キャンプの楽しみとして日常では味わえない絶景を楽しみたい方も多いのではないでしょうか。暑さが厳しい夏は、標高が高い涼しいキャンプ場で夜景を堪能するのがオススメです!今回は筆者がこれまでに訪れたことがある、甲信越地方の夜景が綺麗なキャンプ場を7つご紹介していきます。

夜景を楽しむ季節はいつがオススメ?

夜景を楽しむために一番重要なのが天候で、その次に大事になるのが季節になります。

春先は黄砂、それ以降は湿度が高めで遠くまで綺麗に見渡す事が困難になるので、綺麗な夜景をより楽しみたいなら、夜の時間が長く空気が澄んでいる10月〜3月頃がオススメですよ。

また、標高が100m上がるごとに気温が0.6℃下がるので夏は朝晩は涼しく快適ですが、明るい時間帯が長く日没時間が遅くなります。

夜景を楽しめる時間が短くなるので、周りに配慮しながら夜景を楽しみましょう。

山梨県の夜景がきれいなキャンプ場

まずは山梨県の夜景が楽しめるキャンプ場を2つ紹介していきます。

●1. 「ほったらかしキャンプ場」(山梨県)

山梨県の夜景の名所といえば、過去に“新日本三大夜景”の一つにも選ばれた「笛吹川フルーツ公園」も有名です。

山梨県山梨市の「ほったらかしキャンプ場」は「笛吹川フルーツ公園」よりもさらに標高の高い場所に位置するので、見晴らしも良く甲府盆地の夜景を楽しめるキャンプ場です。

ほったらかしキャンプ場

  • 住所:〒405-0036 山梨県山梨市矢坪1669-25
  • 電話:080-9677-1010
  • 利用期間:通年営業
  • 標高:650m(平野より気温-3.9℃)
  • 公式サイト: https://hottarakashicamp.com/

また「ほったらかしキャンプ場」は、人気の温泉「ほったらかし温泉」のすぐ隣。

温泉の露天風呂からも夜景と富士山を眺められるので、日頃の疲れも吹き飛びますよ。

キャンプ場スタッフも多く炊事棟などの手入れも行き届いており、子供や女性でも安心して利用できます。

ロケーション・設備ともに素晴らしいキャンプ場のため人気で予約を取るのが困難ですが、夜景と富士山の絶景を是非堪能してみてくださいね!

●2. 「パインウッドオートキャンプ場」(山梨県)

山梨県山梨市にある「パインウッドオートキャンプ場」は、「ゆるキャン△」聖地としても有名な甲府盆地の夜景が楽しめるキャンプ場。

サイトが雛壇構成になっているので、どのサイトからも綺麗な夜景を眺められます。

パインウッドオートキャンプ場

  • 住所:〒405-0045 山梨県山梨市大工
  • 電話:0553-22-6096
  • 利用期間:通年営業
  • 標高:574m(平野より気温-3.4℃)
  • 公式サイト: なし

キャンプ場から市街地も近いので、より明るい夜景が楽しめます。

管理人さんがシッカリしておりキャンプ場マナーが厳しいので静かに夜景キャンプを楽しみたい方にはオススメですよ。

富士山も眺めることができ、アメリカンテイストの素敵な雰囲気の中でのんびりと夜景キャンプを楽しめますよ!

長野県の夜景がきれいなキャンプ場

つづいて、長野県の夜景がきれいなキャンプ場を3つご紹介します。

●1. 「まつもと里山キャンプ場」(長野県)

長野県松本市にある「まつもと里山キャンプ場」は市街地からほど近く小高い斜面地にあるので、松本市街地のパノラマ夜景が眺められるキャンプ場です。

まつもと里山キャンプ場

  • 住所:〒399-0011 長野県松本市寿北9丁目5-12
  • 電話:080-6930-1602
  • 利用期間:通年営業
  • 標高:770m(平野より気温-4.6℃)
  • 公式サイト: https://outdoorfield-matsumoto.jp/camp

日中は安曇平野越しの北アルプスが一望できて眺望も◎

ゴルフ場が運営しているのでテントサイトの芝生の管理状態も秀逸です!

