100円ショップキャンドゥから新作のアルミテーブルが出ていましたので、私アウトドア系YoutuberのFUKUが徹底レビューします。100均クオリティを超えた本格的なテーブでしたよ!

キャンドゥの本格的なアルミテーブルとは

今回は100円ショップキャンドゥのアルミテーブルをご紹介します。

●キャンドゥ アルミテーブルの基本スペックをチェック

ちなみに今まで100円ショップで購入できたテーブルは、プラスチック製など、いわゆる100均クオリティと言われてしまうものが多かったと思います。

これまでは唯一、ダイソーのアルミロールテーブルが本格的な造りでした。

しかし今回、キャンドゥからも本格的なキャンプ用テーブルが発売されました!こちらのアルミボードテーブルです。お値段は税込1,430円。

さすがにこのタイプになると、100円ショップでもこのくらいの値段はしちゃいますね。

これはもはや100均クオリティを超えた本格的なキャンプ用テーブル、または登山用品にもあるような感じのものですよね。むしろこのタイプのテーブルで1,430円というのは現状で最安クラスではないでしょうか。

スノーピークなどの大手メーカーでは結構なお値段だし、それ以外の安く売られているノーブランドの物でも2,000円前後はします。

早速見ていきましょう。

テーブルのサイズは横幅35㎝、奥行25㎝、高さが10㎝。A4サイズよりはちょっと大きいくらい。この大きさならだいぶお買い得感を感じますね。

アルミ天板と細い脚で構成されているので、比較的軽量・コンパクト。そして熱い物を置いても安心感がありますね。あとは数あるキャンプ用のミニテーブルの中では、デザイン性に優れているタイプだと思いますよ。

《キャンドゥ アルミボードテーブル仕様》

展開サイズ:約 幅35㎝×奥行25㎝×高さ10㎝
収納サイズ:約 幅35㎝×奥行14㎝×高さ1.5㎝
甲板の表面材:金属(アルミニウム)
甲板の表面加工:エポキシ樹脂塗装
構造部材:金属(ステンレス鋼)
収納袋:(ポリエステル)
耐荷重:5㎏
製品重量:約530g(収納袋含む)

●組み立てやすさ・強度・デザインをチェック

それでは開けていきましょう。

天板2枚と脚が2本、あと収納袋が入っていました。天板は大きな傷や歪みもなく綺麗な状態です。ステンレス製の脚も問題なさそう。

組み立ててみます。天板の裏を上に向けて2枚を合わせます。

脚の両端を天板の穴に差し込みます。

少し引っ張って穴に入れたら、脚をぐいっと押して引っかける。反対も同じように組み立てます。

はい、できました。

いや〜、カッコいいじゃないですか。このタイプはスマートな見た目をしているので、すっきりしたデザインでおしゃれに見えるんですよね。天板の色がダークグレーというのもいいと思います。

耐荷重は5㎏。天板は薄く脚も細いので、そこまで重みに強くありません。まあ5㎏置ければ、ソロキャンプのテーブルとして問題ない強度かなと思います。

あまり良くないですが8㎏のダッチオーブンを置いてみます。意外と耐えてくれますね。天板は広いです。

A4サイズのテーブルと比べるとかなり広いです。高さもあるので、ローチェアに座って使うには手頃なサイズと高さだと思います。

やっぱりこのテーブルはお値打ちだと思いますよ。このサイズで1,500円以下はほとんどないんじゃないかな。100円ショップは高いものを作っても、他で作るより安く売る力があると思います。普通にアウトドア用品店に置いてあっても良いレベルですね。

他のキャンプ用ミニテーブルと比べてみた

色々置いてみましたが、ソロなら余裕なサイズだし、100円ショップのテーブルにはやっぱり見えません。

これからキャンプを始める人が低予算でキャンプを始めたい時、一応ちゃんとした素材のもので揃えたいなら、今まではダイソーのアルミロールテーブルが唯一かなと思っていましたが、これは充分選択肢に入れて良いと思います。

強度で言えばダイソーのアルミロールテーブルの方が耐荷重もあって良いと思いますが、キャンドゥのアルミボードテーブルの利点は薄型収納で軽いことと、見た目がより洗練されているところですね。

A4サイズのテーブルと比べると、ゆとりが全然違います。A4サイズはザックなんかに荷物を入れて持ち運ぶ方には良いと思います。

少々重いですけどちょっと無骨な雰囲気が良いとか、より頑丈でタフなものが良いならアイアンテーブルも今は小さいサイズが売っています。

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルは定番ですよね。キャンドゥのアルミボードテーブルよりさらに一回り大きなサイズ感。

初心者さんにはこのキャプテンスタッグのアルミロールテーブルもおすすめですが、もう少しスリムでカッコいいものがいいなら、これからはキャンドゥのアルミボードテーブルも良いと思います。

私の最近のおすすめはキャプテンスタッグの「アルミソロテーブル」。他にはない形で、奥行きはそんなにないですが使い勝手は良いです。自分のキャンプスタイルに合わせて、好みの椅子を選んでみてくださいね。

チェアとの相性をチェック

ミニテーブルを使う時は、椅子選びも重要です。いくつかの椅子に座って高さを確かめてみましょう。

まずは一般的によく使われている高さのヘリノックスのチェアワンです。チェアワンだと結構前かがみにならないと使いにくい感じはしますね。

次はヘリノックスのサンセットチェア。ハイチェアとは合わせないほうが良いですね。

次はコールマンのフォールディングチェア。これはアリな感じがします。

最後はヘリノックスのグラウンドチェア。やっぱりこれですね。こういうベリーロータイプのチェアや地べたスタイルに使いやすいテーブルだと思います。

キャンドゥ アルミボードテーブルの特徴まとめ

最後にキャンドゥのアルミボードテーブルの特徴をまとめます。

コンパクト性:良い
組み立てやすさ:普通〜やや面倒
強度:やや弱い
デザイン:良い(主観です)
価格:とても良い

薄型収納で比較的コンパクト。組み立てやすさは微妙なところですよね。もっと簡単に組めるテーブルもいっぱいあるので。コンパクト系の中では普通くらいでしょうか。

強度はそんなに強くなく、必要最低限はあるという感じ。見た目はスリムだし色も良いし、個人的にはカッコいいと思います。価格はこのタイプにしてはかなり安いですね。

●コスパの良いソロ用テーブルを探している人におすすめ!

低価格なのに本格的なキャンドゥのアルミボードテーブル。このカタチならではのメリットと、逆に弱いところもありますが、総合的に見てコストパフォーマンスはとても良いと感じました。ソロ用のキャンプテーブルを予算抑えめで探したい方には選択肢に入れてもいいんじゃないでしょうか。気になる人はぜひチェックしてみてください!