができ、寒さ対策としてバッチリでした。

まさにキャンパーのために作られたダウンパンツですね!

注意:難燃素材を使用しておりますが、不燃素材ではありません。熱により焦げたり、溶けて穴が開くことがございますので、焚き火で使用する際は十分にご注意ください。

●【魅力3】タイトなシルエットだからタウンユースとしても活躍!

一般的なダウンパンツは、モコモコしたシルエットをしています。人によって好みが分かれると思いますが、着膨れしてしまってスマートに見えないのがデメリット。

一方で、別注モデルはタイトなシルエットをしており、街着としても十分に似合います。

軽くて暖かいうえに楽ちんなので、軽量性、機能性、ファッション性が優れたダウンパンツです。

あと筆者が気に入っているポイントは、ダウンパンツの光沢感はなく、表面にマット感があること。見た目もシックでおしゃれです。

これならキャンプ帰りにそのまま観光地やショッピングにも行けますね!

ナンガの「タキビダウンパンツ(別注モデル)」をおすすめする人

性能や価格、ファッション性を兼ね備えたナンガ 「タキビダウンパンツ(別注モデル)」は、特にこんな人におすすめします。

●焚き火を安心して楽しみながらダウンの暖かさを感じたい人

寒い冬キャンプで焚き火を安心して楽しみ、高品質なダウンの暖かさも感じたいという人におすすめです。

ダウンパンツの素材で多く使われるポリエステル繊維の原料は、石油で非常に燃えやすい素材となっていますが、タキビ生地が採用された別注モデルは、キャンパーに最適なダウンパンツとなっています。

筆者のように、焚き火をしながら、ウェアに穴が開いてしまわないかと心配してしまう人なら特におすすめしたいですね!

●ナンガのダウンパンツを低予算で履いてみたい人

ナンガはダウン製品メーカーで、性能や品質の高いことで有名ですが、ほとんどの商品は価格が高くて、なかなか手が出しづらいのではないしょうか。

別注モデルは、ナンガ商品の中でもお求めやすい価格ですので、「ナンガのダウンパンツを履いてみたい!」という人には特におすすめ。

筆者もそうですが、「一度は使ってみたいんだけど、価格が高い」と思い、購入するか躊躇していました。ただ、魅力的な価格だったのでついに購入しました!

また、実際に履いてみないと、その凄さを実感できないこともあるかと思いますので、最初のナンガのダウンウェア商品として、買ってみるのも良いと思いますね。

●スタイリッシュにダウンパンツを履きたい人

別注モデルは、マットな生地とダボつきをなくしたタイトなシルエットなので、スタイリッシュに履きたい人におすすめです。

裾の部分もテーパードシルエットになっており、スニーカーやブーツでもすっきりとしたスタイルに見えます。ブーツにインして履くこともできますね!

また、実際にキャンプで使ってみたら足首からの冷気をブロックし、冷えも低減されます。ファッション性だけでなく、寒さを低減する細かな仕様であり、機能的です。

おしゃれなダウンパンツは、街着としても使えますので、キャンプ帰りにショッピングによく行かれる人にも向いていますよ。

ナンガの「タキビダウンパンツ(別注モデル)」はおしゃれでキャンプ&タウンユースとしても活躍!

今回はナンガのタキビダウンパンツ(別注モデル)をご紹介しました。

別注モデルは、タイトなシルエットとマット感により、おしゃれに仕上がったダウンパンツ。キャンプだけでなく、街着としても大活躍してくれます。そして、ナンガ商品の中でもお求めやすい価格となっています。

暖かいダウンパンツは欲しかったけど、火の粉が心配だった、モコモコとしたシルエットや光沢感が好みではない人が、まさに探し求めていた商品だと思います。

寒い時期のキャンプに、暖かくて難燃素材であるダウンパンツを履きながら、焚き火を思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?

▼冬キャンプにおすすめの「ダウパンツ」はこちらの記事でもご紹介しています!