SOTOの『フィールドホッパー』はコンパクトで持ち運びやすく、キャンプや登山などのアウトドアシーンで大活躍するテーブルです。セッティングが簡単で使い勝手も抜群!今回は、そんなフィールドホッパーのおすすめポイントなどをトコトン解説します。コンパクトなテーブルを探している人や、サイドテーブルを購入したい人は必見ですよ!

SOTOのテーブル『フィールドホッパー』の概要をチェック! 重量やサイズ展開など

SOTOは、新富士バーナーが運営する日本のアウトドアブランド。そんなSOTOから発売されているテーブルが、今回ご紹介するフィールドホッパーです。

  • 使用時サイズ:幅297×奥行210×高さ78mm
  • 収納時サイズ:幅297×奥行110×高さ19mm
  • 重量    :395g(本体のみ)
  • 耐荷重   :3kg
  • 材質    :天板/アルミニウム、スタンド/ステンレス

※いずれもフィールドホッパー ST−630の情報

フィールドホッパーの天板はA4サイズで、シェラカップ2つにガスカートリッジ1つを乗せられるくらいの大きさです。重量はわずか395gと、とっても軽量。

ソロキャンプや登山など、荷物を少なくしたいアウトドアシーンで活躍してくれるテーブルです!

なお、フィールドホッパーにはA3サイズもあり、ST-631(フィールドホッパーL)という品名で発売されています。

今回は、A4サイズのフィールドホッパーST-630を紹介していきます。

SOTO『フィールドホッパー』のレビュー! コンパクトだけじゃない魅力をご紹介

ここからは、フィールドホッパーのおすすめポイントをご紹介。フィールドホッパーはコンパクトというだけではなく、使い勝手抜群の魅力的なテーブルです!

●SOTO『フィールドホッパー』のおすすめポイント【1】ポップアップ機構で設営が簡単

フィールドホッパーのおすすめポイント1つ目は、ポップアップ式で設営が簡単なことです。

コンパクトなアウトドアテーブルでは、スタンドと天板が分離していて、それぞれを組み合わせるタイプが主流。そのため、テーブルを組み立てるのにいくつかの手順が必要です。

一方で、ポップアップ式のフィールドホッパーは組み立ての手間がなく、天板を広げるだけで設営が完了。わずか数秒で設営できるため、ストレスゼロで使用できます。

●SOTO『フィールドホッパー』のおすすめポイント【2】転落防止加工がされている

フィールドホッパーのおすすめポイント2つ目は、転落防止加工がされていることです。

フィールドホッパーの天板のふちには、わずかな凸型の加工が。これにより、テーブルに乗せた物が落ちにくくなっています。

ただし、転落防止加工されている箇所はテーブルの手前と奥だけ。左右には加工がされていないので、物を落とさないよう注意してくださいね。

●SOTO『フィールドホッパー』のおすすめポイント【3】熱いものを乗せられる

フィールドホッパーのおすすめポイント3つ目は、熱いものを乗せられることです。

メッシュ素材のテーブルなどは熱に弱く、加熱直後のクッカーを直接乗せてしまうと、天板を損傷してしまう可能性があります。

フィールドホッパーの天板はアルミニウムでできているため、加熱直後のクッカーを乗せたり焚き火の近くで使ったりしても安心です。

ただし、熱いものに長時間触れていると、天板自体が熱くなって火傷や変形のリスクもありますので注意して使いましょう。

●SOTO『フィールドホッパー』のおすすめポイント【4】限定カラーのマットブラックも

フィールドホッパーのおすすめポイント4つ目は、限定カラーのマットブラックが発売されていることです。

フィールドホッパーのマットブラックは、天板の色が黒に加工されています。通常のシルバーと比較すると、少し引き締まった印象に。

アウトドア用品専門店の「ナチュラム」限定モデルではあるものの、Amazonや楽天でも購入が可能です。好みに合わせて色を選べるのは嬉しいですね!

