車中泊が注目されはじめてから久しい昨今。車中泊スポットとしてはキャンプ場やRVパーク、道の駅などがあげられますが、なかでも道の駅で車中泊をしてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、関東地方の車中泊OKな道の駅を一挙紹介。道の駅で車中泊をするメリットや注意点もあわせて解説します。これから車中泊を始める人も、すでに車中泊をしている人も参考にしてくださいね!

道の駅で車中泊するとこんなメリットが!  設備の充実度や観光拠点としての利用など魅力がたくさん

まずは、道の駅で車中泊をするメリットについて解説します。筆者が感じているメリットは以下の3つ。

  • トイレや入浴施設などの設備が充実している
  • 観光拠点として利用できる
  • 宿代が節約できる

道の駅は24時間利用できる駐車場やトイレがあるため、夜間や長距離を運転するドライバーなど、誰でも利用が可能です。道の駅によっては温泉施設やシャワーが設置されているため、長旅の疲れを癒すこともできるでしょう。

また、地域の観光情報の発信も道の駅の役割。そのため、道の駅を利用すれば観光情報を知ることができたり観光地へのアクセスが良かったりと、車中泊前後の観光をより充実したものにできます。

さらに、道の駅の利用は基本的には無料であるため、宿代の節約にもつながります。売店でのお買い物や温泉利用などには当然お金がかかりますが、浮いた宿代を考えればメリットは十分。

このほかにも、売店で地元の名産品を購入できたり、好きな時間に出入りできたりと、道の駅での車中泊にはメリットがたくさんあります。気軽に利用できるので、車中泊初心者にもおすすめです。

車中泊の可否は施設により異なる! 道の駅に問い合わせてわかった宿泊時の注意点を解説

ここまでの内容で「道の駅での車中泊をしてみたい!」と思った人は多いはず。ただ、道の駅での車中泊にはいくつかの注意点があることも事実です。

「知らず知らずのうちにマナー違反をしてしまった」ということにならないよう、注意点もチェックしておきましょう。

●車中泊の可否の確認は問い合わせが確実

そもそも「道の駅での車中泊ってOKなの?」と気になる人もいるはず。道の駅での車中泊について、国土交通省のHPには以下のような記載がされています。

> 「道の駅」は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。
もちろん、「道の駅」は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません。
> -- www.mlit.go.jp

簡単に言うと、「宿泊はNG、仮眠はOK」が国土交通省の見解となります。

ただ、筆者がいくつかの道の駅に問い合わせをしたところ「車中泊を許可している」「車中泊を禁止している」「推奨はしていないが、夜間のトイレ利用や仮眠は可」など、施設によって回答は様々でした。

そのため、車中泊の可否を確認したい場合は、利用予定の道の駅への問い合わせが確実です。

●道の駅での車中泊はマナーに注意

また、車中泊OKの回答を頂いた道の駅すべてで、マナーについてのコメントもありました。

主な内容としては以下の5つ。

  • 火気厳禁
  • キャンプ行為禁止(テントを張る、椅子やテーブルを広げる)
  • ゴミの持ち帰り
  • 近隣住民への配慮(騒音など)
  • 駐車マスの利用について(複数マスを利用しない、端の駐車マスを利用する)

筆者が車中泊をしているときには、椅子やテーブルを広げている人や、エンジンをかけっぱなしにしている人などを見かけたことがあります。マナーを守らなければ、周囲の人の迷惑になってしまうことも。

道の駅はあくまでも公共施設であるため、車中泊以外で利用する人もたくさんいます。周囲に迷惑をかけないよう、マナーを守った利用を心がけましょう。

▼車中泊のマナーについて詳しく知りたい人はこちら!

[車中泊のマナーについて解説! 道の駅や公共駐車場で守るべきルールとは - ハピキャン|キャンプ・アウトドア情報メディア]

●RVパーク併設の道の駅なら安心!

道の駅の中には、『RVパーク』を設置しているところも。RVパークとは有料の車中泊専用施設で、24時間利用可能なトイレが設置されていたり100V電源の利用が可能だったりなど、快適な車中泊ができる環境が整っています。

道の駅での車中泊が不安な人や、道の駅のメリットを得つつ快適な車中泊をしたい人にとっては、最適な選択肢と言えるでしょう!

▼RVパークについて詳しく知りたい人はこちら!

車中泊前に魅力的な道の駅を探してみよう! 筆者おすすめの検索アプリ2つをご紹介

ここからは、魅力的な道の駅を探せるおすすめアプリをご紹介します。筆者が車中泊スポットを検索する際に、実際に利用しているアプリです。

なお、ここでご紹介するアプリはあくまでも道の駅や車中泊スポットを検索するためのもの。車中泊可能な道の駅を検索するものではありませんのでご注意を。

●道の駅徹底ガイド

1つめにご紹介するのは、『道の駅徹底ガイド』です。

道の駅徹底ガイドは、シャワーや温泉、ガソリンスタンドや宿泊施設の有無など、道の駅の設備ごとに絞込検索ができる優れもの。

また、口コミや写真の投稿、行ってみたい・行った道の駅をマイリストに保存できるなど、道の駅めぐりが楽しくなる機能が満載です。

道の駅での車中泊を検討している人はもちろん、道の駅に遊びに行ってみたいと考えている人はダウンロード必須のアプリですよ!

