おぎやはぎの2人がプレゼンキャンパーを迎えて、キャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ制作)」。今回はプレゼンキャンパー不在!?でスタートし、まずはこだわりのカスタムカーを見せるために集まってくれたカーオーナーさんのもとへ!自らもカーカスタムを嗜むロンブー亮さんもゲストとして合流し、キャンプブームで大人気のキャンピングカーの専門店「フジカーズジャパン厚木店」に向かいます。『車 × キャンプ』を味わい尽くす新シーズンをお楽しみください!

プレゼンキャンパー不在でスタートする「カーキャンプ」

「おぎやはぎのハピキャン」シーズン20となる今回の「カーキャンプ」は、おぎやはぎさん2人きりでスタート。

なんか今日は俺ら2人だけなんだって。いつもゲストが4〜5人くらいいたよな〜?

2人だけかぁ〜。もう予算がなくなってゲスト呼べなくなっちゃったのか…。

でも、なんかさっきスタッフに聞いたら、「おぎやはぎのハピキャン」の番組が放送される局は増えてるらしいんだよ。局が増えてるのに、予算がないっておかしな話だよな。

だから、どっかで抜いてるんじゃないかと思ってさ。

抜いてそうなスタッフ、いるよな〜。笑

ちょっとスタッフの時計とか見といた方がいいぞ!急にロレックスとかしてるかもしれないぞ!

そうなんです!おぎやはぎのハピキャンは、おかげさまで順調に放送エリアを拡大させておりまして、ついに関東でも放送が始まりました!

<関東の地上波放送局>

テレビ神奈川・・・毎週金曜日 25:00〜25:30

テレビ埼玉・・・・毎週火曜日 21:00〜21:30

TOKYO MX・・・・毎週日曜日 16:30〜17:00

※放送回は放送局により異なります
※放送日時は変更になる場合があります

その他の地域での地上波放送情報は[番組ページ]でご確認ください。

そして、もうご存じの方も多いかと思いますが、[GYAO!]や[YouTube]でも配信されています。残念ながら、住んでいる地域では放送されていない…という方も見ていただけます!

自分の車をキャンプ仕様にカスタムするオーナーさんが集まる場所へ

最近、キャンプブームとともに「キャンピングカー」も大人気!自分の車をキャンプ仕様にカスタムして、アウトドアや旅を楽しむキャンパーさんも増えています。

車を使ったキャンプの楽しみ方を体験する今回のシーズンでは、まず最初に、キャンプ仕様にカスタムされたカスタムカーのオーナーさん達に話を伺いました。

いたいた!いたよ!

オォ〜!!それっぽい車が集まってんじゃん!

この日、おぎやはぎのおふたりに自慢のカスタムカーを見せようと5組のオーナさんが集合。

早速、こだわりのカスタムカーを紹介していただきます!

こだわりのカスタムカー【1】DIYした軽バンで日本一周中のカップル

矢作さんと小木さんが最初に目をとめたのは、軽バンのカスタムカー。

【はやとさん・あかねさんのカスタムカー】

・車種:MAZDA「SCRUM VAN」
・交際4年目、登録者数 8000 人の YouTuber
・中古車を 38 万円で購入し、DIYでカスタム

可愛い〜!やっぱ軽っていいよな〜。

(おもむろに車を触ろうとする小木さん)

おい!勝手に触っちゃダメだろ!

これは「人んち」みたいなもんなんだから!

こちらの軽バン・MAZDA「SCRUM VAN」のオーナーは、車中泊で日本一周中だというはやとさん・あかねさん。中古車を38万円でGETし、自分たちでカスタムをしたとのこと。

これで日本一周してるの?楽しそ〜!!!

えっと、2人は夫婦なんですか?

はやとさん・あかねさん「いや、まだカップルです」

えぇ〜?!まだ結婚してないのに?すげーな。喧嘩したときとか、どーすんだよ、

途中のパーキングで置いていくのとかやめてよ?!笑

じゃ、これはどっちの車なんですか?

はやとさん「一応、名義は僕になってるんです」

ちょっとおかしいな、結婚してないのに。これ、詐欺師のやり方だな。

はやとさん・あかねさん「笑笑」

高校の時に建築を学んでいたはやとさん。あかねさんはDIYは全くの初めての経験だったそうですが、手作り感の溢れる内装がとても可愛い!

