アウトドアスポーツやキャンプなど、旅先で妻が一番困るのは髪を乾かすことだそうです。多くのキャンプ場にはコインシャワーは設置されていますが、コンセントがない所は多く、体はサッパリしても髪の毛は濡れたままになってしまうことも。と言うことで昨年、「ドライヤーが使いたい」という妻の希望を叶えるために、クラウドファンディングで手に入れたのが、ポータブルバッテリー「モンスターX」でした。これがすごく優れものなので紹介したいと思います。

モバイルバッテリー・ポータブルバッテリーってなに?

スマホやタブレットの充電に使う『モバイルバッテリー』。通勤や外出、出張などでは必需品と言えるアイテムです。

何度も繰り返し充電を行うことで、何度も使うことができます。昔は「充電電池」や「蓄電池」といいましたが、わらにそれを大容量にしたものが、『ポータブルバッテリー』です。

我が家では、ちょっと探しただけでモバイルバッテリーがたくさん出てきました。

ほとんどのモバイルバッテリーにはUSB端子があり、そこから2.1Aや3Aなどの電流が流れ、スマホやゲーム機などを充電します。

我が家にあるバッテリーには、LEDライトがついていたり、ソーラーパネルを日に当てておけば充電できるもの、USBだけでなく9〜20Vまでの電圧が取り出せてノートPCを直接動かせるものなどがあり、用途に合わせて使い分けています。

これらのモバイルバッテリーに比べ、ポータブルバッテリーは大型で大容量、そして家電が使えるように100Vのコンセントがあるのが特徴です。

ポータブルバッテリーの上手な選び方は? 容量と出力が選び方の基本!

「スマホを3回充電できます!」

「容量10,000mAh!」

こういった性能を見て、皆さんはモバイルバッテリー・ポータブルバッテリーを選んでいると思います。

失敗せずにバッテリーを選ぶには、容量と出力をチェックすることが最も大切です!

参考までに、iPhone12の場合、バッテリー容量は2815mAh。10,000mAhのバッテリーなら3回充電できると言うことになりますね。

ポータブルバッテリーの場合は、100Vのコンセントが付いているため、コンセントに繋いで家電を動かすことができます。

●選ぶ時のポイント1:出力を考える

家電製品はそれぞれ消費する電力が違いますので、それらを動かすためにポータブルバッテリーを購入するのであれば、容量だけでなく何ワット(W)出力できるかが重要になります。

> ・ヘアドライヤー(1,600〜1,900W)・・・1〜1.5時間
・電子グリル(1,000W)・・・1.7〜2時間
・電子レンジ(650W)・・・2.5〜2.7時間
・冷蔵庫/冷凍庫(150W)・・・11〜15時間
・ノートPC(49W)・・・30回以上
・電気自動車(テスラ)・・・15〜17km
> -- www.makuake.com

こちらは、それぞれの家電を動かすために必要な出力と、モンスターXの稼動時間です。

ヘアドライヤーを使いたい場合は、ポータブルバッテリーは1600W〜1900Wを出力する必要があります。これより低い出力では、家電製品を動かすことができません。

例えば電子レンジは650Wで2.5時間、冷蔵庫は150Wで11時間稼動が可能ですが、それをすべて1度に動かせば、稼動可能時間は短くなってしまいます。実際に使うことを想定し、出力は十分に吟味して購入する必要があります。

●選ぶ時のポイント2:容量を考える

次に容量ですが、ポータブルバッテリーの容量は「Wh(ワットアワー)」で表記されています。

これは、1時間当たりに流せる電力量を示した値で、1000Whの場合は1000Wのドライヤーを1時間動かす容量を持っていると言うことになります。

150Wの冷蔵庫を1日中稼動させたいと思った場合、単純計算では150W×24時間(h)=3600Whの容量が必要になります。

とはいえ実際は、気温などの環境によっても変動します(庫内が十分に冷えればモーターが切れて電力を大量に消費しなくなる)ので、万全を期して容量は余裕を持って選ぶのがおすすめ。もちろん、夏場と冬とでは消費電力は大きく変わってきます。

クラウドファンディングで手に入れた超大容量バッテリー『モンスターX』とは?

それではいよいよ、今回私が購入した『モンスターX』」を紹介していこうと思います!

この『モンスターX』は、「Makuake(マクアケ)」と言うクラウドファンディングサイトを通し、応援購入と言う形で昨年末に手に入れました。

現在では、楽天で予約販売が可能なので、随時チェックしてみてください!