▼ダウンロードはこちらから

・iPhone

[‎道の駅アプリ 徹底ガイド]

・Android

[道の駅 徹底ガイド - Google Play のアプリ]

●道の駅+車中泊マップdrivePmap v3

続いてご紹介するのは『道の駅+車中泊マップdrivePmap v3』です。

道の駅+車中泊マップdrivePmap v3は、無料版でも道の駅・温泉施設・RVパークを検索できるのが嬉しいポイント。道の駅での車中泊だけであれば、無料版でも十分に活用できます。

また、有料版ではオートキャンプ場やパーキング(無料・有料・carstay)、SA・PAの検索も可能に。道の駅以外の車中泊スポットも検索したい人は、有料版もおすすめです。

▼ダウンロードはこちらから

・iPhone

[‎道の駅+車中泊マップ drivePmap v3]

・Android

対応無し

車中泊キャンパーのイチオシ! 車中泊OKな関東エリアの道の駅5選

ここからは、筆者がおすすめする関東エリアで車中泊がOKな道の駅をご紹介します。

どの道の駅も個性があり、楽しめること間違いなし!関東エリアで道の駅を利用したい人は必見です!

●廃校を活用したノスタルジックな道の駅『保田小学校』

正式名称 都市交流施設・道の駅保田小学校
住所 千葉県安房郡鋸南町保田724
郵便番号 〒299-1902
TEL 0470-29-5530
営業時間 9:00〜17:00(食事処は11:00〜)
営業期間 通年(テナントごとに営業時間・定休日が異なる)
定休日 なし
公式サイト https://hotasho.jp/
駐車場台数 大型:5台
普通車:107台
身障者用2:台
アクセス案内 <車の場合>
富津館山道路『鋸南保田I.C』よりすぐ。
<電車の場合>
JR内房線『保田駅』より徒歩約16分。
場内設備 お風呂
宿泊施設
洋式トイレ
レストラン・食堂
売店
自動販売機

はじめにご紹介するのは、千葉県の道の駅『保田小学校』です。

保田小学校の魅力は、給食メニューを味わえたり学校の備品が並べられていたりと、小学校の懐かしさを感じられること。高速道路のI.Cの目の前にあり、アクセス良好なのも嬉しいですね!

また、入浴施設や教室を利用した宿泊施設があるのも見逃せないポイント。保田小学校を利用すれば、車中泊に限らず、快適で思い出深い旅になること間違いなしです。

▼保田小学校の詳細はこちらの記事でチェック!

●買い物・温泉・運動の三拍子そろった道の駅『よしおか温泉』

正式名称 道の駅よしおか温泉
住所 群馬県北群馬郡吉岡町漆原2004
郵便番号 〒370-3601
TEL 0279-54-1221
営業時間 《温泉》:10:00〜20:00
《レストラン》
・水木       :11:00〜14:00
・水木以外(祝日含む):11:00〜14:00、17:00〜19:20
《売店》:9:00〜17:30
《吉岡町緑地運動公園》:8:30〜17:00
営業期間 通年
定休日 あり
※施設により異なる。詳細はホームページを確認。
公式サイト http://www.yoshioka-onsen.jp/
駐車場台数 250台(大型車用、身障者用、EV専用駐車場あり)
アクセス案内 <車の場合>
関越自動車道『渋川伊香保I.C』から車で約8分。
関越自動車道『駒寄スマートI.C(ETCを搭載した車長16.5メートル以下の車に限定)』から約8分。
<電車の場合>
上越線『群馬総社』駅よりタクシーで5分。
場内設備 洋式トイレ
和式トイレ
レストラン・食堂
売店
自動販売機
足湯
温泉
体験・アクティビティ ケイマンゴルフ
パークゴルフ
グラウンドゴルフ
テニス
※グラウンドゴルフとテニスはレンタル無し

続いてご紹介するのは、群馬県の道の駅『よしおか温泉』です。

よしおか温泉はその名の通り温泉施設が併設された道の駅であり、長時間の運転後でも温泉によって疲れをしっかりと癒せます。

また、隣接した運動公園ではパークゴルフなどのアクティビティの体験も可能。売店でのお買い物とあわせて、様々な魅力がある道の駅です。

▼よしおか温泉の詳細はこちらの記事でチェック!