いや〜!それにしてもすごいなぁ、この収納技術!

余すところなく活用して、小さいながらも全てが詰まってるよね。

あのシンセサイザーはなんなの?

はやとさん「あ、僕ら、軽バン生活というYouTubeチャンネルをやっていて、一応作曲もしてるんです」

あ、YouTubeで旅の様子が見れるんだ?俺、見るよ!

喧嘩の様子も見れるんだよね?

はやとさん「今度、喧嘩の様子もUPしておきます!笑」

▼こちらが(はやとさん・あかねさん)のYouTubeチャンネル「軽バン生活」です!

車の屋根にはソーラーパネルが設置されていて、夏場はソーラーだけで過ごせると言います。

これらの設備を含めても総額で100万円以内で収まっているという(はやとさん・あかねさん)のカスタムカー。小木さん矢作さんも、大変感心されていました!

いや〜!ありがとうございます。頑張ってくださいね。

何か言い残したことはありますか?

はやとさん・あかねさん「他のオーナーさんの車はもっとすごいので、僕たちのはレベル1っていうことで。」

レベル1ね。

じゃ、今から他の車を見ていった後は、俺たちの記憶からはなくなるってことで。

はやとさん・あかねさん「最後に戻ってきてくださいよ〜笑」

とても可愛い軽バンを後にして、次のオーナーさんのもとへ。

こだわりのカスタムカー【2】車内で暖炉の火が眺められるカスタムバン

続いて、おぎやはぎさんは、車内に暖炉の火が揺らめいているのが見えるカスタムカーへ。

おい、あれ見ろよ!車の中で火を焚いてるぜ。すげ〜!

あれ、本物だよな。液晶のやつじゃないよな。この人、なかなかすごい人だよ、きっと。

【古川さんご夫妻のカスタムカー】

・車種:トヨタ「レジアスエース」
・自作の薪ストーブを組み込み、内壁には珪藻土を塗り込んで気温が安定するようにしている

古川さん「どうも、こんにちは!いきなり歳とった人が出てきてしまってすみません。僕は57歳です。」

おぉ〜、やっぱ年季があるよね。長そう〜!

古川さん「実は1月に会社を辞めたばかりで、車を買ったのは10年前なのですが、これまでずっと仕事が忙しくてキャンプどころじゃなかったんですよね。」

なるほどぉ〜!じゃ、仕事を辞めてようやく夢が叶ったということですね。

奥さんは・・?賛成してるんですか?

古川さんの奥様「男のロマンにはやっぱりついていかないとですよね。笑」

すげ〜!!!!!素晴らしいですね。

やっぱそんな風にいってくれるのは50代だな〜。最近、若い人はもう男のロマンに付き合ってくれないですからね。

そーだ、そーだ!

以前はペレットストーブのメーカーにお勤めだったという古川さん。ご自身の車に搭載されている薪ストーブは、なんと、古川さんの自作ストーブなんだそう。

ストーブには二次燃料装置も仕込まれていて、車のサイドから煙突が。ストーブの放射熱を蓄熱して暖房効率を高めるために、車内の内装には珪藻土が塗られていました。

薪ストーブで沸かしたお湯で作ったお茶をいただくおふたり。

車のカスタムとしては大変ハイレベルな古川さんの車。カスタム総額は一体、おいくらなのでしょうか?!

古川さん「ストーブは原価があってないようなものなので、それ以外の材料費で考えると、総額2万円くらいですかね。廃材などを活用しているので、あまりお金をかけてないんです。」

これで総額2万円って、すごいよね!業者に頼んだら何十万円もするでしょ。

自分でいろいろできるって、すごい良いよね〜。

こだわりのカスタムカー【3】スイスの軍用車をカスタムするアウトドアショップのオーナー

続いてお隣のミリタリー車へ。

うわ〜…これまたはちょっと…。すごいの来たぞ。

すごいの来たねぇ〜。

これ、どこの車?ロシア?あ。でもスイスのマークが。

水陸両用車みたいだなぁ〜

【山口さんの軍用車カスタムカー】

・車種:シュタイヤー プフ 「ピンツガウアー」
・オーストリア製でスイス軍払い下げの車で、同じ形の車は日本に2台しかないという。

山口さん「こんちわ〜」

あっ!どうも〜。おひとりですか?

