宿泊をともなうキャンプなど、日が暮れてからのアウトドアシーンには照明が欠かせません。ランタンやライトには様々な種類がありますが、おすすめはLEDタイプのもの。寿命が長く、かつ火を使わないので安全に使えるのが魅力です。そこで今回は、愛用者が激推しするおすすめのLEDライトをまとめて紹介します。

コンパクトで保管しやすいLEDライトのおすすめ4選! 持ち運びに便利なポップアップランタンなど

持ち運びを重視するなら、軽量かつコンパクトに設計されているLEDライトがおすすめ。

また、折りたたんでサイズを小さくできるタイプは収納性が高く、保管や持ち運びに便利。

災害時にも持ち運びしやすく、防災用品として備えておくのも良いですね!

●スマホサイズのコンパクトなボディ! 「LUMENA2(ルーメナー2)」

「LUMENA2(ルーメナー2)」は、重量280g、サイズは129×75×22.7mmほどと、軽量かつコンパクトなLEDライト。

少し厚みのあるスマートフォンのようなサイズ感です。

防塵・防水規格はIP67。風が強い日や雨の日のアウトドアでの使用にもじゅうぶん耐えられます。

明るさは100ルーメンから1,500ルーメンまで、4段階に調整が可能。

最大光量に設定すると、キャンプサイト全体が明るくなり、メインランタンにもうってつけ。

10,000mAhの大容量バッテリーが搭載されていて、スマホやデジカメなどを充電するモバイルバッテリーとしても使えます。

【スペック】

  • 重量:280g
  • サイズ:129×75×22.7mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:100〜1,500lm
  • 電源:バッテリー充電式

▼愛用者レビューはこちら!

●折りたたんで収納できる! DOD(ディーオーディー)「LEDソーラーポップアップランタン」

DOD(ディーオーディー)の「LEDソーラーポップアップランタン」は、折りたたんで収納できるLEDランタン。

収納時は、径8.5cm×高さ6cmほどと、手のひらほどの大きさになります。

明るさは4段階に調節可能で、20lm(常夜灯モード)に設定すると、連続80時間の使用が可能。

単3形乾電池、ソーラーおよびUSB充電の3通りの電源に対応しているのも便利。

なお、ソーラーおよびUSB充電には、ニッケル水素電池が別途必要です。

【スペック】

  • 重量:(約)161g
  • サイズ:(約)径85×高さ110mm
  • 収納サイズ:(約)径85×高さ60mm
  • 明るさ:20lm・100lm・200lm・ゆらぎ(可変)
  • 電源:単3形乾電池×3本、USB充電・ソーラー充電(要ニッケル水素電池)

▼愛用者レビューはこちら!

●MPOWERD(エムパワード)「アウトドア2.0 Pro」 空気でふくらむLEDランタン

MPOWERD(エムパワード)「アウトドア2.0 Pro」は空気でふくらませて使うLEDランタン。

折りたためばペタンコになるので、持ち運びに便利。

容量2,000mAhのバッテリーが内蔵されていて、スマホやデジカメなどの充電も可能です。

防災用品として備えておくのもおすすめ。

【スペック】

  • 重量:(約)156g
  • サイズ:径127×高さ108mm
  • 収納サイズ:径127×高さ38mm
  • 明るさ:最大150lm
  • 電源:ソーラー充電、USB充電

▼くわしくはこちらの記事で!

●BRISIE「リモコン付きLEDランタン」 手元でON・OFFが操作できて便利!

BRISIEの「リモコン付きLEDランタン」は、離れた場所から、スイッチのON・OFF、調光などの操作ができて便利。

電波式のリモコンが採用されているので、ランタンの方向に向けなくても操作できるのが魅力です。

5,200mAhのバッテリーを内蔵しており、モバイルバッテリーとしても活躍します。

【スペック】

  • 重量:186g
  • サイズ:径80mm×高さ60mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:最大280lm
  • 電源:USB充電

▼愛用者レビューはこちら!

