こんにちは!アウトドア系YoutuberのFUKUです。今回は、格安キャンプギアメーカーのsoomloom(スームルーム)から新作が出ていたので買ってみました。soomloom(スームルーム)と言えば、どこもマネできないような格安のお値段が魅力!コスパ抜群のツールケース、収納バッグ、ランタンケースなどをご紹介します。

soomloom(スームルーム)特集(1)円型の収納バッグ(3個入り)

一つ目はこちら。円型の収納バッグですが、ダッチオーブンも入れられそうな、クッション素材のバッグです。お値段は2,570円。

厚手の綿帆布で、とてもしっかりした造りです。色はシックなダークグリーンで良い感じですよね。

これ実は……、開けてみると、もう一個入っているんですよ!

そしてさらにもう一個!全部で3つです。

どれも厚手の綿帆布製で、質感がいいんですよね。中にもクッション素材が入っているので、デリケートなキャンプギアも衝撃からある程度守ることができそうです。

3個も入っていて2,570円なら、間違いなく激安。デザインと質感にも力を入れているのが分かります。

この3つがあるだけで、ソロキャンプのギアがたくさん詰め込めそう。オフシーズンは、重ねて収納することができてコンパクト。とんでもないケースが出てきましたね。

《商品情報》

  • サイズ :S 24×22㎝、M 32×21㎝、L 38×18㎝
  • 材質 :16オンス綿100%のキャンバス
  • 重量 :(約)S 367g M 516g L 613g
  • 価格 :2,570円

soomloom(スームルーム)特集(2)スクエア型の収納ケース

続いてはこちら、スクエア型の収納ケース。見た目もかっこいいですよね。こちらは単品で2,970円。先ほどと同じく分厚い綿帆布です。

早速開けてみましょう。

おお〜、これはかなりしっかりしたクッション素材の仕切りパーツです。中に入っているクッションも厚めなので、移動中に心配なガス器具やランタンを入れるのにも良さそう。

仕切りはマジックテープでどこにでも付くようになっています。先ほど紹介した丸い収納ケースよりもしっかりギアを守ってくれそうです。

このように、カメラバッグとしても使えるのではないでしょうか。

《商品情報》

  • 重量 :303g
  • サイズ :24×28×10㎝
  • 価格 :2,970円

soomloom(スームルーム)特集(3)ランタンケース(2個入り)

続いてはランタンケースです。2個入りでお値段2,570円。これもかっこいいですね。しっかりしたクッションが入っています。

Coleman(コールマン)のワンマントルランタンを入れてみましょう。

Sサイズのケースにぴったり!Mサイズの方は大きいランタンも余裕で入りそうです。これも使わないシーズンは重ねてしまっておけますね。

《商品情報》

  • 重量 :S 345g、M 510g
  • サイズ :S 16×16×32㎝ M 18×18×44㎝
  • 価格 :2,570円

soomloom(スームルーム)特集(4)長方形の収納ケース(2個入り)

続いては長方形の収納ケースです。おお〜、かっこいいぞこれは。やっぱり素材のチョイスや色味、総合的なデザイン力が上がっていますね。

こちらも中にもう一つ入っていました。でも、中のケースにうっすら汚れが。

Sサイズはペグケースに適したサイズ感ですね。

中の長さが32㎝あるので、ハンマーとペグを一緒に入れておけそうです。底板もありますし、中にメッシュポケットが2つあるのでロープなどの小物も入れておけますね。

Mサイズは大きめなのでソロ用のクッカーやバーナー、ガス缶などを入れても重宝するサイズです。こちらは2個で2,970円とかなりコスパが良いですね。

《商品情報》

  • 重量 :S 590g M 820g
  • サイズ :S 34×14.5×14㎝ M 45×16×15㎝
  • 価格 :2,970円

soomloom(スームルーム)特集(5)インフレーターマットレス

最後はこちら。soomloom(スームルーム)のインフレーターマットレス一人用。お値段4,980円です。ちなみに二人用やワイドサイズもあります。でも一人用でも大きくて、幅77㎝もあります。

徒歩や自転車、バイクでキャンプに行く人向けではありませんが、この厚手のインフレーターマットはとにかく寝心地が良いのが特徴で、これを格安で買えるのはお得感がありますよね。

《商品情報》
重量:約1.8㎏
サイズ:本体 72×200㎝、収納時 77×17㎝
価格:4,980円

●DODのソトネノキワミと比較してみます!

先日購入した、DODのソトネノキワミ。soomloom(スームルーム)よりさらにでかい。

《ソトノキワミ商品情報》

  • サイズ :W80×D208×H10㎝
  • 収納時 :W91×D23×H23㎝
  • 重量 :4.6㎏

このDODのソトネノキワミと、soomloom(スームルーム)のインフレーターマットレスを比較してみます。

まずはDODのソトネノキワミから。本体とシーツ、枕、枕カバーが入っています。シーツと枕カバーはポリコットン製で、肌触りが良いですよ。

バルブを開けると半自動で空気が入っていきます。バルブは吸気モード、開放モード、排気モードと変えられます。

枕とマットのバルブをどちらも吸気モードにして、接続。枕がポンプになるので、これで空気を入れていきます。

空気が入りました。すごいクッション性!家庭用のベッドのマットレスのような、とてつもないクッション感があります。

10㎝の厚みのウレタンマットとエアーの膨らみ、生地の伸縮性のおかげで、想像以上の寝心地です!アウトドア用の寝心地とは思えません。

ポリコットンのシーツを敷いて、専用の枕も置いてみました。

soomloom(スームルーム)特集ですが、DODの性能に脱帽しました。究極の寝心地を求めるならこの価格でもアリでしょう。とてつもない寝心地でした。

●soomloom(スームルーム)インフレーターマットレスの寝心地は?

お次はsoomloom(スームルーム)。ソトネノキワミは大きくて値段も高額ですが、こちらはそれに比べるとコンパクトでお値段も良心的。実際どうなのかこれから確かめてみたいと思います。

バルブを開けただけでは空気が入らないので、携帯式のエアーポンプで膨らませます。

こちらは厚みが6㎝なのでソトネノキワミより薄いですが、同じようなフワフワ感があります。

寝心地は良いですね。コンクリートの上ですが、地面の冷たさは全く感じません。局所的に体重をかけても、中にクッションが入っていてるので快適です。

寝心地、肌触りはDODが最上級だと思います。soomloom(スームルーム)は、それと比較すると落ちますが、意外と悪くありません。3000円台の安いエアマットを買ったことがありますが、それに比べると段違いの寝心地です。

5000円以下なので、コスパの良いマットじゃないでしょうか。ただ膨らませるためにポンプがあったほうが良いですし、収納サイズも大きめなので、コンパクトさよりも寝心地を重視したい人向けです。

レベルアップしたsoomloom(スームルーム)の格安キャンプギアをゲットしよう

今回はsoomloom(スームルーム)特集でした。やはりsoomloom(スームルーム)ならではの格安度合いが半端ない商品ばかり。実用的ですし、見た目や質感もレベルアップしている感じがしました。改めて概ね質も安定していて、格安なキャンプギアだと思いました。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

●今回ご紹介したアイテムのYoutube動画はこちらから

●その他の収納系アイテムの記事もどうぞ