キャンパーから注目を集めている、スノーピークの直営キャンプ場。全国にある様々な絶景ロケーションでキャンプができると人気なんです!今回は、スノーピーク直営キャンプ場のそれぞれの特徴から、ここでしか体験できない魅力や予約方法までを徹底的にまとめました!ぜひ気になるキャンプ場を見つけてみてくださいね。

スノーピークの直営キャンプフィールドとは?全国に7箇所「スノピのキャンプ場」がある!

スノーピークの直営キャンプフィールドとは、スノーピークが運営する大自然を体感できるキャンプ場のこと。2022年6月時点で全国7か所にあります。

それぞれの場所はこちら。

  • 新潟県三条市「スノーピークHeadquatersキャンプフィールド」
  • 大阪府箕面市「スノーピーク箕面キャンプフィールド」
  • 大分県日田市「スノーピーク奥日田」
  • 北海道帯広市「スノーピーク十勝ポロシリ」
  • 高知県高岡郡越知市「スノーピークおち仁淀川」
  • 高知県高岡郡越知市「スノーピークかわの駅おち」
  • 高知県土佐清水市「スノーピーク土佐清水」

それぞれのキャンプフィールドの特徴をまとめます。

キャンプ場名 所在地 特徴 キャンプサイト 宿泊施設
Headquaters 新潟三条 約5万坪の広さがある本社併設キャンプ場
隣にスノーピークの温泉施設あり
フリーサイト
AC電源区画オートサイト
住箱あり
箕面 大阪箕面 ダム湖の湖畔にあるキャンプ場
夏はホタル観賞や水遊びも可能
区画サイト
電源区画サイト
なし
奥日田 大分日田 標高950mに位置し、美しい山並みを望めるキャンプ場
星空や雲海も眺められる
フリーサイト
フリーオートサイト
区画電源オートサイト
N区電源オートサイト
なし
十勝ポロシリ 北海道十勝 全面芝生の美しい緑に囲まれたキャンプ場
星空や雪景色も楽しめる
区画サイト
電源区画サイト
トレーラー用サイト
住箱あり
おち仁淀川 高知仁淀川 水質日本一の清流・仁淀川が流れるキャンプ場
ラフティングツアーあり
フリーサイト
区画サイト
住箱あり
かわの駅おち 高知仁淀川 清流・仁淀川を路線に見立てた観光拠点
世界的建築家・隈研吾氏共同開発の住箱
カヌーツアーあり
住箱宿泊のみ 住箱あり
土佐清水 高知土佐清水 竜串海域公園内に位置し海を感じられる
冬でも温暖な気候
春夏秋はシュノーケリングやサップ、冬は磯釣りを楽しめる
フリーサイト 住箱あり(ペット同伴可)

スノーピークの直営キャンプフィールドは、上質なキャンプ体験ができると多くのキャンパーから人気を集めています。

今回は7つのキャンプ場の中から、おすすめの2つをピックアップしてご紹介します!

●本社併設!温泉も楽しめる「スノーピークHeadquatersキャンプフィールド」

新潟県三条市にある「スノーピークHeadquatersキャンプフィールド」は、スノーピーク本社に併設しているキャンプ場です。約5万坪もある広大な敷地でキャンプを楽しめます。

また2022年4月には、スノーピーク初となる温泉施設がすぐ隣にオープンしました!

「スノーピークHeadquatersキャンプフィールド」の詳しいレビュー記事はこちら。

●美しい星空や雲海を眺められる「スノーピーク奥日田」

大分県日田市にある「スノーピーク奥日田」は、真夏でも涼しい、標高約950mに位置するキャンプ場。標高が高いため、絶景を楽しむことができます。また美しい星空や、運が良ければ雲海を見られるところも魅力!

「スノーピーク奥日田」の詳しいレビュー記事はこちら。

●宿泊・グランピング体験ができる直営施設は8箇所!