インテリアとしてもおしゃれなLEDライトのおすすめ3選! バルミューダ・ベアボーンズなど

LEDライトの中にはデザイン性が高いものも多く、普段はインテリアアイテムとしても活用できます。

ここでは、飾っておくだけで楽しめる、おしゃれでかわいいLEDライトを紹介します。

●スタイリッシュで機能的! BALMUDA(バルミューダ)「ザ・ランタン」

デザイン性と機能性を兼ね備えたLEDランタンが、BALMUDA(バルミューダ)の「ザ・ランタン」。

インテリア性が高く、飾っておくだけで空間をおしゃれに演出できます。

IP54の生活防水レベルの性能があるので、アウトドアでの使用も可能。

【スペック】

  • 重量:(約)630g
  • サイズ:103×110×高さ248mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:(約)195lm
  • 電源:バッテリー充電

▼愛用者レビューはこちら!

●SPICE OF LIFE「スマイルLEDランタン」 子どもが喜ぶキュートなフェイスデザイン

かわいいフェイスデザインが特徴のSPICE OF LIFE「スマイルLEDランタン」。

操作はスイッチをON・OFFするだけで、いたってシンプル。小さな子どもも使いやすいのが魅力です。

このランタンの誕生のきっかけは、2011年の東日本大震災なのだそう。停電で不安な子ども達を想って作られた、子どもにも優しいランタンです。

【スペック】

  • 重量:(約)140g
  • サイズ:(約)径110×170mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:−
  • 電源:単3形乾電池×4本

▼愛用者レビューはこちら!

●Barebones(ベアボーンズ)「ビーコンライト」 アンティークな雰囲気がおしゃれ!

Barebones(ベアボーンズ)の「ビーコンライト」は、アンティーク風のデザインがおしゃれなLEDランタン。

レトロな装いですが、LOWモード設定時は200時間の連続使用が可能、バッテリー残量を示すランプの点灯など、機能面も充実しています。

スイッチを入れると、幻想的な光が広がって、周囲がおしゃれな空間に!

【スペック】

  • 重量:127g
  • サイズ:76×高さ152mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:30〜220lm
  • 電源:USB充電

▼愛用者レビューはこちら!

キャンプの夜におすすめなLEDランタン4選! メイン使用可能な1300ルーメンのものも

「キャンプと言えば!」なフォルムのおすすめランタンも、4つご紹介します。

LEDランタンなら火を使わないため、テント内で安全に使用できるのが大きなメリットですよね!

●GENTOS(ジェントス)LEDランタン「SOL-036C」 キャンドルモードで炎を再現!

GENTOS(ジェントス)のLEDランタン「SOL-036C」は、白色、昼白色、暖色の3タイプから調色できるのが特徴です。

暖色のキャンドルモードに設定すると、炎のゆれを再現したようなライティングになり、キャンプの雰囲気がぐっと上がります。

おうちキャンプでの使用にもおすすめ。暖色モードが雰囲気を演出してくれます。

【スペック】

  • 重量:(約)400g(電池含む)
  • サイズ:径73×158mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:160〜380lm
  • 電源:単3形乾電池×6本

▼愛用者レビューはこちら!

●GENTOS(ジェントス)「EX-1300D」 メインランタンにおすすめ!

最大1,300ルーメンの明るさを誇るGENTOS(ジェントス)のLEDランタン「EX-1300D」。

広範囲を明るく照らすので、キャンプサイトのメインランタンにおすすめ。

明るさは、弱から強まで、無段階調節が可能です。

【スペック】

  • 重量:(約)1,220g(電池含む)
  • サイズ:(約)径129×246mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:600〜1,300lm
  • 電源:単1形乾電池×4本

▼くわしくはこちらの記事で!

