健康意識の高い人たちに最近注目を集めている食材が「かまぼこ」です。加熱済みなのでそのまま食べられますし、火を使わずに調理もOK。栄養価も高く、種類も豊富な「かまぼこ」はキャンプごはんにも何かと使えます!

かまぼこは良質なタンパク質を含む、低脂肪のヘルシー食材!加熱不要で調理もラクラク

日本ではおなじみの伝統食材「かまぼこ」。店頭には板についた基本のかまぼこをはじめ、笹かま、カニカマなどいろいろな種類が売られています。

その主原料はグチやタラといった白身魚。高タンパク質・低脂肪・低カロリーなので、健康に良い食材として欧米でも人気を集めているんです。

タンパク質の元になっているのがアミノ酸。約20種類あるアミノ酸のうち、体内で合成できないものが9種類あり、これらは「必須アミノ酸」と呼ばれています。

その含有率を示す物差しが「アミノ酸スコア」で、理想的なバランスを100とすると、かまぼこ製品は約100。タンパク質を摂るにはもってこいなんです。

魚が原料なのでカルシウムも豊富で、低脂肪。ヘルシーな食生活にぜひ取り入れたい食材です。もちろん、キャンプごはんにも活躍すること間違いなし!

おつまみ系をはじめ、サッと手軽に作れるキャンプにもぴったりなレシピを以下でご紹介します。

【かまぼこレシピ1】サッと作れて味も良し! キャンプの前菜にぴったりなおつまみ3選

そのまま食べられるかまぼこですが、ひと手間加えるともっとそのおいしさが引き立ちます。

キャンプごはんができるまでの時間や小腹が空いた時などにオススメです!

●《笹かまわさびチーズ巻き》

〈材料〉(1人分)

  • 笹かま…1枚
  • クリームチーズ…適量
  • わさび…適量
  • 大葉…1枚
  • 焼き海苔…1/4帖

〈作り方〉

1.笹かまを両面、網焼きします。(魚焼きグリルの両面焼きで3分くらい)

2.クリームチーズとワサビを塗って、大葉を巻き、その上から海苔を巻いたらできあがりです。

●《しらすとかまぼこの韓国風》

かまぼことしらすに塩分があるので、塩は使いません。

〈材料〉(2人分)

  • かまぼこ…1本
  • しらす…大さじ3
  • 小口ねぎ…大さじ2
  • ごま油…小さじ2
  • すり白ごま…小さじ1
  • ラー油…適量

〈作り方〉

1.小口ねぎをみじん切りにし、しらす、ごま油、白ごまで和えます。

2.かまぼこを2cm幅にカットし、真ん中に切れ目を入れます。

3.2に1を挟み、お好みでラー油を垂らしていただきます。

●《カニカマとアボカドのイタリアン風》

〈材料〉

  • カニカマ…8本
  • アボカド…1個
  • 塩…適量
  • レモン果汁…大さじ1
  • オリーブオイル…大さじ1
  • バジル…4〜5枚

〈作り方〉

1.アボカドは1.5cm角に、カニカマは1本を3等分にカットします。

2.ボウルに1とレモン果汁、オリーブオイル、ちぎったバジル、塩を入れて和えます。

【かまぼこレシピ2】カニカマあんかけとブロッコリーの食感がベストマッチ! 見た目の彩りも◎

トロッとしたあんかけをディップのような感覚に。ブロッコリーの緑とカニカマの赤が見ているだけでも楽しいです。そして、食べるとそのおいしさにお箸が止まりません!

〈材料〉(3〜4人分)

  • カニカマ…6本
  • ブロッコリー…1株
  • ネギ…1/2本
  • しょうが…10g
  • ごま油…大さじ1/2
  • 酒…大さじ1/2
  • 粗挽き黒胡椒…適量
  • 鶏がらスープの素…小さじ1
  • 片栗粉…大さじ1/2(水溶き不要のパウダータイプが使いやすいです)
  • お湯…100〜150cc

〈作り方〉

1.カニカマを手でほぐし、ネギは縦半分に切って斜め薄切りに、しょうがは千切りにします。2.ブロッコリーを小房に分け、沸騰したお湯に少量の塩を入れて茹でます。

3.熱したフライパンにごま油を引いてネギとしょうがを入れ、中火で炒めます。

4.香りが立ったらお湯・酒・塩・胡椒・鶏がらスープの素を加えます。

5.カニカマを入れて軽く火を通します。仕上げに片栗粉を入れてひと煮立ちさせたら火を止めます。

6.2を器に盛って4をかけ、粗挽き黒胡椒を振ってできあがりです。

・片栗粉

水溶き不要のパウダータイプが便利です。

【かまぼこレシピ3】笹かまとナス、エノキのオイスターソース炒め

冷蔵庫の残り野菜を使って作れる便利なレシピです。

笹かまの代わりに竹輪を使ったり、お好みで玉ねぎや舞茸などお好みの野菜を入れたり、オイスターソースを醤油やめんつゆにするなど、いろいろとアレンジが利きます。

薬味のネギや七味が食欲をそそります。

〈材料〉(2〜3人分)

  • 笹かま…2〜3枚
  • ナス…100g
  • エノキ…50g
  • オイスターソース…大さじ1/2
  • 鶏がらスープの素…小さじ1/2
  • ごま油…大さじ1
  • 小口ねぎ…適量
  • 七味…適量

〈作り方〉

1.ナスは半分に切って5mm幅に斜め薄切りにして、水に5分ほど浸して水気をよく取ります。

2.あさつきは小口切りに、笹かまは斜め切りにします。

3.熱したフライパンにごま油を引き、ナス、笹かま、エノキの順で中火で炒めます。

4.ナスがしんなりしたらオイスターソースと鶏がらスープの素を入れ、全体に絡めます。

5.器に盛って、小口ねぎと七味をかけていただきます。今回は黒七味をかけました。

・黒七味

京都・祇園にある薬味の老舗『原了郭』の黒七味は、料理の味をワンランクアップさせてくれます。

種類豊富なかまぼこ ちょっとのひと工夫で、おつまみにもキャンプごはんにも!

そのまま食べたり、チーズをつけたり、気づけばワンパターンになりがちなかまぼこも、実はいろいろな食べ方や調理方法があります。

かまぼこの種類も様々なので、レシピによって使い分ければレパートリーの幅も広がります! 栄養価も抜群なヘルシー食材、ぜひ工夫して活用してみてくださいね。

▼その他のお手軽レシピも合わせてチェック!