焚き火の楽しみが広がるトライポッド(三脚)は、アウトドア好きとしてはぜひ手に入れたいアイテムのひとつ。とはいえ…欲しいキャンプグッズを挙げたらキリがないため、なるべくお金をかけずにDIYできたらうれしいですよね。そこで今回は、100均アイテムと自然木を使って手軽にトライポッドをDIYする方法をご紹介します!

トライポッドとは? キャンプでの焚き火料理で活躍する三脚!アイデア次第で使い道いろいろ!

トライポッドとは、キャンプでの焚き火料理で活躍する三脚のこと。

中央についたフックに鍋やダッチオーブン、ケトルをセットし、焚き火の上に吊るして調理に使えます。火と鍋の距離を調整できるので火力の調整が簡単。炭の出し入れもしやすくて便利です!

他にもランタンや荷物を吊るすなど、いろいろな使い方ができるためひとつは持っていたいキャンプアイテムです。

今回はトライポッドをDIYすることを目的としていますが、筆者が購入を検討している商品をご紹介します。

●コールマン(Coleman)焚き火スタンド ファイアープレイススタンド 2000021888

アウトドア用品の定番ブランド「コールマン」のトライポッド。脚が4本になっているので、安定感がバツグン!

小石が多く足場の悪いキャンプ場でも、安心して使えます。地面にペグダウンできるロープとペグも付いています。

●ソロストーブ(solo stove)トライポッド TPOD

重量は約538gと、軽くて携帯しやすいトライポッド。脚が分割できて収納袋付きなので、コンパクトに持ち運べます。ソロキャンプや少人数のキャンプにはもってこいのアイテムです。

TV「おぎやはぎのハピキャン・シーズン14」でもトライポッドをDIYしていますので参考までにご覧くださいね。

トライポッドのDIYに必要な材料・道具は? 100均で揃えれば総額500円以内!

WEB上で「トライポッド・DIY」で調べてみると…木をロープで結んだり、メタルラック用の柱を使ったりするのがメジャーなようでした。

不器用な筆者は、「毎回ロープで結ぶのはちょっと面倒だし、難しいDIYはできない…」と出だしからややつまづき気味。

「お金をかけず、とにかく簡単にDIY」というわがままを叶えるべく、辿り着いたのがこのアイテム、「DECTO ステンレストライポッド」です。

木を大雑把に三角形にして差し込むだけでトライポッドになるアイテム。キャンプ場に落ちている木など、長さと太さがちょうど良い棒なら何でもトライポッドにできます。

形状的に、これならワイヤーで作れるかも…?ということで、100均アイテムで自作してみることにしました!

今回私が100円ショップ「DAISO(ダイソー)」で用意した材料は、以下のとおりです。

【材料】
・鉄製チェーン
・自在ワイヤー
・S字フック
・結束バンド(写真に映ってませんが…)

【道具】
・ラジオペンチ

しっかりした強度を保つには、ワイヤーは太めがおすすめ。筆者は3.0mmを選びました。

ワイヤーを曲げるために、ラジオペンチも用意。なくても作れますが、あった方がきれいに作れて便利ですよ。

100均アイテムで超簡単にできる『トライポッドの作り方』! DIY初心者でも大丈夫!

それでは自在ワイヤーを使って形を作っていきます!

【イメージ】
・右図のスケッチのように、ワイヤーでひと筆書きしていく感じで作っていきます。

【手順1】
・まずはスケッチした一番上の円(直径約2cm)をワイヤーで作っていきます。強度を増すために、2周巻きます。

☆ちょうどよいサイズの筒状のものがあれば、巻きつけるようにワイヤーを曲げるときれいにできます。筆者は指2本に巻きつけるように曲げました。

【手順2】
・次に中央の円を少し小さめに作ります。

【手順3】
・続いて2個目の円、3個目の円も巻いていくと、こんな感じに。

【手順4】
・余ったワイヤーを外周にぐるぐる巻いていきます。

【手順5】
・それぞれの円がずれないようにするため、結束バンドで固定します。

【手順6】
・結束バンドをカットして完成です!

所要時間は約10分ほど。不器用な筆者でも簡単に作れました!問題はこれでちゃんとトライポッドが自立するかどうか。

実際にDIYトライポッドを試してみた! 脚となる木は「堅い・乾燥している・真っすぐ」がベスト!

木を止める部分(トライポッド用の金具)が完成したので、次に自然木を拾うことに!

幸いにして我が家の庭にはちょうど良い木があったのでそれを使い試してみました。

使用するのはなるべくまっすぐな木。しっかり乾燥していて、力を入れても折れない硬いものを選びましょう。

程よい長さにカットし、ナタで枝を払います。先端を簡単に三角形にして穴に差し込み、組むようにして広げると…細めの木ですが、ちゃんと自立しました!

中央の穴にランタンを吊るすと、こんな感じに。

中央の穴に、100均で購入した「S字フック」と「チェーン」をかければ、良い感じに焚き火調理に使えそう。もう少し暖かくなったら、トライポッドで鍋料理を楽しみたいです…!

市販のものに比べると強度や安定性には欠けますが、手軽なお試しとしてはぴったり。欲望の赴くままに購入しているとどんどん増えてしまうキャンプグッズ。まずはDIYトライポッドで試してみてから、本当に必要かどうかを検討して購入するのもありですね!

ハピキャンでは筆者と同じように「お金を使わず工夫してトライポッドを作っている記事」がありましたので参考にしてくださいね。こちらも要チェックです!

100均アイテムでお手軽DIY!トライポッドでアウトドアの楽しみを広げよう!

今回は、100均アイテムと自然木を使って手軽にトライポッドをDIYする方法をご紹介しました。不器用&DIY初心者の筆者でも、コストを抑えて簡単にDIYできました!トライポッドがあれば「火」の楽しみ方が広がり、アウトドアがもっと楽しくなるはず。次のキャンプのお供に、おうち時間を活用してぜひ作ってみてください。