大人気のキャンプギアブランドHelinox(ヘリノックス)。今回はヘリノックスの『タクティカルテーブルM』をレビューします。タクティカルテーブルは、高強度・軽さ・携帯性の三拍子が揃った機能的な作りが魅力。さらに、シンプルかつカッコいいデザインで、サイトが引き締まって見えること間違いなし! 新たなキャンプ用アウトドアテーブルを探している人は、必見です!

ヘリノックス『タクティカルテーブルM』はとにかく機能的! まずはそのスペックをチェック

使用時

  • 重さ :約800g
  • サイズ:幅57cm×奥行40cm×高さ38cm
  • 耐荷重:50kg

収納時

  • 重さ :約935g
  • サイズ:幅43cm×奥行11cm×高さ13cm

ヘリノックスは、1988年に創業した軽量アルミテントポールのトップメーカーである「DAC社」が、2009年に立ち上げたアウトドアファニチャーのブランド。

ヘリノックスのアウトドアチェアやテーブル、コット等のギアは、高強度・軽さ・携帯性の三拍子が揃った機能的な作りとなっています。

また、アルミテントポールのトップメーカーが展開するブランドなだけあって、ヘリノックスのギアはどれも組み立ての簡便さや使用感が抜群に良いのが特徴です。

そんなヘリノックスから販売されている『タクティカルテーブルM』は、ヘリノックスらしい使い心地と、カッコいいデザインが魅力のアイテム。

タクティカルテーブルMは、テーブル脚部の骨組み・天板を支えるポール2本・天板がセットになっています。コンパクト性に優れており、持ち運びにも非常に便利です。

また、ヘリノックスの母体である「DAC社」は韓国の企業。そのため、日本では、A&Fカントリーやモンベルなどがヘリノックスの国内正規販売代理店となっています。

特に、モンベルのホームページには、ヘリノックスのテーブルやチェアの取扱説明書が掲載されており、困ったことがあればすぐに確認できるのが嬉しいポイントです!

キャンプでも自宅でも使えるアウトドアテーブル!ヘリノックス『タクティカルテーブルM』レビュー

ヘリノックスのタクティカルテーブルMは、使い心地やデザインなど、細かなところにまでこだわりが詰まった、非常に魅力的なアウトドアテーブルです。

ここからは、筆者がヘリノックスのタクティカルテーブルMを実際に使って感じた魅力についてレビューしていきます!

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』のおすすめポイント【1】軽量かつコンパクトで持ち運びが楽チン

タクティカルテーブルMの最大の魅力は、なんといってもその軽さ!

本体重量は800gで、2Lのペットボトルよりも軽く、力に自信がない人でも片手で持てる程度の重さです。

本体が軽いことで、駐車場からキャンプサイトまで荷物を移動する時にも楽チン。さらに、キャンプの途中で「サイトレイアウトをちょっと変えたいな」と思った時にも、手軽に移動できちゃいます。

また、タクティカルテーブルMは、収納時にはとてもコンパクトになります。

付属の収納ケースに入れた時のサイズは、概ねティッシュ箱2つ分といったところ。少し大きめのトートバッグにも入るサイズなので、とにかく荷物を軽く、コンパクトに収めたい人には特におすすめです。

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』のおすすめポイント【2】組み立てが超簡単!

タクティカルテーブルMは、組み立てが簡単なことも特徴的です。

脚部の骨組みはすべてゴムでつながっているので、収納ケースから出して広げれば、ゴムの力であっという間に組み上がります。

ゴムでつながっていると、部品をなくす心配がない点も嬉しいですよね。

テーブルの脚部が組み上がったあとは、天板を支えるポールを取り付け、天板をはめ込むだけ。組み立ての手順が少なく、慣れれば20〜30秒程度で完了しますよ。

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』のおすすめポイント【3】ソロキャンプに丁度良いサイズ感

タクティカルテーブルMは、クッカーセットやガスバーナー、マグカップ、ランタンを置いてピッタリのサイズ。

筆者は主にソロキャンプをしていますが、タクティカルテーブルMはソロキャンプに丁度良いサイズ感だと感じます。

また、筆者はデイキャンプを車内で過ごすことも多いのですが、車内で使用するにも使いやすい大きさです。

筆者の愛車、日産エクストレイルはSUV車で広めの空間のため、タクティカルテーブルMがぴったり。ただ、軽自動車などやや狭めの車の場合、タクティカルテーブルSのほうが丁度良いサイズ感で過ごせそうですね!

ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめする人

筆者はヘリノックスのタクティカルテーブルMを使用して1年ほど経ちます。

1年間使用して感じたヘリノックスのタクティカルテーブルMのメリットや使い心地から、こんな人におすすめしたいという内容をまとめました!

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめする人【1】とにかく荷物を軽くコンパクトにしたい人

収納バッグを合わせても重量が1kgを切っているタクティカルテーブルM。実際に使ってみると、やはり軽さが際立っているのを感じます。

タクティカルテーブルMは、軽さに加えてコンパクトさも兼ね備えているので、携帯性も抜群。荷物を軽く、小さくまとめたい人にぴったりです。

バックパックに収納して、ツーリングキャンプに持っていくのも良さそうですね!

