アメリカ在住のライター舟津です。家でも毎日コーヒーを3杯は飲むコーヒーラバーですが、野外で飲むコーヒーは格別。同じ豆でもなぜかおいしく感じますが、野外で豆を挽いてドリップするのはちょっと手間がかかります。そんなときに便利なのがコーヒープレスです。今回はコーヒーラバーやちょっとずぼらさんにおすすめしたい!簡単においしいコーヒーが淹れられるコーヒープレスを紹介します。

コーヒープレスとは…

野外でのコーヒーといえば「ハンドドリップ」が主流で、さまざまなブランドからコーヒードリッパーが販売されています。ただし、ハンドドリップはフィルターをセットして、お湯をゆっくり注がなくては味に雑味が出るため、急いでいるときや疲れているときは、ちょっと面倒になることも!

●ハンドドリップよりも手軽なコーヒープレス

そんな「ちょっとずぼらさんなコーヒーラバー」におすすめなのがコーヒープレスです。

コーヒープレスは、フレンチプレスやプレスポットなどとも呼ばれていますが、これ1つでコーヒーが簡単に淹れられ、しかも、コーヒーオイルもしっかり抽出するため、風味や苦みもしっかり味わえるコーヒーギアです。

●筆者が愛用しているスタンレーの「トラベルプレス」

家でコーヒープレスを使用している人も多いですが、最近はアウトドア用にボトルとコーヒープレスが一体化されたものが販売されています。

我が家が愛用しているのは、真空断熱ステンレスボトルで有名なブランド「スタンレー」から販売されている「トラベルプレス」です。

見た感じは、普通の473ml入りのステンレスボトルに見えますが、ボトルの中にプレスが備わっており、これ1つでコーヒーが気軽に抽出できます。

使い方はいたって簡単。

ボトルの中にコーヒー粉を2スプーン入れてセット。

そこにお湯を注ぎ、4〜6分ほど蒸らします。

その後、プレスでゆっくり押せば美味しいコーヒーが出来上がり!

そのまま、そのボトルをどこにでも持って行くことができます。

スタンレーの「トラベルプレス」は、長時間保温効果が続く二層構造の真空断熱構造ですが、あらかじめお湯をボトルに入れ、ボトルを温かくしておくと、さらに保温効果が高まります。

また、お湯は沸騰したモノではなく、少し温度を落とした93度前後で作ると一層美味しいコーヒーが味わえます。

▼スタンレーとスターバックスがコラボしたコーヒープレスもあり!

ボトル型コーヒープレスのメリットは?

ハンドドリップとコーヒープレスの違いは?

まず、ボトル型コーヒープレスのメリットを紹介します。

●【メリットその1】ボトルとプレスが一体化して、これ1つでコーヒーができ、ハンドドリップより手間がかからない

ハンドドリップの場合、ドリッパーにフィルターを敷いて、ゆっくり何度もお湯を注がなければなりませんが(それが楽しい場合もあり!)、コーヒープレスは「お湯を注いでプレスを押すだけ」なので、簡単にコーヒーが淹れられ時間がないときに便利。

●【メリットその2】ペーパーフィルターを使用せずにエコ

ハンドドリップの場合、フィルターが必要。今は紙フィルターを必要としないタイプのモノもありますが、コーヒープレスは使い捨てのフィルターが必要なく、エコで経済的。

●【メリットその3】コーヒーだけでなくお茶も淹れられる

コーヒー粉の代わりに、お茶の葉を入れれば簡単に暖かいお茶を作ることができます。

●【メリットその4】フィルターを外せば普通のボトルとしても使用可能。

付属するプレスを取り除けば、水やお茶をいれるボトルとしても使用でき、用途によって使い分けができます。

ボトル型コーヒープレスの残念な点は?