[群馬県の車中泊スポット『道の駅よしおか温泉』をレビュー! 温泉付き&観光拠点にも◎ - ハピキャン|キャンプ・アウトドア情報メディア]

●広大な敷地でたくさんの楽しみに出会える『ろまんちっく村』

正式名称 道の駅うつのみやろまんちっく村
住所 栃木県宇都宮市新里町丙254
郵便番号 〒321-2118
TEL 028-665-8800
営業時間 平日:8:30〜17:00
土日祝:8:30〜18:00
温泉施設:10:00〜21:00
※飲食施設やドッグランなど、施設により異なる
営業期間 通年
定休日 毎月第2火曜日
公式サイト https://romanticmura.com/
駐車場台数 1,100台
アクセス案内 <車の場合>
東北自動車道『宇都宮I.C』より5分
<電車の場合>
JR『宇都宮駅』から『ろまんちっく村行』バスで約35分
場内設備 お風呂
洋式トイレ
レストラン・食堂
売店
自動販売機
ドッグラン

3番目のご紹介は、栃木県宇都宮市の『ろまんちっく村』です。

ろまんちっく村は広大な敷地の中に、売店やレストラン、宿泊施設や温泉施設、さらには農園やドッグランなどがあり、数多くの楽しみ方ができます。1日いても飽きないため、観光の目的地としてもピッタリです。

注意点として、車中泊で利用できるのは第1駐車場のみであること。そのほかの駐車場は、夜間は施錠されてしまうので気を付けてくださいね。

▼ろまんちっく村の詳細はこちらの記事をチェック!

●温泉と雄大な景色に癒される道の駅『湯西川』

正式名称 道の駅湯西川
住所 栃木県日光市西川478-1
郵便番号 〒321-2603
TEL 0288-78-1222
営業時間 売店:9:00〜16:00
食事処:10:30〜15:00
温泉:10:00〜20:00(受付は19:00最終)
足湯:9:00〜16:00
営業期間 通年
定休日 なし
※温泉施設のみ第三火曜日が定休日
公式サイト http://www.michinoeki-yunishigawa.jp/
駐車場台数 普通車:52台
大型車:3台
身障者用:3台
EV車用急速・普通充電器:1台
アクセス案内 <車の場合>
日光宇都宮道路『大沢I.C』より約45分。
<電車の場合>
野岩鉄道会津鬼怒川線『湯西川温泉駅』直結。
場内設備 お風呂
ゴミ捨て場
洋式トイレ
レストラン・食堂
売店
自動販売機

続いてのご紹介は『湯西川』。栃木県日光市にあるのどかな雰囲気の道の駅です。

湯西川は、周辺が雄大な景色に囲まれていて、自然を感じられるのが魅力。足湯や露天風呂をあわせて利用すれば、運転の疲れが心身ともに一気に吹き飛びます

また、栃木県の有名観光地である日光の中心街からのアクセスも良好。観光の拠点としてもおすすめの道の駅です。

▼湯西川の詳細はこちらの記事をチェック!

●周辺のキャンプ場とあわせて利用したい『足柄・金太郎のふるさと』

正式名称 道の駅足柄・金太郎のふるさと
住所 神奈川県南足柄市竹松1117番地1
郵便番号 〒250-0111
TEL 0465-70-1815
営業時間 売店:9:00〜17:00
食事処:10:00〜17:00(ラストオーダー16:00)
営業期間 通年
定休日 なし
公式サイト https://www.michinoeki-ashigara.com/
駐車場台数 普通車:95台
大型車:8台
身障者妊婦用屋根付:2台
EV車用急速・普通充電器:1台
アクセス案内 <車の場合>
東名高速道路『大井松田I.C』より約10分。
<電車の場合>
伊豆箱根鉄道大雄山線『大雄山駅』から徒歩約21分。
場内設備 洋式トイレ
レストラン・食堂
売店
自動販売機

最後にご紹介するのは、神奈川県の道の駅『足柄・金太郎のふるさと』です。

足柄・金太郎のふるさとの周辺には数多くのキャンプ場があるため、車中泊だけでなくキャンプ前の買い出しにもピッタリ。地元産のお肉や野菜を調達すれば、美味しいキャンプ飯ができあがります。

足柄・金太郎のふるさとには入浴施設やシャワーはありませんが、車で10分ほどの距離には温泉施設があります。また、有名温泉地の箱根へのアクセスも良好なため、箱根観光とあわせての利用もおすすめです。

▼道の駅足柄・金太郎のふるさとの詳細はこちらをチェック!

道の駅は快適&魅力的な車中泊スポット! 周辺観光やキャンプとあわせて活用するのもおすすめ

今回は、車中泊OKな関東の道の駅をご紹介しました。

今回ご紹介した以外にも、関東には数多くの道の駅があります。それぞれの道の駅に特有の魅力があるので、ぜひ利用してみてください。

今回の記事を参考に、道の駅での車中泊を楽しんでくださいね。

道の駅へ車中泊に行く前にチェック! 編集部おすすめの車中泊関連記事