寒い季節に体を温めてくれる根菜類「ごぼう」。食物繊維が豊富で、風邪予防にもおすすめです。今回は豆腐や豚肉、牛肉を使った秋冬キャンプに食べたくなる3つのレシピをご紹介します。

【ごぼうレシピ1】ごまの香りが食欲をそそる! 玉ねぎと豆腐のあったか味噌汁

ごま油で炒めてから作る、風味の良いお味噌汁です。

今回は玉ねぎとお豆腐を入れましたが、他のきのこや人参など、他の具材を入れてアレンジも自在です!

〈材料〉(2〜3人分)

  • ごぼう…1/2本
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 木綿豆腐…1/2丁
  • 胡麻油 …大さじ2
  • だし汁…2カップ
  • 味噌…大さじ2
  • ネギ(小口切り)…適量
  • 白すりごま…適量

〈作り方〉

1.ごぼうは包丁で皮をこそげて洗ってささがきにし、水に5分さらしたら水気を切ります。玉ねぎは薄切りにします。

2.豆腐を水切りして食べやすい大きさに切ります。

3.お鍋にごま油を引いて中火で熱し、1と2を入れて軽く炒めます。

4.出し汁を入れて煮たったら弱火で3〜4分煮込み、火を止めたらお味噌を溶き入れます。お椀に盛ってネギと白すりごまを振っていただきます。

・ゴマすり器「スリッキー」

簡単にゴマがすれる定番のロングセラー商品です。

【ごぼうレシピ2】焼肉のタレで作る、牛肉の炊き込みごはん ガッツリ食べたいキャンプ飯!

市販の焼肉のタレで味付けするからキャンプ飯でも作りやすい!

ごぼうと牛肉、こんにゃくとお米を一緒に炊くだけだから、とても簡単です。仕上げの粒マスタードがアクセントになります。

〈材料〉(2人分)

  • ごぼう…1/2本
  • 牛肉細切れ…200g
  • こんにゃく…1/2枚(必要に応じてアク抜きを)
  • 焼肉のタレ(市販)…大さじ4
  • 米…2合
  • 粒マスタード…小さじ2
  • ネギ(小口切り)…適量

〈作り方〉

1.炊飯30分前にお米を研いでザルにあげておきます。

2.ごぼうを斜め薄切りに、こんにゃくを小さ目の薄い短冊切りにします。

3.ボウルに2と牛肉、焼肉のタレを入れて混ぜ合わせます。

4.炊飯器に1を入れて2合の目盛りまで水を入れ、お米の上に3を広げ入れて、炊飯します。

5.炊き上がったら粒マスタードを入れて混ぜ、お茶碗によそったら小口ネギを散らしていただきます。

・戸村のタレ

今回使った焼肉のタレがこちらです。地元、宮崎で大人気商品です。いろいろな料理に活躍します。

【ごぼうレシピ3】ボリューム満点! 豚バラ肉とささがきごぼうの柳川風

豚バラ肉とごぼうのささがきを卵でとじた柳川風の煮込み料理です。

青ネギも体を温める作用があるので、体の芯から温まります。寒い季節のキャンプでハフハフ言いながらたっぷり食べてください。

〈材料〉(2人分)

  • ごぼう…1/2本(細いささがきに切り、水にさらす)
  • 豚バラ肉…150g
  • 青ネギ…30g()
  • 溶き卵…2個分
  • だし汁…1カップ
  • 酒…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 醤油…大さじ1
  • 塩…大さじ2/3
  • 黒七味or粉山椒or七味…適量

〈作り方〉

1.豚バラ肉は食べやすい大きさにカットし、青ネギは長めの斜め切りにします。ごぼうは包丁で皮をこそげて洗ってささがきにし、水に5分さらしたら水気を切ります。

2.出し汁を煮立てて酒を加えます。煮立ったら豚バラ肉を一枚ずつ剥がしながら入れ、アクが出たら取り除きます。

3.ごぼうの水気をよくきって加え、ひと煮立ちしたらみりん・醤油・塩で味を調えます。

4.ごぼうに火が通ったら溶き卵を流し入れます。青ネギを加えたら蓋をして、卵が好みの固さになったらできあがりです。器に盛って黒七味か粉山椒、七味をかけていただきます。

秋冬キャンプのおすすめ食材「ごぼう」 体を温めてくれるから、寒い季節にモリモリ食べたい!

今回は豚肉や牛肉を使いましたが、定番メニューの鶏ごぼうごはんなど、鶏肉とも好相性です。ご紹介したレシピのお肉はお好みのものや、冷蔵庫にあるものにアレンジしてOKです!

東洋医学では、冬に黒い食材を食べると健康に過ごせると言われています。ごぼうはまさに黒い食材ですので、ぜひこの冬はいろいろなレシピに取り入れて、ヘルシーな毎日をお過ごしください。

その他の、おすすめキャンプ飯レシピも合わせてチェック!