山口さん「あ、はい。一人です。」

寂しい〜っすねぇ。

いや、普通なのよ!

たまたま今カップルと夫婦が続いただけで、これが普通なんだよ。

いや〜、かっこいい車ですね。見たことないなー。

名古屋でアウトドアショップ「[マウンテンマウンテンファクトリー]」を経営されている山口さんの愛用カスタムカーは、オーストリア製のシュタイヤー プフ「ピンツガウアー」。オーストリアの言葉で「牛」という意味を持つこの車は、スイス軍が軍用車として使用していたもので、同じ形の車は日本に2台しかないのだそうです。10 年以上前から欲しいと思っていたところ、たまたま昨年、知り合いが譲ってくれて手に入れることができたと語ってくれました。

うわ〜!本当に軍用だ、これ。

わはは〜。いいね〜!!男はこういう形が大好きだよね。

楽しいねー。これはもう、アトラクションだよね。

めちゃくちゃかっこいいわー、これ。

あの天井の窓からライフルで撃ったりしてるんですか?

山口さん「してません。笑」

撃ってるわけねーだろっ!

ちょっとやってみたい!

ということで、天井窓から顔を出してみる小木さん。

おぉ…。これだ!

これで、、ダダダダダ、ダダダダダ〜!!!でしょ?

すげぇー!!

このセンスはすげーよ。

これはもうアウトドアショップ経営してるわ。プロだよ、プロ。

アウトドアショップ経営してなきゃおかしいでしょ。

こんな車に乗ってたら、いろんなところで話しかけられるでしょ?

山口さん「いや、指差して笑われますよ。笑」

笑われんの?笑

また一人で行ってるのが硬派っぽくていいっすね。

山口さん「奥さんがついてきてくれないので・・・」

あ、奥さん、アウトドア好きじゃないんだ?

さっきの人たちは、男のロマンに付き合ってくれる奥さんたちだったんだよね。

山口さん「さっき聞いてて羨ましかったです」

わはははっ!!ま、でもそれが普通なのよ。あっちが良い奥さん過ぎるのよ。

じゃ…一人で頑張ってください。笑

こだわりのカスタムカー【4】お金に物を言わせた(笑)高級カスタムカー&カスタムトレーラー

続いてのカスタムカーは2台編成?!

これはさ、どういうことなの?引っ張ってきたってこと?

おぉ〜。こっちの車で引っ張ってるってことだよね。

ってか、これ(トレーラー)さえあれば、引っ張る車はなんだっていいわけでしょ?

そうだよな。フェラーリでも何でもいいわけだよね。

フェラーリ?!

いや、フェラーリだとちょっと、「お前キャンプ好きなのに何フェラーリ買ってんだよ」ってことになっちゃうでしょ

【荒川さんのカスタムカー&カスタムトレーラー】

・車種:[Jeep「ラングラー」]、1947 年製のMOBILE-GLIDE 「ビンテージトレーラー」
・アメリカのプロのカスタム業社が制作したトレーラーは総額500万円

荒川さん「こんにちは〜」(愛犬と一緒に登場)

あ〜、こんにちは〜。今日は犬と2人で旅ですか?

荒川さん「あ、いや、今日は妻も一緒に来てます〜。3番目の。」

あ〜、3番目の、、3番目の?!?

何番目とか言わなくて良いんですよ!言わなきゃ絶対バレないんだから!

そんなこと言ってるから3番目になっちゃうんですよ。笑

荒川さんが所有するトレーラーは、1947年アメリカ製のトレーラーで、元々はアルミジュラルミンだったトレーラーを、お金に物を言わせて(笑)、フルカスタマイズしたんだとか。

総額500万円というカスタムトレーラーの車内は大変美しく、おぎやはぎさんも「手作り事例」の後に見た「プロの仕事」に感嘆していました。

いや〜!!!すごい!こだわってるねぇ〜!!今まで手作りのばっかり見てきたら、やっぱプロはすごいなぁ〜!!すっげ〜

ちなみにこれって引っ張る車は何でも大丈夫?