●GENTOS(ジェントス)LEDランタン「EX-000R」 乾電池・USB充電の両方に対応

GENTOS(ジェントス)のLEDランタン「EX-000R」は、乾電池式およびUSB充電式の2通りで使用できるのが特徴です。

USB充電して使うときは、念のため予備として、一緒に乾電池も携帯しましょう。

最大1,000ルーメンの明るさですが、長時間使えないため、光量を減らしてサブランタンとして使うのがおすすめ。

【スペック】

  • 重量:680g
  • サイズ:径102.2×189mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:450〜1,000lm
  • 電源:単1形乾電池×3本、USB充電

▼愛用者レビューはこちら!

●Coleman(コールマン)「クアッドマルチパネルランタン」 パネルライトを取り外せて便利!

本体に付いている4つのパネルライトを取り外せる、Coleman(コールマン)の「クアッドマルチパネルランタン」。

外したパネルライトは、パーソナル置き型ライト、ハンディライト、懐中電灯代わりなど、幅広い用途に使えます。

防災用品としても役立ちます。

【スペック】

  • 重量:(約)1,200g
  • サイズ:(約)径145×高さ235mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:25〜800lm
  • 電源:単1形アルカリ電池×4本または8本

▼くわしい記事はこちら!

両手が使えて便利なLEDヘッドライト2選! 登山や夜ウォーキングにもおすすめ! ジェントス・ペツル

暗い時間帯に両手を使った作業や登山などをするときは、LEDヘッドライトが便利。

ライトを手で持たなくても、照射したい方向に頭を向けるだけで、周囲を明るく照らせます。

●GENTOS(ジェントス)「ヘッドライトHC-24BK」 超軽量&小型で明るい!

GENTOS(ジェントス)の「ヘッドライトHC-24BK」は電池を含む総重量が32gと超軽量。

頭や首に負担がかかりにくく、ストレスフリーで装着できるのがうれしいポイント。

首掛けもできるので、ヘアスタイルを崩したくない方にもおすすめです。

【スペック】

  • 重量:32g(電池含む)
  • サイズ:W40×H36×D40mm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:最大20lm
  • 電源:リチウムボタン電池CR2032×2個

▼愛用者レビューはこちら!

●PETZL(ペツル)ヘッドライト「TIKKINA(ティキナ)」 安価でハイスペック!

最大照射力が250ルーメンと、バツグンの明るさを誇る、PETZL(ペツル)のヘッドライト「TIKKINA(ティキナ)」。

暗所でも、足元がまぶしすぎるほどよく見えて、安全に歩けます。

最大照射距離は60mで、近距離をワイドに照らすのに最適。

IPX4(防沫形)相当の防水性能もあります!

ハイスペックなのに、Amazonなどの大手通販サイトで3,000円をきる価格で購入できるのも魅力。

【スペック】

  • 重量:81g
  • サイズ:(約)径8.5cm×高さ11cm
  • 収納サイズ:−
  • 明るさ:6〜250lm
  • 電源:単4形乾電池×3本

▼愛用者レビューはこちら!

【その他あると便利なLEDライト】手持ちで使える懐中電灯がおすすめ! 防災用に備えるのも◎

アウトドアシーンでは、ランタンやヘッドライトを使うのがポピュラーですが、防災用品としては手持ちで使える懐中電灯もひとつあると便利。

キャンプでもパーソナルハンディライトにしたり、防災用品として気軽に使える場所に保管したり、何かと役立つアイテムです。

▼おすすめの懐中電灯はこちら!

LEDライトを活用して、夜のアウトドアシーンをおしゃれに演出! 防災用品にもおすすめ

LEDライトは白熱電球のように熱くならず、火も使わないので、安全に使用できるのが魅力。

デザイン性が高いものなら、空間をおしゃれに演出できます。災害時にも役立つので、防災用品として備えておくのもおすすめ。

ひと口にLEDライトといっても、デザイン、機能、サイズにいたるまで、多彩なラインアップがあります。用途、使用シーン、好みのスタイルなどにあわせて、適したものを選びましょう。

(ライター:hayase)