ワークマンのカッパは高機能なのにコスパが良いと、キャンパーやアウトドア愛好家からも人気を集めています。そこで、ワークマンで取り扱いのあるオールシーズン用レインウエアの中から、おすすめの商品をハピキャン編集部がセレクト。機能や目的別にまとめて紹介します。

ワークマンのカッパ/レインウエアは種類が豊富だから用途に合わせて選べる!

ワークマンのカッパ/レインウエアはとにかく安い上、ラインナップが豊富。

バッグを背負ったままでも使える、バイクや自転車のライダー向け、高耐水仕様、普段使いもできるおしゃれデザインなど、さまざまな種類があります。

そのため、雨天時のキャンプ、登山、ハイキング、通勤、通学などで大活躍。

アウトドアシーンからタウンユースまで、用途にあわせて幅広く活用できるのが魅力です。

カッパ/レインウエアを選ぶにはまず耐水圧と透湿度をチェック

カッパ/レインウエアを選ぶときには、まず耐水圧(たいすいあつ)と透湿度(とうしつど)をチェックするのがポイント。

耐水圧も透湿度も、カッパを快適に着用するために欠かせないスペックです。

●「耐水圧(たいすいあつ)」とは? 水のしみ込みにくさを表す性能

「耐水圧」とは、どのくらいの水圧に耐えられるかを数値で表したもの。つまり、カッパ/レインウエアの防水性能の高さを示します。

ちなみに、耐水圧の数値と、耐えられる雨の降り具合の目安は以下の通り。

  • 耐水圧 300mm:小雨
  • 耐水圧 2,000mm:中雨
  • 耐水圧 10,000mm:大雨
  • 耐水圧 20,000mm:嵐

耐水圧の数値が大きいほど防水性能に優れており、中に水がしみ込みにくいことを表します。

●「透湿度(とうしつど)」とは? 数値が高いと中がムレにくい

「透湿度」とは、カッパ/レインウエア内部にこもった水蒸気を、どれだけ生地の外へ逃がすかを表す数値です。

数値が大きいほど透湿性に優れていて、内側の汗や水蒸気を外へ放出する性能が高いことを表します。

そのため、特に汗をかきやすい季節は、中が蒸れにくく、快適に着用できる透湿度の高いカッパがおすすめ。

一般的な大人の発汗量は、軽い運動をしたときは1時間あたり約500g(24時間で約12,000g)、激しい運動では倍の約1,000g(24時間で約24,000g)とされているので、キャンプやアウトドアでも透湿度が高めのカッパを選びましょう。

そうはいっても、いざキャンプ用にカッパ/レインウエアを選ぶとなると、耐水圧、透湿度ともにどのくらいの数値が目安かが気になるところ。

「さっと雨をしのぎたい」「雨の中キャンプ場で過ごすとき」など、着用シーンによって必要なスペックが異なるので、以下のおすすめ商品の見出しを参考に選んでくださいね。

さっと雨をしのぐなら
ワークマンのカジュアルなカッパ/レインウエア4選

さっと雨をしのげる程度のカッパ/レインウエアを選ぶなら、耐水圧・透湿度は最低限でも十分です。

また、上下をそろえなくても、ジャケット(上着)のみで問題ありません。

【スペックの目安】

  • 耐水圧:2,000mm〜
  • 透湿度:3,000g〜
  • ジャケットのみでOK

●【おすすめ1】「レディースレインジャケット STRETCH Perfect(ストレッチ パーフェクト)」

【スペック】

  • 重量:(約)300g ※Mサイズの場合
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):8,000g

ワークマンの「レディースレインジャケット STRETCH Perfect(ストレッチ パーフェクト)」は、名前の通り、全方向ストレッチ機能により、体を動かしやすいのが特徴です。

カラーはヴィヴィッドな3色展開で、おしゃれを楽しめるのも◎

●【おすすめ2】「MIXING(ミキシング)レインパーカー」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:M〜5L
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:5,000mm
  • 透湿度(24H):10,000g

