「THE IRON FIELD GEAR」(ジ アイアン フィールド ギア)から、鉄工所が作るカッコイイだけじゃない、使いやすさにもこだわった「TAKI BE BASAMI(タキビバサミ)」が登場。10月28日(金)よりブランド公式サイトで発売します。

造船の加工技術を活かしたタキビバサミ

「鉄を用いてアウトドアフィールドにおける全く新しい道具を創造する」のコンセプトをもとに、2018年より始動したアウトドアブランド「THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)」。

瀬戸内を拠点に長年にわたり造船や建築など鉄鋼の分野で培った技術をアウトドアギアに落とし込んでいます。

今回登場するのが、そんなブランドのアイデンティティを活かしたタキビバサミです。

  • 商品名:TAKI BE BASAMI(タキビバサミ)
  • サイズ: 約W453xD90mm
  • 重量:約430g
  • 材質:スチール(塗装)
  • 価格:4,950円(税込)
  • 発売日:2022年10月28日(金)

TAKI BE BASAMI(タキビバサミ)の特徴は…

特徴は以下の3つです。

●その【1】無骨デザインと使いやすさにこだわったタキビバサミ

丈夫で耐久性のあるスチール素材と、バネの力で薪がつかみやすく焚き火に特化。キャンプユーザーに人気の高いディープオリーブカラーで無骨なデザインながらも、使う人にやさしい設計にしています。

●その【2】つかみやすく、握りやすい

先端は重い薪でも安定してつかみやすいようギザギザの形状、指穴の外に出す人差し指が痛くならないよう指に沿う形に設計、そして箱をあけてすぐに使えるようグリップ部はパラコードが巻かれています。

●その【3】3WAYで使える先端フック

先端のフックは鍋のフタや、やかんを引っ掛けて移動するリフターに、火かき棒として薪をならしたり転がしたり、フックとしてラックなどに吊り下げ収納できるので、使いたいときにすぐ手に取れます。

薪の移動や炭の追加など、バーベキューや焚き火をするなら1本は用意しておきたいところです。

キャンプでの焚火が心地よくなるこれからの時期に活躍するこちらの商品は、10月28日(金)よりブランド公式サイトにて発売します。

ブランド公式サイト: [https://tifg.jp/]