また、タクティカルテーブルMは、片手でも持てる軽さにも関わらず、耐荷重が50kgと、丈夫な点もかなりのおすすめポイント。

多めの食事とガスバーナー、ランタン等を乗せてもまったく問題ない耐荷重です。

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめする人【2】シンプルなデザインのサイトを作りたい人

筆者はタクティカルテーブルMのブラックを使用していますが、公式サイトではブラックの他にデザートタン、コヨーテの計3色がリリースされています。

3色ともサイトのアクセントとなるようなハッキリとしたカラーでありながらも、シンプルで、アウトドアに馴染みやすいデザインです。

タクティカルテーブルMを置くだけで、サイトもどこか引き締まった印象に。そのため、シンプルでカッコいいサイト作りを目指している人にはピッタリのギアという印象です!

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめする人【3】キャンプと自宅で併用したい人

シンプルなデザインのタクティカルテーブルMは、どんなロケーションにもしっくりくる印象です。

筆者はキャンプと自宅で兼用していますが、どちらでも違和感なく使用できています。携帯性が抜群なので、通常は自宅で使用し、思い立ったらすぐにリビングから持ち出してキャンプへ出かけられる点もお気に入り。

キャンプで活用するだけでなく、自宅でも兼用できるアウトドアテーブルがほしいと考えている人には、とってもおすすめです!

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめする人【4】ギアのカスタマイズを楽しみたい人

ヘリノックス製のテーブルには、『テーブルサイドストレージ』という名前の、テーブル横に取り付けられる小物ケースが別売りされています。もちろん、タクティカルテーブルMにもテーブルサイドストレージの取り付けが可能です。

テーブルサイドストレージのサイズはXS〜Lまであり、カラーバリエーションも豊富。

また、Sサイズのテーブルサイドストレージに入れて使う、保温保冷機能付きインナーシェルもリリースされています。

更に『テーブルブリッジ』という、テーブル同士を連結させるギアも。

普段はソロキャンプだけど、時々仲間とグループでキャンプを楽しみたい時はテーブルを連結させる……といった使い方もできます!

このように、ご自身の用途や好みに合わせてカスタム出来るのは、キャンプ好きには嬉しい機能ですね。

ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめしない人

ここまで、ヘリノックスのタクティカルテーブルMの魅力をご紹介してきました。しかし、キャンプスタイルなどによってはタクティカルテーブルMが合わないケースがあるかもしれません。

筆者がタクティカルテーブルMを使う中で感じた「タクティカルテーブルMをおすすめしない人」をまとめたので、購入前の参考にご覧ください!

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめしない人【1】ギアにタフさを求める人

タクティカルテーブルMの天板は熱に弱く、温めた鍋やフライパンを乗せると溶けてしまいます。私はうっかり調理直後のクッカーを乗せてしまい、写真のように天板の一部が溶けてしまいました……。

火の粉が飛んで損傷したり、焚き火の熱で変形したりする可能性もありますので、焚き火の近くでの利用にも要注意です。

また、タクティカルテーブルMには軽さゆえの欠点も。

テーブルに何も乗せていない状態では風が強い日は簡単に飛ばされてしまいますし、金属製のテーブルと比較するとどうしても強度が劣ります。

そのため、熱や衝撃に強いタフなギアを求める人にはあまりおすすめできません。

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめしない人【2】リーズナブルなギアを求める人

タクティカルテーブルMのお値段は、公式サイトでは税込み19,250円。

安価でも機能性に優れたアウトドアテーブルは多いので、ブランドにこだわらないという人には高価に感じるかもしれません。

これからキャンプ用のアウトドアテーブルを購入する人は、お財布と相談をしてタクティカルテーブルMの購入を検討してみてください。

●ヘリノックス『タクティカルテーブルM』をおすすめしない人【3】リモートワークなどで作業をしたい人

タクティカルテーブルMの天板は、書き物などの作業には不向きな形状をしています。

タクティカルテーブルの天板には、樹脂製のプレートが入っているため、ある程度の強度はあります。しかし、収納のために折りたためる形状になっており、折りたたみの線の部分にはプレートが入っておらず、柔らかくなっているのです。

そのため、文字を書くなどといったオフィスワークには不向き。

ヘリノックスでは、『フィールドオフィスM』という、オフィスワーク向けに特化したテーブルもリリースされています。

フィールドオフィスMはバッグとテーブルが組み合わさった製品で、チェアを組み合わせるだけで、いつでもどこでも、すぐにマイオフィスが設置可能。

アウトドアの雰囲気を楽しみながらリモートワークを行いたい人にはピッタリな製品ですね!

ヘリノックス『タクティカルテーブルM』の評判・口コミ

キャンプでも自宅でも活用できる! カッコいいデザインも魅力なヘリノックス『タクティカルテーブルM』のレビューまとめ

使い勝手が良く、デザイン性も高いヘリノックスのタクティカルテーブルM。

私はソロキャンプ用に携帯性に優れていて、自宅でも使用できるカッコいいアウトドアテーブルとして選び、とても気に入っています!

また、タクティカルテーブルMには、アクセサリーで自分好みにカスタマイズしていく楽しみもありますね。

ただ、実際にタクティカルテーブルMを使ってみて、おすすめできる人とできない人がはっきり分かれるという印象も持ちました。この記事が、タクティカルテーブルM購入の参考になれば幸いです。

タクティカルテーブルがぴったりな人も、ほかのアウトドアテーブルを検討している人も、お気に入りのアウトドアテーブルを見つけて、楽しいキャンプ時間を満喫しましょう!

ヘリノックス『タクティカルテーブルM』とあわせて使いたい! おすすめアイテムをチェック