気持ち良く夜景キャンプを楽しむ事ができますよ。

「まつもと里山キャンプ場」は上段の「松本里山テラス」と、下段の「里山キャンプ場」に分かれています。

眺望の良い「松本里山テラス」は降雪があると閉鎖されるので、それまでに利用するのがオススメですよ。

●2. 「高ボッチ高原キャンプ場」(長野県)

長野県塩尻市の「高ボッチ高原キャンプ場」がある高ボッチ高原は、山頂から北アルプスの山々をはじめ、諏訪湖・南アルプス・富士山までぐるりと360度見渡すことができ、その景色の素晴らしさから“日本一のシャッターポイント”と呼ばれているほどです。

2021年に整備され、2022年度からキャンプが可能なテントタープエリアがオープンしました。

夜には松本市街地の夜景が楽しめるキャンプ場です。

高ボッチ高原キャンプ場

  • 住所:長野県塩尻市大字片丘
  • 電話:0263-88-8722(塩尻駅前観光案内所)
  • 利用期間:4月下旬〜11月下旬
  • 標高:1,644m(平野より気温-9.9℃)
  • 公式サイト: https://takabocchi-camp.com/

夜景が間近で見れるオートサイトは3つと少ないですが、フリーサイトは15区画。

キャンプエリアから歩いて7〜8分の高ボッチ山頂からは反対側の諏訪〜伊那方面の夜景も圧巻です。

標高1,600m以上あり見晴らしが良いかわりに風が強く、タープの利用や焚き火には特に注意が必要です。

平地より温度差がマイナス10℃以上もあるので夏は避暑キャンプにも最適ですよ!

●3. 「ウィスラースカイベース小諸」(長野県)

長野県小諸市にある「ウィスラースカイベース小諸」は、蓼科連峰・八ヶ岳を眺められる開放感あふれる天空のオートキャンプ場。

高台から佐久平の夜景が一望できます。

ウィスラースカイベース小諸

  • 住所:〒384-0801 長野県小諸市甲4444−1
  • 電話:0267-46-8786
  • 利用期間:通年営業
  • 標高:897m(平野より気温-5.4℃)
  • 公式サイト:https://www.officekaruizawa.com/bbq-1

小諸市街地からも近く、車でのアクセスも良好。

近くには温泉も多く軽井沢までも20〜30分で行けるため、観光の為のベースキャンプ地としても最適のキャンプ場です。

夜景が綺麗に見える冬の小諸は寒く、筆者が利用した際には‐13℃まで冷え込みましたが、凍結せずにお湯が出るのは有難いですね!

富山県の夜景がきれいなキャンプ場

つづいて、富山県の夜景がきれいなキャンプ場を2つご紹介します。

●1. 「牛岳オートキャンプ場 きらら」(富山県)

富山県富山市にある「牛岳オートキャンプ場 きらら」は、牛岳スキー場山頂付近にあって富山市内の夜景をパノラマで楽しめる絶景のオートキャンプ場です。

牛岳オートキャンプ場 きらら

  • 住所:〒930-2112 富山県富山市山田若土150番地1
  • 電話:076-457-2777
  • 利用期間:5月〜10月
  • 標高:581m(平野より気温-3.5℃)
  • 公式サイト:https://ushidake.com/kirara/index.html

天気の良い日は日本海から立山連峰までを一望できるように眺望を重視した雛壇サイトにエリア分けされています。

芝生の管理も行き届いているので、昼夜の景色を眺めながらキャンプを楽しめますよ。

「牛岳パノラマオートキャンプ場 きらら」から歩いて10分の「牛岳スキー場」の山頂リフト降場には展望台があり、そこから眺められる富山県全域の夜景が最高ですよ!

●2. 「閑乗寺公園 第2キャンプ場」(富山県)

富山県南砺市にある「閑乗寺公園 第2キャンプ場」は八乙女山の麓、閑乗寺高原の公園に併設するキャンプ場の一つ。

旧スキー場ゲレンデにある展望サイトからは、砺波平野の夜景が楽しめます。

閑乗寺公園 第2キャンプ場

  • 住所:〒932-0211 富山県南砺市井波 外2入会1番地
  • 電話:0763-82-2565
  • 利用期間:通年営業
  • 標高:300m(平野より気温-1.8℃)
  • 公式サイト:http://kanjojikouen.com/

夜景も素晴らしいのですが、5月上旬頃には散居村(田んぼや畑の中に点在する住居)の田んぼに張った水に夕日が綺麗に反射する景色も絶景ですよ。

閑乗寺公園キャンプ場は第1、第2とサイトが分かれており、サイトごとに違ったロケーションが楽しめます。

高規格キャンプ場ではありませんが、満足度が高くリピーターも多いキャンプ場になっていますよ。

夜景がきれいなキャンプ場でムードある雰囲気を楽しもう!

キャンプといえば都会の喧騒を忘れ大自然の中で楽しむため、人工物がないところでのアウトドアを満喫したい方も多いと思います。

筆者も基本は静かにキャンプを楽しみたいので、どちらかといえば人工物が少ないキャンプ場が理想ではありますが、ファミリーやカップルなどでキャンプを楽しむには同行者の嗜好にも合わせるのも必要な事です。

そうした場合、綺麗な夜景や星空は万人受けするロケーションなので、普段一緒に行かない家族やパートナーを誘って、ムードある雰囲気の夜景キャンプ場に行っていてはいかがでしょうか。