ワークマンの「MIXING(ミキシング)レインパーカー」はストレッチ性が高く、腕の上げ下げがラクにできるのが魅力。

ベンチレーション付きポケットの装備により、中がムレにくく、快適に着用できます。

●【おすすめ3】「レディースエアシェルジャケット」

【スペック】

  • 重量:(約)150g ※Mサイズの場合
  • サイズ:S〜L
  • 素材:ナイロン100%(透湿ポリウレタンコーティング)
  • 耐水圧:2,000mm
  • 透湿度(24H):3,000g

ワークマンの「レディースエアシェルジャケット」は、Mサイズで150gほどと軽量で、さっと雨をしのぐにはぴったりです。

収納袋が付属するので、携帯にも便利。

●【おすすめ4】「エアシェルジャケット」

【スペック】

  • 重量:(約)170g ※Lサイズの場合
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ナイロン100%
  • 耐水圧:2,000mm
  • 透湿度(24H):3,000g

ワークマンの「エアシェルジャケット」は、薄めで軽く、携帯性に優れているのが特徴。

耐水性、透湿性もあるので、通勤や通学時の突然の雨にも対応します。

雨のキャンプ場で使うなら
耐水圧が高めのワークマンのカッパ/レインウェア5選

あまり激しい動きをしなくても、雨の日のキャンプ場やアウトドアなどで、ある程度ぬれることが予想されるときは、耐水圧が高めのカッパ/レインウエアの着用がおすすめです。

【スペックの目安】

  • 耐水圧:10,000mm〜
  • 透湿度:10,000g〜

●【おすすめ1】「レインスーツジョーカー2」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜7L
  • 素材:ナイロン100%
  • 耐水圧:15,000mm
  • 透湿度(24H):10,000g

ワークマンの「レインスーツジョーカー2」は、ジャケット・パンツの上下セット品。

総裏メッシュで、中がムレにくいのがうれしいポイントです。

ジャケットには止水ファスナーが採用されていて、防水性が高いのも魅力。

●【おすすめ2】「レディースユースフルショートコート」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:M、L
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):15,000g

ワークマンの「レディースユースフルショートコート」は、晴れ、雨、どちらの天候でも違和感なく着用できるコート。

その日のファッションや気分にあわせて、腰のアジャスターを使ってシルエットチェンジもできます。

●【おすすめ3】「レディース撥水ライトマウンテンパーカーレイン」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:M〜LL
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):15,000g

ワークマンの「レディース撥水ライトマウンテンパーカーレイン」は、ダブルファスナーが採用されており、上下どちらの方向からも開閉できるのが特徴。

UVカット機能もあり、紫外線対策にも役立ちます。

●【おすすめ4】「INAREM(イナレム)ライトウォームジャケット・パンツ」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):10,000g

「INAREM(イナレム)ライトウォームジャケット・パンツ」(別売り)は、ワークマンが独自に開発した高機能透湿防水素材「INAREM」が使われています。

高い耐水性と透湿性があるのはもちろん、防寒性能にも優れているので、秋口から春先まで活躍するのがうれしいポイント。

●【おすすめ5】「ブリザテックレインジャケット」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ナイロン100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):10,000g

ワークマンの「ブリザテックレインジャケット」は、透湿防水素材の「ブリザテック」が採用されているレインウエア。

表面の水けをしっかりはじきながら、内部の湿気を外に放出するので、快適に着用できます。

ワークマンで最高スペックのモデルがほしい!
耐水圧・透湿度の高さで選ぶなら「イナレム」をチェック

とにかく耐水圧・透湿度が高いモデルを求めるなら、ワークマンのラインナップの中で、最もハイスペックを誇るものを選びましょう。

【スペックの目安】

  • 耐水圧:20,000mm〜
  • 透湿度:20,000g〜

●「INAREM(イナレム)ストレッチレインスーツ」

【スペック】

  • 重量:(約)300g
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:20,000mm
  • 透湿度(24H):25,000g

ワークマンが独自に開発した高機能透湿防水素材が使われている「INAREM(イナレム)ストレッチレインスーツ」は、上下組のレインウエア。

ワークマンが展開するカッパ/レインウエアの中でも、最高レベルの耐水圧・透湿度を誇り、浸水やムレを防いで、快適に着用できます。

▼レビュー記事はこちら!