では、ボトル型コーヒープレスの“ちょっと残念!”な点は…。

●【残念なところその1】洗うのが大変

ハンドドリップの場合、フィルターを捨ててしまえば洗うのが簡単ですが、ボトル型コーヒープレスはプレスしたコーヒー粉がボトルの底に残っているため、洗うのがちょっと大変です。

●【残念なところその2】大量のコーヒーが作れない

ボトル型コーヒープレスは、ボトルの容量分だけしかコーヒーがつくれません。

もし、大量のコーヒーを作りたい場合は、1回1回コーヒー粉が付いたボトルを洗って、入れなおさなければならないため、大量に作る場合には向いていません。

コーヒープレスが向いてる人・ハンドドリップが向いている人は…

アウトドアでコーヒーを淹れるときに使われるハンドドリップとコーヒープレス。

それぞれに向いている人は...

●コーヒープレス向きの人は?

  • コーヒーを淹れるのに時間をかけたくない人
  • 味わい深いコーヒーが好みの人
  • 淹れたコーヒーをそのままボトルで持ち運びしたい人

●ハンドドリップ向きの人は?

  • コーヒーの香りを楽しみながらドリップしたい人
  • 雑味が少ないコーヒーのテイストが好みの人
  • マグでコーヒーが飲みたい人

●ポットで大量にコーヒーを作りたい人には「パーコレーター」

ちなみに、コーヒープレスやハンドドリップ以外にも、お湯を沸かすボットでコーヒーを抽出する パーコレーターというギアもありますが、これはポットで一度に大量のコーヒーが作れるため、大人数でコーヒーを飲むときに便利です。

まだまだある!スタンレーのコーヒーギア

スタンレーにはコーヒーラバーを唸らせるアウトドアでコーヒーを堪能できるギアがたくさんあります!

●大容量でたくさんのコーヒーが一度で作れる「ホットフレンチプレス」

1.4Lのコーヒーを一度に簡単に作れる大容量のフレンチプレス。しかも、真空断熱ステンレスで保温効果が高いところも魅力です。

●お湯が沸かせるポットつき。これ1つでコーヒーが作れるオールインワンフレンチプレス

お湯が沸かせるポット、コーヒー豆を入れるカップにもなるコンテナ、フレンチプレスが合体した、これ1つでコーヒーが作れるフレンチプレス。

[【おぎやはぎのギアキャン#5】コーヒー好き必見! スタンレー『真空コーヒーシステム』を紹介 - ハピキャン|キャンプ・アウトドア情報メディア]

▼スタンレーのコーヒーギアを詳しくご紹介するこちらの記事もどうぞ!

[【コーヒードリッパー】Stanley(スタンレー)の筆者愛用コーヒーギアおすすめ3選を紹介! - ハピキャン|キャンプ・アウトドア情報メディア]

スタンレー以外のボトル一体型コーヒープレス

残念ながらスタンレーのトラベルプレスは、スタンレージャパンでは販売されておらず、アマゾンや楽天などでの購入になります。

スタンレー以外の持ち運びしやすい一体型ボトルコーヒープレスは...

●【エスプロのコーヒープレス】

軽さを重視したい方には、エスプロがおすすめ。210gと超軽量でスマートなコーヒープレスです。

●【ビタントニオのコーヒープレス】

こちらは、真空二重構造のステンレスボトルで適温をキープしてくれるビタントニオのコーヒープレス。

また、細かいメッシュフィルターで粉っぽさを感じないコーヒープレスです。

●【ボダムのコーヒープレス】

オフィスでもアウトドアでも、どこでもおいしいコーヒーが淹れられるコーヒープレス。

タンブラー型で持ち運びしやすいのもおすすめポイントです!

「簡単・おいしい・持ち運び楽チン」と3拍子揃ったボトル一体型コーヒープレスはアウトドアに最適!

我が家は、キャンプ場で時間があるときはハンドドリップ、トレッキングやドライブにコーヒーを持ち運びしたいときはボトル一体型コーヒープレスを使用し、TPOでコーヒーの淹れ方を変えています。

同じ豆でもコーヒーの淹れ方を変えるだけで、味が変わり、野外でもいろいろな味が楽しめます。

ちなみに夫は雑味が少ないハンドドリップしたコーヒーが好み。私は濃いめが好きなのでコーヒープレスの味が好み。その人の好きなテイストによって野外でも味が選べます。

コーヒープレスは、「コーヒーが好きだけどドリップするのが面倒だ!」「でもおいしいコーヒーが飲みたい」というずぼらさんにもおすすめしたいギアです。

●こちらの記事もどうぞ!