荒川さん「はい。何でも大丈夫です。小木さんのフェラーリでもいけますよ。」

いや、フェラーリ持ってないから!

でもトレーラー憧れるんだよな。運転は難しくないの?

荒川さん「バックがめちゃくちゃ難しいですね。でも、750キロ未満なら普通免許で牽引できるので、小木さんに売りますよ!600万円で。」

もう売るのかよっ!

しかもさっき総額500万円って言ってたのに、高くなっちゃってる!

ジープの方も結構いじってんな〜。こんなに明かりを沢山つける必要あんの?

よっぽど暗いのが怖いんだろうな〜。笑

色も全部変えてるでしょ?

すげ〜な、本当に。このジープは総額いくらくらいかかってるんですか?

荒川さん「750万円くらいですかね。あ、もしあれだったら譲りますよ?」

え?いくらで?

荒川さん「850万円で。」

だから何で上げるんだよっ!!必ず乗っけてくるんだよ。

この椅子もオシャレだよねー。

荒川さん「これ、カーミットチェアっていって、バイカーの間で人気の椅子なんです。折りたたむとすごくコンパクトになるんです。だいたい6万円くらいだったかな。」

矢作はバイカーだから、売ってもらったら?

かっこいいなぁ。いくらで売ってくれます?

荒川さん「12万円で。」

倍にしちゃうのかよっ!!笑

もうこれ、ぼったくりのフリーマーケットじゃねーか。

ま〜、でもやっぱ全部かっこいいんだよな。金持ちキャンパー!犬含めて完璧だわ。

大変ユーモアの溢れるオーナーとのやりとりに、スタッフも大爆笑の連続でございました。

そして最後のカスタムカーのもとへと向かいます。

こだわりのカスタムカー【5】軽トラを釣り仕様にカスタムしているオーナーは・・・?!

あ〜、今度はまた軽かー。これもまた、こだわってんな〜。

あ、軽のオーナーさん、どうも。

どうも〜、じゃないでしょ!

え…どういうこと?あ〜…。いるね。グイグイくる素人。

俺、苦手なタイプのやつだわ。小木、頼むぞ。

俺も苦手だから。

ちょっと!!俺だよ、俺。今回のゲストだから!

何だ、いたの??てっきり、今日は小木と2人だけかと思ってわ。

ずっといたんだよ!最初から出してくれれば、俺もみんなと一緒にカスタムカーを見れたのよ!

【おぎやはぎとは長年の友達!今回のゲスト・ロンブー亮もカスタムカーのオーナーです】

・車種:DAIHATSU「ハイゼット」
・軽トラを大好きな釣り仕様にカスタム

この車、実は自分で買ってないの。

え…自分で買ってないってどういうこと?

また「闇」か!!!

また闇か。もうやめろよ、そーゆー悪い付き合いは。

闇じゃねーよ!闇ってどういうことだよ!

違くて、俺の釣りのYouTube動画で、「カスタムしたいな〜」って話をしてたら、この後ろについてるフレームの会社から、「車も提供するからうちのやつをつけてくれない?」って話が来たんだわ。それで、車ごともらったの。

どういうこと???これをつけるために車を提供してくれたの?すげー!!

で、自分で作ったところはどこなの?

一応、全体的にラプター塗装っていう汚れに強いやつをやってて、あと、釣りの時に色々洗いたいから、タンクを取り付けたりしてるんだよ。

それと、軽トラって座席の方にはあんまり荷物が入らないから、後ろに鍵がかかる荷物入れをつけてて、車を離れるときはここに荷物を入れてるんだ。

そっかー。まーでも今の時点では、全然欲しくないかなー。

今までの人たちの車は、もっとこだわりがすごかったもんな。

いや、でも荷台にマウンテンバイクとか乗せたりもできて、便利なんだよ。

マウンテンバイク?それはいいね。

うちの家族が今ちょうど、マウンテンバイクにハマろうとしてるんだよね。

ハマろうと・・?まだやってるわけじゃないの?