キャンプ場だけでなく、スノーピークが運営する宿泊・グランピング施設もあります。ホテルのような宿泊スタイルの施設や、「住箱」と呼ばれるコテージに宿泊するスタイルなど、場所によって雰囲気もさまざまです。

宿泊・グランピング施設がある場所は以下の8か所。

  • 徳島県「snow peak glamping TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」
  • 愛知県「PARKFIELD Snow Peak TOYOTA-KURAGAIKE」
  • 大阪府「スノーピーク大阪りんくう」
  • 長野県「FIELD SUITE HAKUBA KITAONEKOGEN」
  • 長野県「LANDSTATION HAKUBA」
  • 神奈川県「Snow Peak Glamping 京急観音崎」
  • 新潟県「Snow Peak Glamping スワンレイク五十嵐邸ガーデン」
  • 京都府「LANDSTATION KYOTO ARASHIYAMA

それぞれの特徴をまとめます。

キャンプ場名 所在地 特徴
snow peak glamping TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA 徳島小松島 海と山に囲まれたリゾート施設
プライベートビーチで様々なアクティビティを楽しめる
PARKFIELD Snow Peak TOYOTA-KURAGAIKE 愛知豊田鞍ヶ池 鞍ヶ池公園の中にある都市型アウトドアフィールド
ウドデッキや住箱での宿泊の他、道具をレンタルしてピクニックなども楽しめる
スノーピーク大阪りんくう 大阪泉佐野 関西国際空港の対岸に位置する宿泊施設
大阪湾が一望でき、アウトレットでショッピングも楽しめる
Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN 長野白馬 標高1,200mの北尾根高原に位置するアウトドア宿泊施設
ダイナミックの眺望や、シェフが創る贅沢な食事も魅力
LANDSTATION HAKUBA 長野白馬 住箱またはレンタルキャンプ用品での周博が可能
大自然の中、ポタリングや野菜の栽培・収穫体験も楽しめる
Snow Peak Glamping 京急観音崎 神奈川横須賀 三浦半島の最東端で、シーサイドグランピングを楽しめる施設
隣接する温浴施設を利用でき、SUPやカヤックなどのアクティビティも体験できる
snow Peak Glamping スワンレイク五十嵐邸ガーデン 新潟阿賀野 歴史ある豪農の邸宅、日本庭園でグランピングを体験できる施設
世界で金賞受賞歴のあるスワンレイクビールや、新潟阿蘇の食材を堪能できる
LANDSTATION KYOTO ARASHIYAMA 京都嵐山 築100年の伝統建築のそばにあるアウトドア宿泊施設
スノーピーク製品をレンタルして、自転車で嵐山の散策も楽しめる

宿泊・グランピング施設では、美しい自然に囲まれながら気軽にアウトドア体験を楽しむことができますね。

●手ぶら焚き火体験やキャンピングオフィス体験も展開!

さらに、スノーピークは手ぶら焚き火体験やキャンピングオフィス体験も展開しています。

手ぶら焚き火体験ができる施設はこちら。都心から電車で約1時間とアクセスも良好です。

[東京都「Snow Peak TAKIBI LOUNGE」]
「モリパークアウトドアヴィレッジ」内のスノーピーク直営店併設

必要な道具はすべて借りられるので、手軽に焚き火を楽しめます。

[【手ぶらで焚火を楽しもう】TAKIBI LOUNGE | スノーピーク * Snow Peak]

またキャンピングオフィスは、スノーピークのアウトドア用品を使用したオフィス空間のこと。

アウトドア研修やオフサイトミーティングができる施設はこちら。

  • 東京・品川「CAMPING OFFICE TAKANAWA」
  • 東京・昭島「CAMPING OFFICE AKISHIMA」
  • 東京・渋谷「CAMPING OFFICE SHIBUYA」
  • 神奈川・横須賀「CAMPING OFFICE KANNONZAKI」
  • 神奈川・葉山「CAMPING OFFICE HAYAMA」
  • 福島・いわき「CAMPING OFFICE IWAKI」
  • 愛知・名古屋「CAMPING OFFICE HISAYAODORI」
  • 宮崎・椎葉村「CAMPING OFFICE SHIIBA」
  • アメリカ・ハワイ「CAMPING OFFICE HAWAII」

コワーキングスペースや貸し会議室があるのはこちら。

  • 愛知・岡崎「Camping office osoto Okazaki」
  • 愛知・名古屋「Camping office osoto Nagoya」
  • 愛知・名古屋「Camping office osoto Hisayaodori」
  • 愛知・名古屋「Camping office osoto Nagoyaeki」
  • 愛媛・松山「Camping office osoto Matsuyama」
  • 熊本・人吉「「Camping office osoto Hitoyoshi」

開放感のある場所での作業は、意外な視点が生まれたり、仲間との距離感が近づいたりと、良い効果があるかもしれませんね。

[アウトドアで働き方改革ならスノーピークビジネスソリューションズ]

スノーピークのキャンプ場はココがスゴイ!4つの魅力をご紹介

たくさんあるスノーピークのキャンプ場ですが、どのキャンプ場にも共通するおすすめポイントをご紹介します。

●炊事棟・洗い場設備あり!