【スペック】

  • 容量:1,700Wh
  • サイズ:37.5×24.5×25cm
  • 重量:14.5kg
  • 入力:AC入力 最大400W
    DV入力 200W
    ソーラーパネル 最大200W
    PD Type-C入力 最大65W
  • 出力:ACポート(4口)完全正弦波 2,000W(サージ3,300W)
    急速充電USB-Aポート(4口) 最大24W
    PD USB Type-Cポート(1口) 最大65W
    PD USB Type-Cポート(1口) 最大27W
    電気自動車充電ポート(1口) 13.5V、10A
  • 電池タイプ:リチウムイオン
  • 製造地:中国

●モンスターXの同梱物

箱の中には、本体と充電ケーブル、保証書とソーラーパネルのケーブルが入っていました。

アダプターは必要なく、ケーブルをそのまま刺すだけで充電できるので非常にすっきりしています。

充電電圧は360W程で、約4時間半で満充電になりました。

AC充電+DC充電(バッテリーからの充電)+ソーラー充電(200W)を併用すると、1時間で80%まで充電でき、信じられない程の高速充電が可能です。が、実際には3種類同時充電は現実的ではないですが、、、

●ソーラーパネルで充電も可能

付属のソーラーパネルは折りたたみ式で、ケーブルは収納袋の中に収納されています。

100Wの充電が可能だそうです。

実際に1月の昼間、付属のソーラーパネルで充電してみると、冬だというのに65Wも充電されていました。

90%から100%まで、1時間で充電することができました。

●モンスターXの使い方

ACのボタンを押すとスイッチが入り、長押しをするとファンが回りだして使用準備ができます。

まずはドライヤーをコンセントに差込みスイッチを入れてみます。消費電力1133Wと表示され、勢いよく熱風を噴出しました。

しばらく回していると、サーモスタットが入切りする度に消費電力が上下して、使っている電力がすごくわかりやすいです。

これでキャンプの時、シャワーでサッパリした後、ドライヤーで髪の毛を乾かしたいと言う妻の要望を叶えてあげられそうです。

●一晩の稼働実験

どれ位使えるかを確かめるため、外気温0度のある日、キャンピングカーの中でセラミックヒーターをつけっぱなしにして就寝してみました。

夜22時から朝7時までの間、9時間使用して82%消費していましたが、一晩中稼動し続けました。

このセラミックヒーターは、600Wと300Wの切り替えがあり、今回は300Wで使用しましたので、9時間で2700Wの電力を消費したことになります。計算上は5時間半でバッテリーはなくなるはずですが、実際は18%残り、1394Wの消費で済みました。サーモスタットが効いて、計算の半分程の消費電力だったようです。

モンスターXの活用事例を紹介!

ここからは、実験ではなく実際にモンスターXを使ってみようと思います!

●キャンプ場で使ってみた

我が家のキャンピングカーにはサブバッテリーが搭載されているので、電子レンジや冷蔵庫はそちらから給電しています。

車にソーラーパネルや走行充電システムが装備されていてるので、長い旅でも電気を使い続けることができるのですが、使いすぎるとサブバッテリーが弱ってくることがあります。

そんな時、モンスターXでサブバッテリーを充電することで、より長く旅を続けられるようになります。

もちろん、サブバッテリーがない方は、モンスターXをサブバッテリーとして使用すれば、冷蔵庫や電子レンジをアウトドアで稼動することができるようになりますし、暑い夜には扇風機を回すことも、寒い日には電気毛布を30時間以上つけることもでき、アウトドアがとても快適になりますよ。

●ワーケーションで使ってみた

私は8年程前からキャンピングカーを移動事務所として仕事に使っています。

フィールドからフィールドへ、日本全国走り回っているのですが、そんな時、一番困るのが電気です。

車内の照明やテレビ、パソコンの電源など、モンスターXがあれば数日間の電気がまかなえます。

一番重宝しているのは、ドローンのバッテリーの充電です。

業務用のドローンはバッテリーを大量に使うので、使い終わったものから充電します。

この充電器は6本のバッテリーを1度に充電できるのですが、12本のバッテリーを2台で一気に充電しようとすると1300W以上の電力を消費します。

モンスターXは、1時間ほどの稼働で100%から一気に20%位まで減ってしまうのですが、12本を一気に充電できるので非常に助かっています。

モンスターXの気になるところ

私はモンスターXをクラウドファンディングで手にすることができました。

商品ができ上がる前に、応援を込めて先に代金を支払い、その代わりに安く手に入れられたのですが、初回ロット640台中42台の初期不良があったため、現在、不良のあった固体は順次修理されている様です。

私のモンスターXは問題ないですが、今後使っている間に不具合がでるかもしれません。その場合でも2年間の保証期間があるので、安心して使っています。

現在製造しているものは不良部分を改善してアップグレードしているそうなので、一般で購入する際には品質も機能も更によくなっていると思います。

今まで叶わなかったことがキャンプでできる! 超大容量ポータブルバッテリー『モンスターX』をゲットしよう

家で何気なく使っている家電ですが、「キャンプでドライヤーを使う」など、いざ外で使おうと思うと意外と敷居が高いことに気が付きます。

アウトドアで何がしたいのか? 電気で行うべきか、ガスの方が良いのか、電気で動かすなら、どのポータブルバッテリーを選ぶべきなのか?

今までアウトドアでできなかったことができるようになるのがポータブルバッテリーなのですが、購入する時はしっかり考えて後悔のないものを導入して下さいね。

我が家は妻の「アウトドアでドライヤーを使いたい!」という夢を叶えてくれるモンスターXを手に入れて、妻は大満足。その顔を見て私も大満足です。

▼こちらの記事もチェック▼