アウトドアシーンで活躍するテーブル! SOTO『フィールドホッパー』をおすすめする人

ここからはフィールドホッパーをおすすめする人をお伝えします。さまざまなシーンで活躍するフィールドホッパーは、使えば満足すること間違いなしです!

●SOTO『フィールドホッパー』をおすすめする人【1】荷物をコンパクトにしたい人

フィールドホッパーは、コンパクトかつ軽量であることが大きな魅力。

収納時のサイズは、幅297×奥行110×高さ19mmと、バックパックのサイドポケットにも収まるほどです。

また、重量が395gと軽いこともあり、ツーリングや登山などで荷物をコンパクトかつ軽量化したい人にピッタリのテーブルです!

●SOTO『フィールドホッパー』をおすすめする人【2】サイドテーブルが欲しい人

ファミリーキャンプやグループでのキャンプなどでは、多くの料理が並んでテーブルの上が混雑してしまうことがありますよね。

ソロキャンプでも、お気に入りの道具や作った料理をテーブルに並べると、少し手狭に感じる場合も少なくないはずです。

そんなときでもフィールドホッパーは大活躍。マグカップや飲み物、作り途中の料理、ちょっとしたギアなどを乗せておくサイドテーブルとして活用できます。

特に、熱い料理なども乗せておけるのは非常に便利。便利でコンパクトなサイドテーブルを購入したいと思っている人にも、フィールドホッパーはおすすめですよ!

購入前に要チェック! SOTOのテーブル『フィールドホッパー』の気になる点

ここからは、実際に使用して感じた、フィールドホッパーの気になる点をお伝えします。購入を検討している人は、事前にチェックしておきましょう!

●SOTO『フィールドホッパー』の気になる点【1】ロック機能がない

フィールドホッパーの気になる点の1つ目は、ロック機能がないことです。

天板に物を乗せた状態でテーブルを持ち上げたり移動させたりすると、天板が折りたたまれ、物が落ちてしまう可能性があります。

また、収納時にもロック機能はないため、ちょっとした衝撃で急に天板が開くこともあります。

収納時には付属のケースにしまっておくことが推奨されていますが、フィールドホッパーを購入する前には、使用時・収納時ともに店舗で動作を確認しておくことをおすすめします。

●SOTO『フィールドホッパー』の気になる点【2】耐荷重は3kg

フィールドホッパーの耐荷重は3kgです。そのため、ダッチオーブンやスキレットなど、重さがある道具を乗せておくのには向きません。

また、テーブルの上で調理をする場合、道具の重さ以上に荷重がかかる可能性も考えられます。

重さがあるものを乗せたい場合や、テーブル上で調理をしたい場合には、フィールドホッパーST-631(フィールドホッパーL)がおすすめ。

フィールドホッパーST-631の耐荷重は20kgと、フィールドホッパーST-630より大幅にアップ。

使用時・収納時のサイズは大きくなってしまうものの、ポップアップ機能などの使い勝手の良さに変わりはありません。

また、フィールドホッパーST-631には、片側を持ち上げても天板が閉じないストッパーがついています。前述したロック機能の問題も解消されていて、さらに使いやすいです!

ただ「コンパクトさを重視したい!」という人もいるはずですので、フィールドホッパーを購入する場合は、用途に合わせてサイズを検討することをおすすめします。

▼フィールドホッパーST-631

SOTO『フィールドホッパー』の評判・口コミ

SOTOの『フィールドホッパー』は満足すること間違いなしの万能テーブル!

今回は、SOTOのテーブル『フィールドホッパー』をご紹介しました。

フィールドホッパーは身軽さが重視されるソロキャンプや登山だけでなく、ファミリーキャンプやグループキャンプなど、さまざまなアウトドアシーンで活躍する万能テーブルです。

今回の記事を参考に、お気に入りのテーブルを手に入れてくださいね。

SOTOは『フィールドホッパー』以外にも魅力的なアイテムあり! あわせてチェック