どのフィールドにも炊事兼洗い場があり、水も温水(一部施設除く)も自由に利用可能です。

冬などの寒い季節は冷たい水でのお皿洗いなどが大変なので、一部の施設で温水が利用できるのは嬉しいですね!

●スタッフ常駐のストア・管理棟が併設!

スタッフが常駐しているストア・管理棟では、製品の販売や氷、飲み物の販売も行われています。

キャンプをしながらスノーピークの製品を見られるのは、とても楽しそう!なくなりがちな氷や飲み物がすぐ買えるのも嬉しいポイントです。

●誰でも利用可能なシャワーを完備!

誰でも利用できるシャワー室も完備されています。キャンプ中は泥や汗で汚れてしまうので、いつでもすぐにシャワーを浴びられるのは良いですね。

●スノピ製品を堪能できる手ぶらプランも!

スノーピークの製品を体験できる手ぶらプランもあります。キャンプ道具を持っていない人や、スノーピークの製品を体験したい人におすすめです。

一例を挙げると、大人2名、子ども3名程度の内容でお値段は税込49,500円。

レンタルできるキャンプ道具一覧こちらです。

  • オールインワンテント
  • シュラフ
  • テーブル&チェア
  • LEDランタンセット
  • 焚き火台&BBQグリル(炭・薪・軍手・着火剤・ライター含む)
  • キッチンセット
  • クッカーセット
  • ホットサンドクッカー
  • キッチンツール
  • 食器セット(フキン・洗剤含む)

この手ぶらプランはスノーピークの直営キャンプフィールド、直営ストアの他に、提携キャンプ場でも利用可能です。ご予約や詳細は各キャンプ場へ直接お問い合わせください。

提携キャンプ場の一覧はこちら。

  • 秋田県「とことん山キャンプ場」
  • 福島県「奥会津ただみの森キャンプ場」
  • 福島県「ハッシュ村」
  • 栃木県「三王山ふれあい公園」
  • 群馬県「赤城山オートキャンプ場」
  • 埼玉県「喜多川キャンピングベース」
  • 千葉県「ザファーム 農園の中のキャンプ場」
  • 新潟県「越後ハーブ香園入広瀬 オートキャンプ場」
  • 山梨県「Mt.FUJI CAMP RESORT」
  • 三重県「志摩オートキャンプ場」
  • 鳥取県「緑水湖オートキャンプ場」
  • 岡山県「大佐山オートキャンプ場」
  • 長崎県「壱岐イルカパーク&リゾート」

提携キャンプ場は今後も追加予定とのこと。ぜひお近くのキャンプ場をチェックしてみてくださいね。

[手ぶらキャンプ by Snow Peak | スノーピーク * Snow Peak]

スノーピークキャンプ場の予約は早めにしよう!気になる予約方法をチェック

スノーピークの直営キャンプ場の予約は、利用日の約3〜4か月前に開始されます。2022年2月に5月末までの予約受付がスタートされた際には、受け付け開始直後にアクセスが集中するほどの人気ぶりでした。

もしスノーピークの直営キャンプ場に行ってみたい人は、早めに計画を立てて予約するのがおすすめです。

予約は、スノーピークのご予約・お申込みポータルサイトから可能。

2022年6月30日現在、10月末までの予約が6月30日と7月1日に分けて開始されます。キャンプ場によって予約開始日が分かれているので、気を付けてくださいね。

TOPページをスクロールしていくと「直営キャンプ場の詳細ページ」へのリンクがあります。

そして、各キャンプ場詳細ページから、そのキャンプ場の予約フォームを開くことができます。

キャンプ好きなら一度は訪れたい!スノーピークの直営キャンプ場

大自然に囲まれながらキャンプを堪能できる、スノーピーク直営キャンプ場。スノーピークの上質な雰囲気は、いつものキャンプをさらに楽しく感じさせてくれます。

設備が整っており、レンタル用品も充実しているので、キャンプ初心者の人も安心して利用できますね。気になる人はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。