もうすぐクリスマスがやってきますね!クリスマス前の楽しみといえば、クリスマスツリーの飾り付け。そこで、秋に拾ったどんぐりでオーナメント作りをやってみました。アクリル絵の具でペイントするだけなのでとっても簡単です!ペイント案もいくつかご紹介しますので、ぜひお子さんと挑戦してみてくださいね。

拾ってきたどんぐり余っていませんか? クリスマスツリーのオーナメントに使おう

前回、公園から拾ってきたどんぐりや枝を使ったツリーの作り方をご紹介しました。

我が家にはまだまだどんぐりがいっぱい余っていましたので、クリスマス用のオーナメントを作ってみようと思います!

みなさんのご家庭にもどんぐりが残っていましたら、お子さんと一緒に作ってみてくださいね。

どんぐりを拾ってきたら虫処理をお忘れなく! 手間なくできる冷凍がおすすめ

どんぐりなどの木の実を拾ってきたら、必ず虫処理をしましょう!どんぐりの中には、“どんぐり虫”と言われるゾウムシの幼虫が潜んでいるかもしれません。

放っておくとどんぐりから出てきてしまいますので、虫さんには大変申し訳ないですが2つの方法で処理させていただきます!

●どんぐりの虫処理方法①:煮沸

  1. 拾ってきたどんぐりや松ぼっくりの汚れを落とします。
  2. 鍋に水を入れて、どんぐりや松ぼっくりを入れます。浮いてきたどんぐりは、虫が入っている可能性が高いので捨てましょう。
  3. 沸騰したら5分程度煮ます。
  4. 鍋から取り出し、2〜3日天日干しします。

鍋での煮沸に抵抗がある方は、2の冷凍をお試しくださいね!

●どんぐりの虫処理方法②:冷凍

  1. 拾ってきたどんぐりや松ぼっくりの汚れを落とします。
  2. ジップロック等の袋に入れて、冷凍庫に入れます。
  3. 1週間後に取り出し、2〜3日天日干して乾燥させて完成です。

冷凍庫に入れるだけなので、とっても簡単です!

【作り方】どんぐりでクリスマスツリーのオーナメントを作ってみよう

材料

  • どんぐり
  • 爪楊枝
  • ダンボール
  • アクリル絵の具
  • パレット
  • 麻ひもや毛糸
  • 木工用ボンド
  • ハサミ

アクリル絵の具はAmazonで購入しました!

100均ダイソーでも1本100円で売っていましたが、カラーが少ないのが残念でした。

Amazonでは、15本入りセット(しかも筆入り!)が1,000円以下で買えましたのでコスパ◎です!

赤、緑、白、黄色のクリスマスカラーだけ使う場合はダイソーで十分です!

作り方

①どんぐりのお尻部分に爪楊枝を刺して、ダンボールに固定します。

②アクリル絵の具を使って、どんぐりに色を付けていきます。

色を重ねる時には、下の色が乾いてから描きましょう!

③乾かします。

④麻ひもや毛糸を10cm程度にカットして、輪っかを作って結びます。結び目の先端を少し残してカットしたら、結び目から毛先に木工用ボンドを使ってどんぐりの上部にくっつけます。

⑤乾かして完成です!

どんぐりのペイント案を紹介! 初心者にもやさしいクリスマス模様やキャラモノなど

ここからは絵が苦手な筆者が、頑張って絵を描いていきます!

シンプルだったり、優しいレベルのものだけご紹介しますので、お子さんや絵が苦手な方でも挑戦しやすいと思います。

●ペイント案①:クリスマスカラーで水玉模様

初心者向けの水玉模様。顔などを描かなくても可愛く仕上がるので、不器用さんにもおすすめです!

使用カラー:緑、赤、白、黄色

ベースのカラーが乾いたら、細い筆や爪楊枝の頭の部分などを使って、水玉を描いていきましょう。クリスマス感を出すために、黄色は必須です。

黄色を使わないと、毒キノコに見えてきますので……!

もっともクリスマスっぽく仕上がる組み合わせは、緑ベースに赤・白・黄色の水玉です。クリスマスツリーみたいでとっても可愛いです。

●ペイント案②:雪だるま

サンタの帽子をかぶった雪だるま。この後ご紹介するサンタと比較するとかなり簡単ですよ!

使用カラー:白、黒、赤、黄色

白が乾いてから、帽子や顔などを描いていきましょう!目などの細かい部分は爪楊枝の頭を使って描きました。

●ペイント案③:サンタクロース

少し難易度が上がりますが、やはりサンタクロースにも挑戦してみましょう!

使用カラー:赤、白、黒、うすだいだい、黄色

顔の中心部分(うすだいだい)→ヒゲや髪の毛(白)→服や帽子(赤)→目やベルトという順番で描いていきます。

細かい作業が少し多いけれど、大丈夫!
ぜひ作ってみてくださいね。

●ペイント案④:トトロ

白と黒の2色で描けるトトロは、絵を描くのが苦手な方にもおすすめです。

6歳の息子も挑戦していましたよ。

使用カラー:白、黒

白を使って、お腹と目から描いていきましょう!乾いたら黒を使って、目や鼻、髭などを描きます。細かいところは爪楊枝を使うと上手に描けますよ。

筆者は口を描くのが難しくてお歯黒みたいになってしまいましたが、これはこれで個性が出てよいのではないでしょうか……?

木工用ボンドでどんぐり帽子を付けると可愛さがアップするので、ぜひやってみてくださいね!

ミニツリーが完成! 作ったどんぐりオーナメントを木の枝に引っ掛けるだけ

制作したどんぐりのオーナメントをしっかりと乾かしたら、飾ってみましょう!

ご自宅のツリーにかけるのもいいですが、どんぐりのオーナメントは小さいので木の枝にぶら下げるととってもバランスが良いです。

空き瓶に枝を刺してオーナメントを飾っていくだけなのに、なかなか立派ですよね?!

空き瓶にビー玉を入れたのは、枝に対して空き瓶が小さかったようで、安定しなかったためです。花瓶などの重みのあるものを使うと、今回のような調整は不要かもしれません。

クリスマスに向けてどんぐりのオーナメントを作ってみよう! お子さんと楽しい工作を

拾ってきたどんぐりが、とっても可愛いオーナメントに変身しました!

木の枝に引っ掛けてミニツリーにしたり、大きなクリスマスツリーに使ったりと、お好みで活用してみてくださいね。

クリスマスに向けて、お子さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?