じゃ、まー、そういうことで。。。頑張ってください。

ちょ!違うから!今日はこっから俺も一緒なの!!こっからが本番なの!!

で、今日はせっかくだから、おぎやはぎが乗ってきたジープをできる範囲でカスタムしてみようと思っててさー。番組の力を借りてやるのって、いいでしょ?

え?何それ!?カスタムとかしていいの?

めっちゃ面白そうじゃん!

ということで、ここからは亮さんも加わり、次の場所へと向かいます!

キャンピングカー・トレーラーの販売やレンタルも!「フジカーズジャパン厚木店」へ

一行がやってきたのは、神奈川県最大のキャンピングカー専門店。およそ120台のキャンピングカーを展示している「フジカーズジャパン厚木店」です。

「フジカーズジャパン厚木店」は、人気の国産車のバンコンをはじめ輸入車やトレーラーまで幅広い種類を取り揃えており、中古車やレンタカーなども充実しています。

【フジカーズジャパン厚木店】

早速、店長の岡田さんに店内の車を案内してもらいます!

●「バンコン」の定番:ハイエース

フジカーズジャパンでは、トヨタの新車をベースにオリジナルのカスタマイズを施した「バンコン」を販売されています。

バンコンとは、商用バンやワンボックスをベースに必要な装備を加えたキャンピングカーのこと。「バン」を「コンバージョン(改造)」したキャンピングカーであるため、バンコンと呼ばれます。

ハピキャンではキャンピングカーの基礎や選び方の極意を紹介した記事も公開されていますので、ぜひ読んでみてください!

話を戻すと、このモデルは、ベッドやエンジン停止時に電気が使える「サブバッテリー」などのベーシックな機能がついていて、396万円(税込)。比較的お手頃です。

同じハイエースのベースで、ポップアップルーフがついたモデルも!

ちょっとルーフに上がってみたいな〜。男はみんな、こういう秘密基地みたいなの大好きだよね。

ということで、実際にルーフトップに登ってみる矢作さん。

楽しそうだな〜、これわ。

スペースどう?!これ、絶対に子どもは喜ぶよ!!

いや〜!!これ、マジでめちゃめちゃ良い!夫婦で寝れるよ。

床がウレタンになってるんだけど、すっごく気持ちいいわ。全然疲れない。

いや〜。こっから覗くのいいなぁ〜。2階だから、風通しがめっちゃ良いよ。

亮くんって子どもは何歳だっけ?

もう高3なんだよ〜。もう高3だと、一緒にルーフトップに登ってくれないかなー?

高3なんて親と一緒にキャンプ来るわけねーじゃん!

うちは中1だけど、ギリ来てくれるよ。

うちは1歳8ヶ月だから、これ買って乗せて喜ばせても、全く記憶に残らないだろうな。笑

フジカーズジャパンでは、同じハイエースベースのバンコンでも様々なモデルがあり、販売だけでなくレンタカーもバリエーションも豊富に用意しているんだとか。まずはいろんな車種をレンタカーで試してみるのもよさそうですね!

●牽引できるキャンピングトレーラー

続いて、普通自動車でも牽引可能なキャンピングトレーラーを案内してもらいました。

うわ!なんか普通に「部屋」だね。住めるな。

これ、3万円くらいで駐車場を借りて、若手芸人に住まわせたらいいじゃん!

それいいね。で、移動させて「今日はどこでしょう〜?!」とかやりたいよね。

先ほどオーナーさんからのお話にあった、「トレーラーはバックが超難しい」という件についてフジカーズジャパンのオーナーさんに聞いてみると、意外にも、人力で方向転換が可能なんだとか?!

実際に、人力で動かすことを試してみた矢作さん。そんなに腕力は必要なかったみたいで、人力で動かせるといういうことに驚いていらっしゃいました!

ということで、前編はここまで。

次回のロケ密着記事もどうぞお楽しみに〜!!

【[おぎやはぎのハピキャン]】

●放送:毎週水曜日 深夜 0時15分〜 テレビ朝日系列メ〜テレ(東海地区)地上波にて放送予定

●配信:毎週水曜日 深夜3時より[GYAO!]にて2週間無料配信!

●過去の放送は[ハピキャン公式YouTube]でも配信中