コスパで選ぶならコレ!
1,000円以下で買えるワークマンの簡易カッパ2選

ワークマンのカッパ/レインウエアのラインナップには、1,000円以下で買える、お財布にやさしい商品もあります。

最低限の機能でOK、とにかくコスパ重視、といった人におすすめ。

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:M〜4L
  • 素材:EVA(エチレン酢酸ビニル)
  • 耐水圧:-
  • 透湿度:-

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:SS〜4L
  • 素材:PVC(塩化ビニル樹脂)
  • 耐水圧:-
  • 透湿度:-

機能で選びたい!
特化した機能をもつワークマンのカッパ/レインウエア5選

ワークマンのカッパ/レインウエアには、これまで紹介したモデルのほかにも、さまざまな機能をもつ商品がたくさんそろいます。

使用シーンや用途に応じて、必要なタイプをチョイスしてくださいね。

●大容量で選ぶなら「ガジェットレインジャケット」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):5,000g

ワークマンの「ガジェットレインジャケット」は、ポケットがたくさん装備されており、バッグを持ち歩く必要がないほど多収納なのが魅力。

手ぶらで動けるので、アウトドアシーンからタウンユースまで、幅広く活用できます。

耐水圧10,000mmの性能があり、小雨程度なら問題ありません。

●バッグインで選ぶなら「BAGin(バッグ イン)レインジャケット」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ポリエステル100%(TPUラミネート)
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):5,000g

ワークマンの「BAG in(バッグ イン)レインジャケット」は、リュックやデイパックを背負ったまま着用できる便利なカッパです。

背中のファスナーを開くと生地が広がって、リュックをカバーできる仕組み。

荷物がなければ、ファスナーを閉じて、ほかのレインウエアと同じように着用できます。

▼レビュー記事はこちら!

上下組タイプならこちらがおすすめ。

【スペック】

  • 重量:(約)500g ※Lサイズの場合
  • サイズ:S〜5L
  • 素材:ポリエステル100%(透湿防水コーティング)
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):2,000g

●バイク向け機能付きなら「3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜5L
  • 素材:ポリエステル100%(ポリウレタンラミネート)
  • 耐水圧:20,000mm
  • 透湿度(24H):3,000g

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜5L
  • 素材:ポリエステル100%(ポリウレタンラミネート)
  • 耐水圧:20,000mm
  • 透湿度(24H):2,000g

ワークマンの「3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)」は、バイク走行にも対応する、上下組のレインウエア。

3層構造生地の採用により、雨風が中に侵入しない仕様です。

首、袖口、ウエストに絞りアジャスターが装備されていて、バタつきをおさえられるのも魅力。

▼レインウエアにも使える、こちらのオールウェザー(全天候型)パンツもおすすめ!

●自転車向け機能付きなら「サイクルストレッチジャケットFULL(フル)」

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜LL
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):5,000g

ワークマンの「サイクルストレッチジャケットFULL(フル)」は、悪天候下でのサイクリングにも対応するレインウエア。

ヘルメット対応フード、夜間の走行も安心な反射プリント、着脱可能な袖、ファスナー式バッグインなど、サイクリストにうれしい機能満載です。

●男性は便利! 前開きタイプが採用されたパンツもチェック

カッパ/レインウエアを上下で長時間着用する男性の場合、パンツは前開きの方が便利。

パンツをその都度脱がなくても用が足せますね。

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜3L
  • 素材:ポリエステル100%
  • 耐水圧:10,000mm
  • 透湿度(24H):10,000g

【スペック】

  • 重量:-
  • サイズ:S〜7L
  • 素材:ナイロン100%
  • 耐水圧:15,000mm
  • 透湿度(24H):10,000g

高機能でコスパ良し! ワークマンのカッパ/レインウエアで雨キャンプも快適◎

ワークマンのカッパ/レインウエアは、機能からデザインにいたるまでラインナップが豊富。使用シーンや用途に適したものを選べます。

何よりも、高機能でありながらコスパが良いのが魅力。価格が安いので、複数購入して、目的に応じて使い分けるのもおすすめです。

お気に入りのモデルを探して、雨キャンプを快適に、お得に楽しみましょう。

ワークマンで雨対策をしたい方は、こちらの記事もどうぞ

(ライター:[hayase])