こんにちは、ワークマン公式アンバサダーの[サリー]です。普段使いに便利なトートバッグですが、サイズや重さなど「これだ!」という理想的なバッグは見つからないものです。そこで私サリーがワークマンと共同で新たに「ジョイントトートバッグ」を開発してしまいました。機能性とコスパに優れたトートバッグを今回は詳しくご紹介します。

ワークマンのジョイントトートバッグとは

普段使いができるトートバッグを私サリーがワークマンと共同で開発したのが「ジョイントトートバッグ」です。

1,900円というお手頃な価格だけでなく、実際に使ってみてのおすすめポイントをまとめてみました!

商品名:ジョイントトートバッグ
商品番号:69146
価格:1,900円(税込)
カラー:ブラック・カーキ・ブラウン・オフホワイト
サイズ:上部横43cm、下部横32cm、縦32cm、横12cm
容量:約12リットル

ワークマンのジョイントトートバッグおすすめのポイント

それではジョイントトートバッグをポイントごとにご紹介します。

●A4サイズがすっぽり入る大きさ

ジョイントトートバッグのサイズは、上部横43cm、下部横32cm、縦32cm、横12cmです。

A4サイズの書類や本もすっぽりと入るサイズです。ノートパソコンを持ち歩く方も多いと思いますが、15.6型も収納できます。

逆にこれ以上大きすぎると、電車やバスに乗った時に邪魔になるサイズになってしまいます。このA4が余裕を持って入るけれでも大きすぎない、絶妙なサイズ感にこだわりました。

もちろんマチも12cmありますので、見た目以上に大容量。約12リットル収納できます。通勤通学はもちろん、旅行にも使える大きさです。1泊分の着替え、洗面用具、タオルなどまるっと収めることができます。

またマザーズバッグとしてもおすすめ。哺乳瓶、オムツ、おもちゃ、ママの荷物など持ち運びが楽々です。

●軽量で持ち運びしやすい

生地は重いコットンは避け、軽くて丈夫なポリエステルを採用(ブラックのみ合成皮革)。重量はおよそ370gと軽量です。ノートパソコンなど重い物を入れる場合はただでさえ重くなってしまうので、軽いバッグは重宝します。

カラーはブラック・カーキ・ブラウン・オフホワイトの全4色です。ブラックのみ、表生地が合成皮革で水や汚れに強いモデルになっています。ブラックに関しては他のカラーよりも少しだけ重くなります。

●荷物がこぼれるのを防ぐメインファスナー

今回トートバッグを作るにあたり、ファスナーを付けることはマストでした。実は私、ファスナーなしのバッグで自転車カゴに乗せていて、うっかりスマホを落としたことがあるのです。うっかり落下することや、防犯面でもファスナーは大事です。

価格が安いトートバッグは多数他メーカーから発売されていますが、しっかりとファスナーが付いているタイプで1,900円で購入できるものは少ないと感じています。

●底が汚れにくい

バッグをやむを得ず、地面や床に置く場面もあるかと思います。そんな場合に備えて底面は合成皮革になっています。

ポリエステル生地に比べて丈夫で傷が付きにくく、さらに汚れてしまったら固く絞った雑巾などで拭けば汚れも落としやすくなります。

●付属ベルトで斜めがけもできる

持ち手はしっかりと肩掛けにできる長さですが、付属のベルトを使えば斜めがけもできます。写真は170cmの夫が斜め掛けにしている様子です。ベルトの長さも調節可能です。

斜め掛けができると両手が空くので、小さなお子さんがいらっしゃる場合や、両手にたくさん荷物を持ちたい時にはとても便利です。

●ポケットで整理できる

バッグの外側にはポケットが付いています。交通系ICカードをここに入れておけば取り出しも楽々。

そのまま入れておくと落としてしまう可能性もありますので、100円ショップでこのようなリールで伸びるタイプのストラップを付けておくと安心です。

またバッグの内部にも小分けポケットがあります。

貴重品や細かい物はこちらに入れておくと、バッグの中で迷子になりにくいです。

●サコッシュやチョークバッグも取り付け可能

ワークマンで販売中のサコッシュやチョークバッグも簡単にジョイント可能。ジョイントできるレバーナスカンは外側と内部に2か所付いています。

旅行の際など、お財布や搭乗券は外側のサコッシュにまとめて管理したりと便利に使えること間違いなしです。

●バックル付きループベルトが便利

バッグの外側には、バックル付きループベルトが付いています。バッグよりも大きなものを運びたい時に使えます。例えばスポーツクラブで着替えや飲み物はトートバッグに入れて、ヨガマットなど大きいものは外側のベルトで一度に持ち運びができます。

また出かけた際に上着を収納するにも活躍します。この日はワークマン店舗の取材だったのですが、レインコートが店内では暑くて脱いだものの、バッグに入れるとパンパンになってしまう・・・という状況でした。そこで外側のループベルトに挟んでみたところ、バッグの容量を気にすることなく持ち運びも楽に!

ショッピングモールの店内や外遊びの公園など、子供はすぐに上着を脱ぎたがるのでファミリーにも便利な使い方です。

●撥水・防水機能で雨でも安心

バッグ生地には、ワークマンのウェアでもおなじみの「DIAMAGIC DIRECT(ディアマジックダイレクト)」という耐久撥水機能が付いています。(カーキ、ブラウン、オフホワイトのみ)

このように玉のように水を弾きますので、ちょっとした雨であれば、さっと拭けば中まで染みてきません。ただし撥水ですので、長時間大量の雨にさらされると濡れてしまいますのでご注意を。

ブラックの合成皮革タイプにはREPELTEX(高撥水)機能が付いています。合成皮革ということで、こちらの方がより水濡れには強くなっていますが、縫い目部分から浸水する可能性がありますので完全防水ではありません。

他メーカーですと、この1,900円という安さで撥水機能まで付いたバッグはなかなかありません。ワークマンらしい機能と言えますね。

ジョイントトートバッグはコスパ最高なバッグ

今回はワークマンのジョイントトートバッグをご紹介しました。ちょうどいい大きさ・ちょうどいい軽さと、ワークマンらしい撥水機能やコスパに優れたバッグです。

私のYouTube動画でも紹介しています。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

既に全国のワークマン店舗にて発売中です。[ワークマン公式オンラインストアの商品ページ]では、店舗在庫も見れますのでぜひお近くの店舗でチェックしてみてください。

また、ワークマンの他のバッグについてもハピキャンの記事で紹介しています!